20513667 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

劇場鑑賞「スマホを… New! BROOKさん

イルミナティーカー… New! 鹿児島UFOさん

LINEの答え合わせ … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

宮本浩次 SONGS New! クルマでEco!さん

亜鉛結晶釉>『スカ… ひじゅにさん

【スカーレット】第21週ネタハ… ショコラ425さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2020年01月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
夫・匠(中村俊介)の容体が急変したと連絡を受けた心(松下奈緒)は、
病院へと駆けつける。一緒にいた薫(木村佳乃)も同行して。
心が、匠の手を握りしめていると。「痛いよ」と。
意識を取り戻したかと思われたが。。。。
その後、京太郎(北大路欣也)漣(桑名愛斗)も駆けつけ、
担当医の須藤(田辺誠一)から説明を受けることに。かなり厳しい状態で。。。

そんななか、肺がん患者・木内陽子(朝加真由美)の容体が悪化する。
カンファレンスで、対応を議論する心たち。
抗がん剤治療を続けるか、緩和治療を続けるか。
心は、まだ、抗がん剤治療が出来ると考えていたが。
光野(藤井隆)と阿久津(木下ほうか)は否定的。
結城(清原翔)夏樹(岡崎紗絵)も悩み。。。

一方で、薫が、何か言いかけていたことが気になる心。
話を聞こうとした心だが。。。

そして心は、陽子の夫(遠山俊也)に事情を説明する。
現状では緩和治療を勧めると。困惑する夫に、陽子は。。。

その後、夫も緩和治療を受け入れるも、
娘・浩美(野田久美子)歩美(三倉茉奈)たちは。。。。

また、肝臓がんを再発した川谷潤平(生津徹)のことで、
妻・美沙(小出ミカ)の切実な訴えを聞いた心は、薫に相談する。

敬称略


脚本は、倉光泰子さん

演出は、石井祐介さん



いろいろと重ねているのは、良いことだと思うのだ。

特に、主人公部分は。

ただ。。。もうひとりがね。。。

なんのために盛りこんでいるのか分からないが。

どうも、スッキリしない。

一方の物語が良いだけに、

正直、本編を邪魔しているように感じられて仕方がない。

きっと、いずれ、何らかのカタチで重ねるんだろうけど。

現状では、完全に別の話だ。

設定を盛りこまなくてもよかったんじゃ?



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5712.html






最終更新日  2020年01月23日 22時53分04秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.