22290931 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

サラッとチラッと>… New! ひじゅにさん

矢口高雄先生がお亡… New! クルマでEco!さん

海田は買いだ! New! 虎党団塊ジュニアさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

姉ちゃんの恋人  … New! はまゆう315さん

綾の光時通信 番外編… New! 鹿児島UFOさん

【エール】最終週(第… ショコラ425さん

今日見つけた花、な… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
裕一(窪田正孝)が、記者の大倉(片桐仁)から仕事の依頼を受けている中、

帝都劇場の舞台を目指し、オーディションを受けることにした音(二階堂ふみ)
そのことを、御手洗(古川雄大)に報告していた。
すると御手洗から、久志(山崎育三郎)の近況を尋ねられ。。。

そんななか、裕一は、あかね(加弥乃)と仕事の打ち合わせを終えて、
鉄男(中村蒼)と談笑していたところ、藤丸(井上希美)と再会する。
藤丸に連れられ、ふたりが向かった場所にいたのは、久志だった。
変わり果てた久志の姿に裕一、鉄男は愕然とする。

その後、古山家で、藤丸から話を聞く裕一、鉄男たち。。。。

敬称略



作、清水友佳子さん


あ。。。今回は、単独なんだ。。。


そこはともかく。

さて、ようやく、今週の本題である久志の物語の開始だ。

サブタイトルがサブタイトルだし。

前回、一瞬だけ登場した大倉でネタフリされ、

今回も、少し描かれていたが。

“そういう方向”に向かうのである。


気になるのは。

前回の前半で、先週の“後片付け”をして、

時間を使ってしまったことだ。


今までになく(苦笑)

シッカリと裕一の作曲を描いているようにも見えるので。

物語として、作り込みが見えるのだ。

だからこそ、前回の影響が気になって仕方がない。


ほんと、今までになく。。。なので。

そうなんだよなぁ。

今作って、作曲の描写は雑だし。

それどころか、そこに至るまでの主人公の心象描写も雑だし。

一見、物語が成立しているように見えて。

“作曲家”の物語に見えない感じに仕上がっているのだ。

確かに、“ドラマ”としては、成立しているし。

それなりに、いろいろな要素を盛りこんでいるんだけどね。


“週5”になり、時間の制約が生まれたのに。

そこを意識せず、無駄も盛りこまれているしね。

それが、大きな影響を与えていると、確信しています。


良い感じだなぁ。。。と思って見ていても。

妙な物足りなさを感じるのは、そういう理由だろう。

“ドラマ”としては、満足だけど。

今作《エール》としては、どうなの?

そんな感じなのだ。


それに比べると、今回は。。。。ってことだ。

“金曜日”に、満足させて欲しいです。

“土曜版”ではなくて。


今回だって、意外と良い点はいくつかあったのだ。

本来、ナレーションで、サラッと補足すべき部分を、

藤丸のセリフで、盛りこむことで。

それぞれの演技なども見ることが出来るだけでなく。

話を切ることがなく。良い感じだったし。


オーディションは?という疑問はありながらも。

裕一が、音に、見てもらって、感触を確かめたり。。。とか。


細かく、いろいろとやってるんだけどね。

まあ、それとは逆に、

なんども、久志のやさぐれた姿を盛りこむことで、

時間を無駄に費やしているのは、気になりますが(苦笑)




TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6200.html






最終更新日  2020年10月27日 07時53分25秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.