20692362 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

幸せ>『スカーレッ… New! ひじゅにさん

不要不急の外出はや… New! 俵のねずみさん

『スカーレット』最終回(第… New! ショコラ425さん

​​​​綾の光時通信(… New! 鹿児島UFOさん

コタキ兄弟と四苦八… New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「PSYCHO-PA… BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

増岡弘さんがお亡く… クルマでEco!さん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2020年02月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
喜美子(戸田恵梨香)武志(伊藤健太郎)との夕食に八郎(松下洸平)は困惑。
すると喜美子は、“普通に”と八郎のことを“ハチさん”と呼ぶだけで無く、
ハグまでして、八郎は、よりいっそう意識してしまう。
その困惑する八郎に、喜美子は、陶芸への想いを尋ねたところ、
八郎は。。。。

そんな2人のやりとりを見ていた武志が。。。。

敬称略



面白いかどうかは、ともかく。

ここまで、“ベタ”な展開にするならば。

もっと、無駄を排除して、“普通”に描けば良かっただろうに。。。。


基本的に、今作に対して、ワケが分からないのは。

“何を描きたいのか?”が、よく分からないことだ。


“女性陶芸家”の人生を描きたければ、それを描けば良かっただけで。

極論を言えば、“荒木荘”も“深野組”も必要無いのだ。当然、“子供時代”も。

そらね。下積み時代。。っていうのも理解出来なくも無いが。

じゃあ?っって思うのだ。

その“時代”。。。“連ドラ”としての“過程”を、

その後の展開に利用しているのか?という疑問だ。


ハッキリ言えば、都合良く利用しているが、

“連ドラ”として、利用しているとは言えない。

例えば、“子供時代”

“朝ドラ”のフォーマットの1つとして、しがみつきたいのも分かる。

でも、最重要のポイント。。。“欠片”は、

そのあと、利用したとは言えず。

“穴窯”に至っては。。。。反映されているはずが。。。。

疑問符しか感じ無い始末だ。

こうなってしまうと“子供時代”に意味は無くなる。

“荒木荘”にしても。下積みは理解するが。

家で家事手伝いをしたり、その流れで“丸熊陶業”の食堂や、

職人達の裏方。。。選択などをやれば良かっただけなのである。

そのほうが、“深野組”への流れも、普通だっただろう。

まあ、その“深野組”にしたところで、

“穴窯”への流れへの雑さを考えれば、有っても無くても良かったのが事実。

“欠片”をシッカリ描かなかったことが、

“深野組”だけでなく“穴窯”にまで、影響を与えているのである。

チャンスはいくらでもあったのに。


もう、こうなってくると。

それらの下積み時代は、必要無くなり。

初めから、陶芸家の夫を支える女性が、陶芸家になるだけで、

必要十分だったのである。


くだらない展開、演出は、脚本、演出の“作風”および“責任”

それでも、良い部分も少なからず存在するのが今作。

もっと、上手くやっていれば。。。。。

陶芸家スタートならば、使える時間が増えるので、

くだらない展開、演出も、活かすことが出来ただろうに。


もうね。“朝ドラ”の定番フォーマットを、そろそろ、意識的に排除しても良いと思いますよ。

じゃないと。

そんな、どうでも良い部分に、こだわってしまうと。

時間が無くなるだけで無く、自由度が無くなり。

“連ドラ”として、破綻する可能性が高いからだ。

半年という期間だから。。。と、時間の無駄づかいをせずに。

描くことを絞り込んで、シッカリと、“物語”を描いて欲しいです。

今の状態じゃ。

週5になっても、意味は無いですよ。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5778.html






最終更新日  2020年02月22日 07時57分25秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.