22318562 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ルパン三世 カリオス… New! クルマでEco!さん

レコニング ~深淵… New! はまゆう315さん

おいでやす山本ヤス New! 虎党団塊ジュニアさん

羽賀ヒカル氏 神社チ… New! 鹿児島UFOさん

【おちょやん】第1週… New! ショコラ425さん

明日から『おちょや… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

色々のイロイロ 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
就職先を探す智彦(奥野瑛太)だが、元軍人であることが。。。。

一方、古山家を訪ねてきた吟(松井玲奈)に、
裕一(窪田正孝)のことを相談した音(二階堂ふみ)は、
「音が音楽の楽しさを思い出させるの。」と助言される。

そんななか、バンブーの保(野間口徹)恵(仲里依紗)に
常連客・ベルトーマス羽生(広岡由里子)を紹介され、
音は、歌の練習を再開する。
再開直後、ベルトーマス羽生のもとにやって来た御手洗(古川雄大)と再会。

敬称略


作、吉田照幸さん


話の流れや内容。綺麗すぎる描写。

ベルトーマス羽生や、御手洗は、ともかく。


「音が音楽の楽しさを思い出させるの。」

って。。。なに?

「以前は音楽を愛していました。今は音楽を恨んでいます」

にしても、そうだけど。

今作の序盤を除けば、そういう雰囲気が見えなかったのだが。。。。

いや、そもそも、序盤以外。

音楽のことを物語に組み込んでこなかったのが今作。

主人公が音楽を向き合っている姿が、ほぼ描かれずに。

物語を。。。今作の主人公で無くても成立するベタな物語にして、

紡いできたのが、今作じゃ無いか!


だから、個人的に、

ずっと、期待外れだったのである。

そらね。“ドラマ”としては、それなりに成立しているだろうけど。

そういうコトじゃ無いんじゃ?


今回のように、「音楽」を強調したい。。。

いや、強調するのは、

今作の主人公を選んだ時点で、分かっていたことのハズだ。

だったら、普通なら、そういう風に描くべきだし。

脚本家に描かせるべきだったのだ。

なのに、メイン以外は。。。。


いまさら、「音楽」って言われてもなぁ。。。。

極論を言ってしまうと。

ここ最近の描写だけから考えると。

戦時中のコトしか、思い浮かばないよ。


たとえば、戦争が始まってからも、

音は教室をやっていたんだから、

そこで、もっと楽しさを強調すれば良かっただけ。

当然、主人公を絡めてである。

そうすれば、仕事との対比も描かれたはずなのだ。

そして、「今」に繋げることも出来たハズ。


“昨今の事情”や“大人の事情”もあるだろうけど。

ちょっとした描写を放棄してしまったのが、今作じゃ無いのか?


これで突き進むと、。。。。。。。。御都合主義な展開しかないんじゃ?(苦笑)

もっと“連ドラ”であることを。

そして、テーマが音楽であるコトを、見据えてくれていれば。

こんな違和感なんて、生まれなかっただろうに。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6183.html






最終更新日  2020年10月20日 07時52分09秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.