22291094 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

サラッとチラッと>… New! ひじゅにさん

矢口高雄先生がお亡… New! クルマでEco!さん

海田は買いだ! New! 虎党団塊ジュニアさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

姉ちゃんの恋人  … New! はまゆう315さん

綾の光時通信 番外編… New! 鹿児島UFOさん

【エール】最終週(第… ショコラ425さん

今日見つけた花、な… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「摂津晴門の計略」
内容
永禄十二年、信長(染谷将太)は、将軍・義昭(滝藤賢一)のため、
京の街に、二条城を築城していた。
だが、その強引さは、寺社からの反発を買っていた。
寺社の高僧達は、政所頭人の摂津晴門(片岡鶴太郎)に取り入り、
摂津は、それを利用し、信長の失脚の画策をはじめる。

そのころ、光秀(長谷川博己)は、二条城の普請をしていたが。
ある日、伊呂波太夫(尾野真千子)から文が届く。
前の関白・近衛前久(本郷奏多)に会って欲しいと言う。
現・関白・二条晴良(小籔千豊)と、それと手を組む摂津により、
幕府に腐敗がはびこっているという。その悪影響は帝にも及んでいると。
信長と協力し、幕府を立て直して欲しいと言うことだった。

敬称略


脚本は、池端俊策さん、脚本協力、岩本真耶さん

演出は、大原拓さん


戦国時代のドラマなのに。

戦闘シーンなどで見せるのでは無く、

まさか。。。幕府内のバトルを見せて、魅せようとするとはね。

かなり目新しい“大河ドラマ”である。

一部だけを取り上げれば、

こういう作品も、あったことはあったが。

主人公が主人公だけに、

むしろ、こういうエピソードこそが、今作の魅力と言って良いかもね。

面白いと感じるかどうかは、別の話ですが。

今作が描いて来た明智光秀らしさが見て取れるのは、良いコトだと思います。


ってか、

ほんとは、こういう部分を、シッカリと描いてこそ。

今後の展開。。。幕府。。そして信長などの行く末が、

見えてくるんだけどね。

だいたいのドラマじゃ、そこは、ありがちなコトとして、

サラッと、済ませていることが多いし。

人間関係の描写こそが、ドラマの基本であるならば。

たとえ、戦国時代のドラマだとしても、

描くべきは、人間関係でしょうからね。


これはこれで、オモシロ味があります。






最終更新日  2020年10月25日 18時43分34秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.