20302268 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

スカーレット  第… New! はまゆう315さん

穴窯を作ろう>『ス… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「キャッツ」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

明日1月25日(土曜) … 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

今日はいろんなこと… 俵のねずみさん

大坂なおみ 2回戦突… クルマでEco!さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2020年謹賀新年 鉱泉さん

2019年12月14日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
【逆転】
内容
御子柴(要潤)の弁護士事務所で働きはじめた洋子(ベッキー)は、
御子柴の過去を知り、驚愕する。

一方、御子柴は、弁護をする被告の津田亜季子(奥菜恵)が、
何かを隠していると確信する。だが尋ねても、亜季子は記憶がないと言うばかり。
そこで、手がかりを求め、生家のあった福岡へと向かう御子柴。

御子柴は、亜季子の主治医だった溝端庄之助(大林丈史)から、
亜季子の過去を知る。そしてある事実をぶつけたところ。。。

そのころ、洋子は、親友の記者、桜葉あすみ(玄理)とともに、
御子柴の過去を調べはじめていた。
そして御子柴がいた医療少年院の元教官・稲見武雄(勝野洋)に接触。
しかし、何も話そうとしない稲見に、あすみは怒って帰ってしまう。
直後、洋子は、あすみは黙っていたことを稲見に伝え、相談をする。
御子柴に直接尋ね、園部信一郎だと認めていると。
本当の御子柴が知りたいと訴えるのだった。
すると稲見は、「言葉は嘘をつく。ホントのところが分かるのは何をやるか」と。

福岡から帰ってきた御子柴は、
亜季子の娘・美雪(豊嶋花)に、父・伸吾(渡辺慎一郎)のことを尋ねる。
美雪は、妹の倫子(本保佳音)が御子柴に懐いていることに戸惑っていると、
亜季子の義父・要蔵(山田明郷)がやって来る。
御子柴は、ある資料を要蔵に手渡し、疑問をぶつける。

敬称略


脚本は、泉澤陽子さん

演出は、村谷嘉則さん



衝撃的な、展開過ぎる!

想定を超えすぎている。


いや。。。そういや、一昔前に、なにか、こんな感じのドラマを見たことがある。

で。。。調べると。

2015年にWOWOWで放送された《贖罪の奏鳴曲》ですね。

忘れていたよ。

同じ原作の作品だったんだね。


見せ方が違いすぎて、全く気付かなかった。

主人公の名前には、聞き覚えがあったんだけどね。繋がらなかった。

まあ、WOWOWは原作が“贖罪の奏鳴曲”

調べると、今作は、原作が“追憶の夜想曲”かな。


だから、微妙な違いで、気付かなかったのだろうね。


そこはともかく。

見せ方も含めて、なかなか良いですね。

“弁護士モノ”としても、丁寧な描写は、好感が持てるし。

この「枠」にあっているね。






最終更新日  2019年12月15日 01時01分58秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.