21649549 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

未解決の女2  第… New! はまゆう315さん

ようやく40>『エー… New! ひじゅにさん

ノーデータ野球 New! 虎党団塊ジュニアさん

日本を変えたいとい… 鹿児島UFOさん

菅田将暉&小松菜奈 … クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

【半沢直樹(2020年版… ショコラ425さん

明日は8/8で思い出し… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2020年07月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
ナレーションが、ほぼ無い状態だと。

ナビゲーションじゃなかった。。。。“関内吟の解説”が際立つね。

もちろん、ここまでナレーションを入れると。

あまりにも説明染みてしまい、クドサを感じたりして、

人によっては、不快な印象になるだろうけど。


ただ、“ほぼ無い”ってのも、ほんとは、どうかと思うんだよね。

いや。。。。分かるんだよ。

あくまでも、補足、補助であるコトも。

実際、今作も、シッカリと俳優を揃えていますしね!

いつだったかのように、俳優を並べているだけじゃ無く。

だから、“無い”コトも、理解出来るのだ。


でも。。。。でもね。

前回の“解説”は、クドいほどだったが。

今回は、“解説”にも関わらず。

“説明”も少なく。“主観”も少ない。

が、タイミング良く“解説”を入れて、ちょうど良い塩梅。

本来、これくらいのコトは、ナレーションがすべきコトで、

これくらいは、入れても良いと思っています。


“解説放送”の本来の役割もあるし。

ナレーションだって、本来の役割があると思います。


ましてや。今作は、現代劇でも無ければ、

一部の理解出来る人が見る時代劇でもなく。

俳優のファン向けの作品でもありませんし。

当然、特殊な固定層のいる大河ドラマでもありません。


某大御所脚本家の作品ではありませんが。

 そこまでの話を見たことが無くても理解出来る。

 画面を見なくても理解出来る。

。。。。“朝ドラ”の放送時間帯を考えれば、

目指すべきトコロは、そのあたりだと思います。


それが。。。揶揄されている修飾語ではありませんが、

“時計代わりになるドラマ”だと思います。


雰囲気作りにも役立つんだから。

もっと、積極的に、ナレーションを活用してほしいものです。

今回の解説とナレーションを聞いていると、

その印象が、ホントに強くなりました。

今からでも出来ること。。。だと思いますよ。


じゃないと。

“大人の事情”に振り回されるだけで無く。

一部の脚本家の迷走脚本に振り回されるばかりで。

いつまで経っても、盛り上がらないと思いますよ。




最後に。


関内吟「なに、この不吉な終わり方。津田さん!」

。。。前回は、ちょっと踏み込んだ印象。。。っていう程度だったが。


本気で、踏み込んできましたね。

驚いたよ。


でも、次回からは、藤堂だよね?

なんだか、この終わり方が。。。。もの凄く、残念さを。。。。。。

藤堂が聞きたくないと言うんじゃ無く。

さすがに、尻切れとんぼじゃ?(笑)


たしか。。。発表会で、藤堂。。。いたよね。。。。

感想が混ざるかどうかが、気になるところだ。

その後の展開でも関わっているし。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5972.html






最終更新日  2020年07月11日 07時58分36秒


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.