20325566 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (ブル… New! BROOKさん

捜査会議はリビング… New! はまゆう315さん

総アクセス950万H… New! ショコラ425さん

涙のち晴れ>『スカ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

地底世界・地底人は… 鹿児島UFOさん

テスト 鉱泉さん

今日はいろんなこと… 俵のねずみさん

大坂なおみ 2回戦突… クルマでEco!さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2019年12月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
桑野(阿部寛)に家の設計を依頼している木村(伊藤正之)
離婚を考えている妻(宮田早苗)が、建築差し止めの訴訟を起こしてくる。
相手の弁護士は、まどか(吉田羊)だった。
そんななか、木村の代理人弁護士の浅野(阪田マサノブ)に頼まれ、
桑野が証人として出廷することに。

当日。傍聴席に英治(塚本高史)桜子(咲妃みゆ)
有希江(稲森いずみ)早紀(深川麻衣)もやって来る。
そして、まどかが、建築中の家についての質問を始める。
誰か女のために建てているのではと。
すると桑野は、木村のひとり暮らしのためだけの趣味の家を作っていると説明。
だがついに、桑野とまどかは、いつものように言い合いになってしまう。

その後、法廷での騒動で、離婚騒動は決着。
悩みながらも、まどかは、長野に帰り母の弁護士事務所を継ぐことを決意する。

まどかが長野の帰ると聞いた桑野は。。。

敬称略


脚本は、尾崎将也さん

演出は、三宅喜重さん



なぜ、いまさら、コンビニを入れたかなぁ。。。。

気になって仕方がないよ。


今作は、重要ポイントが、いくつか存在していたはずだ。

桑野の偏屈なところ。。。そして仕事では一目置かれるところ。

同時に、桑野が敵対する相手とのやりとりの描写と“相手の描写”

ドラマなら当たり前のことだ。

主人公をハッキリさせて、恋バナなら。。。その相手をハッキリさせる。

そして、その人間関係を描く。

今作が、微妙に抜け落ちているのは主人公をハッキリさせる部分と

相手をハッキリさせる部分。

やりとりだけは、シッカリと描かれているんだけどね。

キャラがハッキリしないのに、やりとりだけで魅せようとしたのが、

今作の最大の問題だったのだ。

そこが出来ていたエピソードだけ、それなりに楽しめていた。

これが。。。《1》と大きく違う部分である。


だからこそ、コンビニが気になって仕方がないのだ。

カフェもあったけど、密接に関わりすぎる第三者がいたため、

ドラマとして、やりとり自体は、悪くないんだけど。

キャラ描写としては、弱かった。曖昧なモノを誤魔化していた感じだ。

そう。。。今回だと、法廷。。。コンビニ。

こういうシチュエーション。。ホントの意味での第三者ならば、

2人のキャラがハッキリ見えたと言うことなのである。

実際、《1》でも、同じ感じだったのだが。

それでも、第三者の部分が、色々なカタチで盛りこまれていた。

だからこそ。。。2人が見えて楽しかった。

でもなぁ。。。。

比較の問題ではない、今作だけを見ても、問題があったと言う事である。


ホントの意味で、原点に戻れば、もうちょっと、うまく出来たと思うのに。

結構、オシイ感じだったと思うのになぁ。。。

重ねようとし過ぎたことが、一番の問題だったんじゃ?


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5638.html






最終更新日  2019年12月10日 22時29分02秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.