21326386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

4日目>『エール』(… New! ひじゅにさん

白夜行  第4話「罪… New! はまゆう315さん

アクアカルパチカ … New! クルマでEco!さん

梅ちゃんの持ち腐れ New! YOSHIYU機さん

ゴーヤとピーマンの話 New! 俵のねずみさん

春ドラマ視聴率一覧3… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

劇場鑑賞「悪の偶像」 BROOKさん

綾の光時通信 白峰先… 鹿児島UFOさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2020年06月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
日本食のイベントで、ラーメン部門の担当になった芹沢(鈴木京香)
大忙しで、会社にいない状態が続いていた。
その会社では、夏川(高橋メアリージュン)が苦戦中で、
ゆとり(黒島結菜)に試食してもらっていた。
ようやく、会社に戻ってきた芹沢。
そこに“麺房なかはら”の中原昌英(石黒賢)が訪ねて来た。
業界で有名人の中原がやって来たことに、夏川たちは、驚く。

頼まれて、“ラーメン博物館”に出店したのだが、
本店と同じ味であるにもかかわらず、客の入りがサッパリだと。
話を聞いた芹沢は、ゆとりに任せるのだった。

翌日、中原のもとにやって来たのが、ゆとりと夏川だったことに、中原が激怒。
依頼を断ると、芹沢に電話を入れる。
芹沢は、その中原の態度に、ほくそ笑み。河上(杉本哲太)も“やっぱり”と。

中原は、芹沢の嫌がらせだと、
ゆとりと夏川を女だと小馬鹿にして、追い返してしまう。
かつて、同じ店で、中原、芹沢、河上は修行をしていたらしく。
いびったことを恨んでいるのだろうと。
それでも、ゆとりは、一度、試食してみるが。。。。味は美味い。
しかし、客が入らないことに、妙な印象を受けるゆとり。
店からの帰り道、ある事に気付き。。。。すぐに、あるアドバイスをする。

すると。。。。数日後には、店には客があふれていた。
ゆとりに感謝する中原は、芹沢の意図も理解する。
ゆとりは、上機嫌で芹沢に報告するが。。。。芹沢からダメだと言われてしまう。
「まだ、終わっていない」
中原のラーメンを食べて、“ワクワク”したか?と。

一方で、苦戦する夏川を見た河上は、
残業するゆとり達も含めて、夕食を振る舞うと。。。。ラーメンを作るのだった。
大満足の一同だったが、河上は、
ひと工夫したラーメンを、もう1杯作るのだった。芹沢に指摘されたモノだと。

敬称略


脚本は、古家和尚さん

監督は、吉川厚志さん


今回のエピソードは、情報量が多いですね。

2つ以上の要素を、シッカリと重ねきっていますからね。

こういう時って、どちらかを薄めにするコトが、定番なのに。

シッカリ。。。ほんと、シッカリ。

丁寧すぎるほど丁寧に描ききっている。

それでいて、あまりクドくなく。

芹沢、河上の過去まで、完璧にリンクしていますからね。

見事だ。

正直、今回のエピソードって、いくつかのタイミングで“終わり”があるのに。

最終的に。。。。

凄いねぇ。ほんと。凄い。

“連ドラ”として、今までの全てを回収していると言いきっても良い感じだしね。

完成度が、高すぎるわ!(笑)






最終更新日  2020年06月01日 22時53分46秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.