21410899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

PRICELESS あるわ… New! はまゆう315さん

山本さん主演の舞台… New! ショコラ425さん

予選結果 2020F1 第… New! クルマでEco!さん

球児で一勝を得ず 虎党団塊ジュニアさん

綾の光時通信 白峰先… 鹿児島UFOさん

その12>『エール』… ひじゅにさん

劇場鑑賞「WAVES/ウ… BROOKさん

お昼ごはんとコロナ… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2020年06月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
木枯(野田洋次郎)から高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介された裕一(窪田正孝)
売れっ子作詞家の高梨は、裕一の“福島行進曲”に感銘を受けたらしく。
“船頭可愛いや”に曲を付けて欲しいという。

一方、稽古をする音(二階堂ふみ)だが上手くいかず苦戦していた。
そんな音に、環(柴咲コウ)が。。。。

後日、完成した曲を、廿日市(古田新太)に手渡した裕一。
高梨一太郎の詞と聞き、廿日市は即採用する。ただし、今回が最後だという。
沼田松子(井上希美)こと。。。藤丸という芸者に歌わせるというが。
実は。。。

敬称略


作、清水友佳子さん

原案は、林宏司さん


先週、サッパリだったので。

逆に、音が練習しているのは、もの凄く気になるが。

もう、いいや。


そこはともかく。

やはり、今回も、バランス良く描いているね。

裕一の物語なんて、三羽ガラスは、際立っているし。

廿日市たちも、シッカリとしているし。

緩急も見事。ナレーションだって、良い感じだし。

。。。。演出の力の差を見た感じだ。


ほかの演出でも、小手先の演出じゃないものを見たいモノです。


ってか、落差がありすぎだろ。

例えば、気になることがあるのは。

音中心の物語だと、音は、裕一のことを無視し待っていることが多いが。

これが、裕一中心だと、裕一は、音のコトも気遣っている部分があるんだよね。

前者が、皆無だとは言いませんが。

多少関わっている程度では、“夫婦”という設定があるんだから、意味は無い。

あくまでも“同業者”。。。という言い方が良いかな。。。

同じように音楽に関わっているからこそ。

そういう部分での関わりが見たいのだ。

これ、最低限の関わりの描写なのに。

毎回、2人のネタが、音楽という共通点があるんだから、

もうちょっとね。。。。。ってことだ。

夫婦というコトだけで無く、もう1歩進めなきゃ、

今作。。。描いている意味は無いというコトだ。。

ほんと、演出の差が有りすぎです。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5922.html






最終更新日  2020年06月02日 07時52分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.