22315693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

【おちょやん】第1週… New! ショコラ425さん

明日から『おちょや… New! ひじゅにさん

先生を消す方程式 … New! はまゆう315さん

New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

せんべろメーカー クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

色々のイロイロ 俵のねずみさん

海田は買いだ! 虎党団塊ジュニアさん

制作中です シュージローさん

2020年10月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『プレゼンス』後篇
内容
白バイ隊員・出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件は、
被疑者・万津幸矢(櫻井圭佑)が謎の転落死を遂げるも、
所持品から拳銃が見つかったことで、被疑者死亡で送検となった。
中園参事官(小野了)は、伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)ら捜査員に、
裏付け捜査を行うよう命じる。

一方、右京(水谷豊)亘(反町隆史)は、
被疑者の万津幸矢がVR世界“ネオ・ジパング”に傾倒していたことに、
引っ掛かりを覚えていた。
何かがあると考え、“ネオ・ジパング”で出会った
風間楓子(芦名星)に協力を求める。
楓子の情報で、万津幸矢が転落死したビルが、VR世界にも存在するとわかる。
その場所“嵐が丘”で張り込みをしたところ。。。。

その後、右京、亘は、万津の母・蒔子(松永玲子)の話に違和感を抱き。
万津の恋人・朱音静(日南響子)が、何かを知るのではと推測する。

そして“ネオ・ジパング”設立者・加西周明(石丸幹二)に、
万津幸矢のことなどを質問するのだが。。。。

そんななか、出雲麗音が、伊丹、芹沢に、静への取り調べを懇願。

敬称略



脚本は、輿水泰弘さん

監督は、橋本一さん



前回の前編よりは、シッカリと主人公ふたりが動いていて。

“物語”という感じになっていますね。

そもそも。

主人公が動いている部分が、“ドラマ”にとって“物語”なわけで。

前編のように、そういう部分が少ないと。

“刑事モノ”系統では、ただ単に情報の羅列にしか過ぎないのである。

当然、それが、“物語”であるわけがなく。

面白味になることは無いのである。後編のためのタダのネタフリだからだ。

前編、後編の役割が有るのも分かっていても。

やはり、今回くらいで描いてくれていた方が、《相棒》という感じがします。

前後編なので、無理な部分も有るだろうけど。

そのうえ、それぞれが時間延長されてしまうと。

ま。。。そういうことになってしまうのは、仕方ないことだろう。

それでも、後編で、サラッと前編の内容を描きつつ。

ミステリーという感じで見せてきたのは、「さすが」というべきでしょうね。

おかげで、イマイチ、つかみどころがなく。

魅力を感じ難かった前編で、後編への興味を抱きづらかったにも関わらず。

後編の序盤から、興味を提示しつつ、

視聴者の心を、ガッシリ掴んできたのは、ほんと「さすが」

無駄が、あまり描かれなかったのも、良い方向へと向かわせているのでしょう。


個人的には、前後編で無く、“2hsp”にして欲しいですが。

いろいろな事情もあるだろうから、仕方ないかな。

長期シリーズだからこそ出来る“手”だしね。



それにしても。出雲麗音。。。篠原ゆき子さん。良いですね。

いつのまにか、今作《相棒》に足りなくなってしまったのは、

こういうキャラ。。。“要素”じゃないのかな?

“謎の女将”小出茉梨より、良いキャラだと思うけどね。

と言っても、

きっと、“億万長者”が再登場するときに。。。。。

パターンですね(笑)

今期の最終回かな?

でも、そういう使い捨ては、辞めて欲しいなぁ。。。。

今の《相棒》に足りないのは、そういう引っ掻き回す役の人。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6187.html






最終更新日  2020年10月21日 22時10分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.