22339245 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

鬼滅の刃 最終23巻ゲ… New! クルマでEco!さん

天国は待ってくれる New! はまゆう315さん

お母さん>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信 白峰先… 鹿児島UFOさん

上ぽんの後継者は、… 虎党団塊ジュニアさん

【エール】期間平均2… ショコラ425さん

今日の収穫 (CD) BROOKさん

貴方はどっち??? 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
テロの犯人を追っていた黒沢(福士蒼汰)たち“D班”だったが、
罠にはまり、黒沢は警察に捕まってしまう。
警察の取り調べで黙秘を続ける黒沢。それを見守る伊達(安藤政信)
そこに、阿久津(りょう)が現れ、黒沢と2人だけで密談が行われた。
阿久津によると、罠にはめたのは警視庁の遠藤(小市慢太郎)
すべては阿久津を失脚させ、D班をあぶり出すためだという。
名前を聞いた黒沢は顔色を変える。黒沢、阿久津にとって、因縁のある男だった。

翌日、黒沢は警視庁へと移送されることになるのだが、
その護送車から脱走する黒沢。

一方、伊達は、佐根村(野村周平)に身を隠すよう命じた上で、
宮永(浜野謙太)皆本(片瀬那奈)とともに、黒沢の捜索をはじめたところ。
黒沢からのメッセージが届く。
宮永が解析し。テロ実行犯が、真下(峰蘭太郎)では無い可能性が浮上。
伊達が宮永を警察に招き入れ、公安の情報にアクセスさせる。
すると真下が、すでに亡くなっていると分かる。
伊達は、黒沢が何かに気付いていると確信。


敬称略


脚本は、宇田学さん

演出は、西片友樹さん




わずか5話だった今作。

にもかかわらず。

最終回の今回までに、いろいろな仕込みがあり過ぎて。

正直、“まとまるのか?”という疑問しかなかった。

が。途中というか、序盤で、違和感を感じ始め。

妙なネタフリがあったと思った瞬間。

なんとなく、“真相”が気付いてしまった。

直後、黒沢が語りはじめて。。。。。。


どうなるかと思った最終回だが。

初回からの様々なことを、全て繋ぎ合わせてきた感じですね。

上手いですね。

納得の最終回である。

“最初から、コレが目的だったってコトか”

黒沢のセリフ、そのままですね。

そう。初回から、全5話で、シッカリ作り込んで来たと言うことだ。


意外と大満足の今作でした。


“大人の事情”のニオイがし過ぎて、評判がいまいちなのは残念ですが。

間違いなく、良作以上だったのは事実でしょう。

続きが見たいなぁ。。。



最後にヒトコト。

今期は、いろいろとあって、話数が少ないドラマが多かったが。

無駄に引っ張りすぎるより、

短くても、良作を作った方が、良いような気がする。

そういうカタチも有っていいんじゃ?

そんなコトが、。。。不幸中の幸いというか。。。分かってほしいものだ。

WOWOWやNHKのBSとかなら、普通に、話数が少なくても、やってるしね。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6184.html






最終更新日  2020年10月20日 21時55分49秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.