21065597 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

コード・ブルー~ド… New! はまゆう315さん

ウェアラブルエアコン New! クルマでEco!さん

来春朝ドラ【おかえ… New! ショコラ425さん

高次元・神様は「〇… New! 鹿児島UFOさん

鉄男恋話>『エール… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

昨日見つけたお気に… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

悩ましいマスクです… うさこ(^o^)さん

無題 やめたい人さん
2020年04月05日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「十兵衛の嫁」
内容
天文二十年。
近江より帰ってから、様子のおかしい光秀(長谷川博己)を、
牧(石川さゆり)光安(西村まさ彦)は、心配する。
そこで光安は、息子・左馬助(間宮祥太朗)に命じて、
妻木の里へ鷹狩りに誘うようにと。

鷹狩りの途中、人とはぐれた光秀が休んでいたところ、
煕子(木村文乃)と再会する。
運命的なモノを感じた光秀は、「この十兵衛の嫁になりませぬか。」と。。。。

そのころ、織田信秀(高橋克典)の病状は悪化。
信長(染谷将太)信勝(木村了)を呼び寄せ、
信長には、那古野城を、信勝には、末盛城を与えると告げる。
信秀は、家督は信長にと続けたものの、
譲られる城が、要衝で、信秀の居城・末盛城では無く、
那古野城であることに、不満を抱く信長。

胸の内の苦しみを信長から打ち明けられた帰蝶(川口春奈)は、
病床の信秀のもとへと向かい。。。。

敬称略


作、池端俊策さん、協力、岩本真耶さん

演出は、佐々木善春さん


今回の後半は、説明ゼリフが多いですね。

それも、クドすぎるセリフ。

そもそも、そういうのは、ある程度は端折って、ナレだろうに。

もの凄く引っかかってしまった。

ってか、時間がモッタイナイよ(笑)


いろいろなコトを盛りこむのも良いんだけど。

今作が、大きな間違いを犯しているのは、

主人公の描写が少なすぎることだ。

今回など、全部まとめれば、10~15分程度じゃ?

先ず主人公を、シッカリと描いてくれよ。ほんと。

その物語を、一番、期待してるんだから!


信長の部分も、利政の部分も、悪いとは思いませんが。

せめて、利政の部分では、光秀を絡ませようよ。

そらね。サブタイトルがサブタイトルだから。

そこを描こうとしているのも分かるけど。

でもね。そこまで言うなら、サブタイトルをシッカリ描くべきだろうに。

信長、利政を消去してでも。

主人公の物語を食うような物語を盛りこむな!

“脇役”を目立たせすぎるな!

例え、“歴史の主人公”“時代の主人公”であったとしても、

“今作の主人公”では無いんだから。

そういうことである。


光秀が主人公じゃ無ければ、それなりに満足してるんだけどね。

でも。。。。でも。。。。ってことだ。



二度見しても、同じ印象だったので。追記。

一応、今回で、内容的、話数的に。。。。第1クールの終了だろう。

が、ハッキリ言わせてもらう。

個人的には、正直、ほとんど評価していない。

100点満点で、30点くらい。

もしも、今作の主人公が明智光秀でなければ、90点くらいだろうけどね。

でも、主人公は明智光秀だからだ。

きっと、次回からは、

多くの人が良く知るような戦国時代の物語になるのだろう。

今までの話からすると。代わり映えの無い物語に。

演出が違う程度で、誰が主人公か分からない感じになるんじゃ?

それは、本当に正しいですか?

そらね。俳優のファンは良いだろう。

明智光秀を見たいと思っていなければ、それなりに楽しめるしね。

でも、主人公は、あくまでも明智光秀。

そこから逸脱している印象が有る限り、

私は、今作を評価することは無い。

あのね。

こんなのだったら。今回が初回でもよかったよ。

それで、十分じゃ無いのかな?


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5849.html






最終更新日  2020年04月05日 23時47分17秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.