22127694 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ルパンの娘2  第… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

2位って意味あんの? New! 虎党団塊ジュニアさん

おげんさんといっし… New! クルマでEco!さん

夜更けの街>『エー… ひじゅにさん

トランプ VS バイデ… 鹿児島UFOさん

Uru「振り子/Break… BROOKさん

帰ってきましたあ~… 俵のねずみさん

【エール】第20週(10… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2020年09月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「先生のうた」
内容
昭和12年。戦争が勃発。
裕一(窪田正孝)たちに、大きな影響は無かったが、
徐々に、戦争の空気が漂いはじめていた。

そんなある日、廿日市(古田新太)から作曲の依頼がある。
折しも、新聞で公募し入選した“露営の歌”という歌詞に目を留めていた裕一は、
依頼とともに、廿日市に譜面を手渡すのだった。
“B面”であったが、久志(山崎育三郎)の歌で売り出され、
50万を超える大ヒット。
裕一、音(二階堂ふみ)が困惑するほど、廿日市の態度も変わるのだった。

古山家には、電話が敷かれ。。。1年後。裕一が音に。。。

敬称略


脚本は、清水友佳子さん

原案は、林宏司さん

演出は、鹿島悠さん



さて、本格的に“新章”に入った。。。と思われた先週だが。

どうやら、“スピンオフ”という位置づけだったようだ。

もし、本気で“連ドラ”だと考えるなら、

たとえ、演出が交代しても、その“上”が、五郎を混ぜるよう言うべきだろう。


そもそもの話。

今回でも、電話を掛けるシーンがあった。

明らかに、あざとく。。。姉・吟に電話した。

でもね。

姉・吟の生活は、ほぼ描写されていないが。

すでに描写されている中に。

。。すぐに電話を掛けることが出来る家は、もうひとつある。

そう。豊橋の関内家である。

話を繋げるチャンスだっただろうに。。。。。



さて。気を取り直して。

ようやく、ホントの意味で“新章”に入った今作。

今作は、描写が足りない部分が多いので、ハッキリしていないが。


五郎は、大正4年(西暦1915)生まれ。21歳。

身上書には、昭和6年に奉公に出たことが書かれてあった。

と言うことは、先週は、西暦1936年か37年。

昭和11年か昭和12年になる。。。ハズだ。

ちなみに、梅は22歳。文芸誌に書かれてある。

そうなのだ。時間は経過しているけど。ほぼ経過していない。

映像的には“?”な感じもあるけどね。ま、それいい。

。。。

そう。出せよ!と言いたくなるのだ。ファンじゃ無いけど(笑)



ま。。いろいろとあるけど。

とりあえず、ここからが、今作の正念場。

そんなところだ。

ってか、今週のうちに。。あれも、これも。。。描くんだ。。。。

えっと。編集して詰めこみました?



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6124.html






最終更新日  2020年09月21日 07時59分12秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.