22092617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

科捜研の女20 第… New! はまゆう315さん

中今特選 映画案内 … New! 鹿児島UFOさん

an・an (アンアン)[… New! クルマでEco!さん

如己堂>『エール』… New! ひじゅにさん

珍しく寝覚めの良い… New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

劇場鑑賞「薬の神じ… BROOKさん

今日は旅人 俵のねずみさん

【エール】第19週(10… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2020年09月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
裕一(窪田正孝)に頼まれ、作詞をする鉄男(中村蒼)
しかし、担当する陸軍の許可は出ず。書き直しは、5度目となっていた。
裕一たちは応援してくれるが、苦戦が続いていた。

一方、音楽教室をはじめた音(二階堂ふみ)
弘哉(外川燎)は、未だに上手く歌えずにいた。
そして、娘・華(田中乃愛)が参加していないと知った裕一は、
弘哉に話を聞いてみると。。。

敬称略


作、清水友佳子さん


え!?

今回の吟が登場した場面からすると。

婦人会で「妹さん」という言葉が登場したことから、

まさか。。。吟と音。。。ご近所?

いや、それとも、

吟が音のコトを話をしていた?裕一絡みで。

でも、そうなると、裕一の名前が登場しないことは、オカシイし。

う~~~ん。。。やっぱり、ご近所?

が、が。。。こうなってしまうと。

今までのエピソード。いろいろと破綻するよね(苦笑)



正直、映画の主題歌の作詞作曲や、音の音楽教室よりも、

頭に残ったよ(笑)


ちなみに、その次に、印象に残ったのは、

今回登場した、黒、赤、白。

シンプルだけど、こういうのは悪くないです。


で、その次は小山田。。。まだ、あったんだ。。。

まあ、全ては無理だったんだろうけど。

スケジュールの加減で。。。ってことなのだろうね。



さて、一応。

“時代”を描いている感じの今作。

今までになく、シリアスに描いている。

どこまで描くか?は、未だに疑問はあるが。

今の時代なら、これくらいが限界なのかもしれません。

悪くない。。。。かな。。。

いやね。

細かい事を言うとね。いろいろとツッコミどころはあるんだけどね。

でも、まあ。。。忘れておきます。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6129.html






最終更新日  2020年09月23日 07時48分35秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.