22116668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

「どん底」の久志>… New! ひじゅにさん

Uru「振り子/Break… New! BROOKさん

35歳の少女  第… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

Sa To 虎くる… New! 虎党団塊ジュニアさん

綾の光時通信 白峰… New! 鹿児島UFOさん

帰ってきましたあ~… New! 俵のねずみさん

予約受付中 「♪ピン… クルマでEco!さん

【エール】第20週(10… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2020年09月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
その日、天樹(東山紀之)は、検察側証人として法廷に立った。
被告人は、谷内田浩司(大和田獏)
検事は、片瀬壤(渡辺大)の思惑通りに進む法廷。
しかし天樹は、突然、事件について語りはじめる。

1週間前、白骨死体が発見された。
天樹達が捜査をはじめたところ、天樹はある事に気付く。
半年前に起きた2件の事件。血染めのピエロ事件と似ていたのだ。
そんななか、2件の事件の担当検事・片瀬から証人要請が来たのだった。

天樹は、専従捜査班が連続性を疑い捜査。
前の2件について再捜査を行っていたことを、話をする。
思わぬ事に、片瀬は困惑。
被告人の代理人弁護士・本多拓也(宮川一朗太)も、裁判の中断を要請。
裁判長により、中断が認められたが、天樹は反論する。
全てが間違っていると。

検察、弁護側の了承の元、裁判長は、天樹に発言を続けるよう促す。
それを確認した天樹は、発言を再開する。
3件の事件に共通点があるコト。それぞれにトラブルを起こしていたという。
3人に対して、歪んだ正義感で、事件に及んだ可能性だった。
しかし、被告・谷内田浩司には、3件目の事件で完璧なアリバイ。
野々村(白洲迅)が、谷内田の息子・康平(佐野岳)を疑い、調査。
ある事実に気づき。。。息子を庇い自首した可能性を考え捜査をしたという。
そして天樹は、事件に真相を語りはじめる。すべては25年前の事件だと。

敬称略


脚本は、井元隆佑さん

監督は、塚本連平さん



展開的に、かなり無茶をしているが。

今作にしては、捻りがあって、オモシロ味のあるエピソードですね。

あ。。。登場人物が少なすぎるのは、横に置いておきます(笑)

事情が事情でしょうから。


しっかし、こういうエピソードも、今作は作れるんだね。

今回、一番驚いたのは、そこだ。

知っている人は知っているとおり。

今作のシリーズは、妙なこだわりが強すぎて、

“縦軸”の縛りで、強引な展開や迷走した状態になることが多いのだ。

が、今回は、絞り込んで描ききった。ベタな刑事モノのように。

今期は、こういうエピソードが、多くなってきたのは評価が出来る部分。

ほんとに、良い方向だと思いますよ。

こういう積み上げこそ、長期シリーズにとっては大切なことですから。

こういうエピソードじゃないと、登場人物の印象って残らないんですよね。

事件にこだわるのは分かるけど。

ほんとに、こだわって欲しいのは、登場人物。

そこが魅力的なら、次に繋がるハズなのである。

ほんとの長期シリーズって、そこが上手く出来ているモノ。

そういうことである。






最終更新日  2020年09月23日 21時59分04秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.