22339846 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

おちょやん  第5話 New! はまゆう315さん

コロナ 猛威の報道で… New! 鹿児島UFOさん

鬼滅の刃 最終23巻ゲ… New! クルマでEco!さん

お母さん>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

上ぽんの後継者は、… 虎党団塊ジュニアさん

【エール】期間平均2… ショコラ425さん

今日の収穫 (CD) BROOKさん

貴方はどっち??? 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
原告団126人と話し合おうとした甲斐(織田裕二)大輔(中島裕翔)
しかし、会場には、誰もいなかった。
そんなふたりに、チカ(鈴木保奈美)が告げる。
世界3大ファームのひとつダービー総合法律事務所の力を借りるという。
人手不足の現状を打破するためだと。
少しして、担当者がやってくる。綿貫紗江(観月ありさ)。甲斐の元恋人だった。
“ダービー”は“幸村・上杉”との合併も視野に入れているらしい。
とはいえ。現状では“フォルサム食品”に勝つのは難しく。
甲斐は、今回の案件だけ。。。と条件を付けるしかなかった。

敬称略


脚本は、小峯裕之さん

演出は、森脇智延さん


結局。。。。こういうカタチかぁ(苦笑)

え?何がって?

それは、描くことのバランスの問題。

今回は、基本的に“縦軸”の案件を描きつつ。そして合併話という。

いままで、全く無かったネタを盛りこんできた。


そもそも、前者にしたところで。

無駄に、引っ張り回してきたのが今作なのである。

ようやく。。。と思っていたところに、

新たな案件を盛りこむことに、意味があるのか?


そらね。こういうのも、

今作の原作のような“ドラマ”では、普通にあるコトなのも認めます。

でもね。

こういう複雑に見える展開こそが、面白味を失わせてるんじゃ無いのか?


今期《2》において、幾度も“縦軸”の解決のタイミングは存在していた。

が、原作を念頭に置きすぎているため、引っ張り続けて。

視聴者の期待を裏切ってきたのが、今作なのでは?

今回だって、

やっと解決。。。。と思っていたのに。ワザワザ、盛りこんだ。

正直、複雑だと感じたり、面白いと感じる以前に、

期待を裏切られた残念な気持ちしか無い。


きっとね。

今回だって、時間を30分程度延長していれば、

もうちょっと、上手くやれた可能性があるだろう。

だが、ここまで、盛り上がっている感じでは無いのだから、

何をアレコレやったところで、無駄でしか無いのだ。。


素直に、訴訟だけを上手くやって、見せて、魅せるだけで良かったのに。

。。。欲張り過ぎだよ。ほんと。

なぜ、訴訟を中途半端にして、

わざわざ新たな案件を盛りこもうとするかなぁ。。。。

せめて、そういう風に見えないバランスの演出なら、

全く違っただろうに。



最後に。

まさかと思うが。“昨今の事情”で、“大人の事情”が発生。

どうしても、スケジュールが。。。。ってことで。

こんな状態になったのか?

だったら、そういう風に、

好意的な解釈が出来るように、して欲しかったです。



にしても、何度も書くが。。。

フォルサム食品の解決部分が面白かったのに。

なぜ、そこに集中しなかったかなぁ。。。。


今作って、

ずっと、これだったんだよね。

描くことを複数盛りこむのは良いけど。バランスが悪い。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6182.html






最終更新日  2020年10月19日 21時53分30秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.