21099089 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

エール  第47話 New! はまゆう315さん

渡辺麻友さん(元AKB4… New! ショコラ425さん

響きあう夢>『エー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コロナ影響にも 負け… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

9月1日 母からのバ… クルマでEco!さん

こんなもの見つけたよ 俵のねずみさん

劇場鑑賞「ブラッド… BROOKさん

無題 やめたい人さん
2020年03月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「初めてのエール」
内容
昭和39年10月10日。東京オリンピックが開会した。
聖火ランナーが東京を走る中、古山裕一(窪田正孝)が、会場から姿を消す。
開会式の音楽を作曲した裕一。あまりに不安だったのだ。
心配する妻・音(二階堂ふみ)は、教えてもらった、
関係者のトイレへと向かって、裕一を励ましながら、連れだし。。。。。


明治42年8月。福島の呉服店で、裕一は誕生した。


敬称略


すでに、放送前から、いろいろとあった今作。

きっと、多くの人が忘れているだろうが。

今作から“週5”の放送になる。

それが、全ての始まりである。

と言っても、土曜日も“総集編”があるのだが。。。。。

視聴者の生活習慣を大幅に変えないための、苦肉の策だろう。

番組編成的にも、土曜が無くなるのは痛いだろうしね。


そのあとも、脚本が。。。って。。。

まあ、コレに関しては、

番宣などを見たところ、作風が違いすぎるので、ほぼ不可能だったと。

個人的には思いますが。

で、開始前には、俳優が。。。そして、

リンクするはずの“オリンピック”まで。。。。。


そこはともかく。


原作は、林宏司さん

演出は、吉田照幸さん


脚本。。。。。配慮だろうけど。

まだ、ここは、林宏司さんなんのだろう。

ってか、演出が吉田照幸さんの時点で。

作者も、そういう人にしなきゃ、無理だろうに。

そういう部分に、見通しの甘さが見えますよね。。。。。


とりあえず、番宣を見た感じじゃ。

前作より、楽しめそうな予感はします。

きっと、上げ下げの記事が、ここから氾濫するだろうが。

特に、前作を絡めて。

もう、そういう“大人の事情”は、辞めれば良いだろうに。

必死になってやればやるほど、“そういう評価”が強まるばかり。

そういう方向で、感想を書く人も、書こうとしますしね。

ほんと、バカみたい。

感想なんて、人それぞれ。自由に書けば良いだけの話なのに。

人の感想を歪ませて、何が楽しい?

それ、洗脳って言います。


ってか。

これは、やはり被せてきたのかな?《はね駒》。舞台が舞台だし。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5843.html






最終更新日  2020年03月30日 07時53分00秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.