21647578 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

星屑リベンジャーズ… New! はまゆう315さん

ようやく40>『エー… New! ひじゅにさん

ノーデータ野球 New! 虎党団塊ジュニアさん

日本を変えたいとい… New! 鹿児島UFOさん

菅田将暉&小松菜奈 … クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

【半沢直樹(2020年版… ショコラ425さん

明日は8/8で思い出し… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2020年07月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
パトロールに出た伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)
そんなとき、妙な車を見かける伊吹。
そこに、殺人事件の現場から容疑者が逃走しているという情報が入る。
容疑者の服が、車内で隠れていた人物の服と酷似していると、
伊吹は、志摩に訴える。
運転していた男性(鶴見辰吾)と同乗の女性(池津祥子)の様子がオカシイと。
“かもしれない”だけでは納得出来ないという志摩だが、
本部の桔梗(麻生久美子)の許可を得て、伊吹、志摩は追跡をはじめる。
やがて、もうひとり。。。男性(松下洸平)の同乗を確認。
折しも車は検問にかかるも、運転していた男性が家族と証言し、通過する。

一方、逃走する車両の情報を受けた陣馬(橋本じゅん)九重(岡田健史)は、
所有者の田辺将司の家を訪ねる。
田辺以外に、妻・早苗、息子・秀則の存在を確認するが。。。。

その後の、被害者の関係者の捜査で、
逃走車両に同乗するのが被害者の会社の社員・加々見崇と判明。
加々見が、田辺夫妻を人質に取り、逃亡したことも、防犯カメラ映像で確認。
桔梗の指示を受け、伊吹、志摩が、加々見の身柄を確保をしようとしたが。。。

敬称略



脚本は、野木亜紀子さん

演出は、塚原あゆ子さん


前回と“全く違うドラマ”だね(苦笑)

勘で動き、ちょっと軽めの伊吹。

冷静沈着な志摩。

当たり前のことだけど。。。普通に、そういったキャラが表現されている。


俳優よりも、物語を描こうとしているためもあるだろうが。

ゲストの物語がシッカリ描こうとしているので、

前回より、ふたりの無駄な描写が少なめ。

特に、志摩の描写が、前回と大きく違うのが良いところ。

正直。。。志摩。。。別人のよう(笑)

おかげで、伊吹との“差”も明確になった。


主人公2人のやりとりが、若干、クセが強いが。

前回より、普通に刑事モノ、、バディモノとして楽しめる感じだ。

チームも描かれているしね。

ってか。。。。機捜。。。。出しゃばりすぎじゃ?という疑問はありますけど。

そこは、無視しておきます。


少し気になっているのは、志摩の過去を盛りこんできたこと。

盛りこむことで、テンポが悪くなっている感じがするのだ。

“連ドラ”としては、普通のことだろうが。

前回、今回で、無理に盛りこむようなことでも無く。

“ツカミ”へ影響を及ぼしている気がする。

まあ。。。。《アンナチュラル》のスタッフなので。

こんな感じで、意味深に引っ張り続けるんだろうけどね。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5961.html






最終更新日  2020年07月03日 22時56分29秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.