21122262 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

レベル16 服従す… New! はまゆう315さん

あおり運転+銃でおど… New! クルマでEco!さん

一番大事なこと>『… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

やっとやっとやっと… 俵のねずみさん

東京都「東京アラー… ショコラ425さん

コロナ影響にも 負け… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2020年04月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
新宿“箱根山”で遺体が発見されたと連絡を受け大岩純一(内藤剛志)一課長は、
奥野(塙宣之)の運転で、現場に臨場する。
小山田大介(金田明夫)管理官、板木望子(陽月華)管理官、
鑑識の武藤広樹(矢野浩二)たちから、状況の説明を受ける。
被害者は、小柴石輝(吉満寛人)。関東新聞社の社会部記者。
遺留品には、なぜか、日傘。
すると新宿中央署刑事課に配属されたばかりの新人刑事・妹尾萩(三吉彩花)が、
第一発見者である、被害者の上司・岡泰子(宮本真希)のもとに案内する。
エイプリルフールに掲載するフェイクニュースに関するコトという。
メールで呼び出され、発見したと言うことだった。
“新宿でマンモスの化石が発見された”だと。
その現場で、女性が走り去っていくのを目撃したと言うこと。
萩に興味を抱いた大岩は、“おはぎ”と名付け、
捜査本部に出るよう命じる。
萩は、かつての大岩の部下だった平井に憧れ、刑事になったという。

その後、新宿中央署に捜査本部が設置され、
捜査一課の井上孝介(菊池隆志)天笠一馬(鈴木裕樹)らから、
様々な報告を受けた大岩は、捜査員達を叱咤する。

そんななか、被害者関係者の中から、被害者の同僚・今田宗作の妻で、
有名デザイナーの今田美蓮(松下由紀)が、現場から逃走した人物と特定。
防犯カメラ映像などを元に、小山田、萩が追及するのだが、
パーティーに出席していたとアリバイを主張。
モデルをする娘・亜希(織田梨沙)、
美蓮たち家族と親しい弁護士・新野智也(野間口徹)もアリバイを証言するが。。

一方で、パーティーに出席していたという澤矢要(窪塚俊介)により、
アリバイが証明されたが。。。

敬称略



脚本は、洞口雷也さん

監督は、池澤辰也さん


初回なのに、なぜ“初”なのかは、理解出来ないが。

監督が監督なので、

ちょっと雑な内容と展開を、“らしく”まとめている感じかな。


ってか。。。大福、最中。。。そして、おはぎですか(笑)

なるほど。

いやいや、それよりも。。。“大福”を復帰させても良かったんじゃ?

別の部署でも良いから。

まあ、一応、毎回、リニューアルをしている感じなので。

“おはぎ”でも、良いんだけどね。


え。。。。次回。。。。結局、復帰?(笑)

オカシイとは思ったんだよね。

エンディングを見ていて。

いや、2人っていう可能性もあるか。

どうするんだろ。

そもそも、今までの相棒キャラで、

最も、神出鬼没で、好き勝手にやっていたのが“大福”だからね。

レギュラーで復帰しなくても、

話の流れから、勝手に復帰するかもしれないし。。。。






最終更新日  2020年04月09日 21時54分17秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.