22340262 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

科捜研の女20  … New! はまゆう315さん

コロナ 猛威の報道で… New! 鹿児島UFOさん

鬼滅の刃 最終23巻ゲ… New! クルマでEco!さん

お母さん>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

上ぽんの後継者は、… 虎党団塊ジュニアさん

【エール】期間平均2… ショコラ425さん

今日の収穫 (CD) BROOKさん

貴方はどっち??? 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
ホームセンターのホームファッション売り場で働く安達桃子(有村架純)
いつもの年とは違って、イマイチ盛り上がらないハロウィーン。
クリスマスこそは。。。と桃子は、
チーフの市原日南子(小池栄子)らに伝える。
すると日南子が、「たまには、ちょっと行くか」と。
桃子、岸本沙織(紺野まひる)らを連れ、みんなで居酒屋へと繰り出すのだった。

居酒屋で盛り上がっていたところ、話が、桃子の弟たちの話に。
日南子たちも様子を見たいということで、リモートで弟たちに連絡を入れる桃子。
スマホに映し出された弟たち。
和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の元気そうな姿に、
日南子ら同僚たちも大喜び。

配送部で、上司・高田悟志(藤木直人)の下で働く吉岡真人(林遣都)
中野藤吉(やついいちろう)の弁当屋で働く母・貴子(和久井映見)と、
2人暮らし。いつも、笑顔でいたモノの、実は人が苦手で。。。

翌朝、ミーティングで、日南子から、社長の許可が下りたと
クリスマスの企画の責任者が、桃子になったと聞かされる。
各フロアの責任者も集まって、ミーティングを行うというコトだった。

そして各フロアの責任者が集まるミーティングには、
悟志の頼みを断り切れなかった真人の姿もあった。
チーフの日南子の挨拶で始まったミーティング。
日南子から、プロジェクトリーダーの桃子が紹介された。
それぞれが意見を出し合う中、真人も。。。。

敬称略


脚本は、岡田惠和さん

演出は、三宅喜重さん




ラブ&ホームコメディ。。。らしい。

ま。。。。ホームドラマである(笑)

ってか、

俳優云々の以前に、

もう、序盤から“岡田惠和ワールド”である。

もちろん。褒めてます。

ホームドラマって、こういうのだよなぁ。。。って感じですね。


すぐに恋バナやったり、警察モノやったり。医者やったり。。。。。

と、昨今のドラマは、偏りすぎているのだ。

それこそ、深夜ドラマにさえ、その影響があると言って良いくらい。

そんな風に考えていくと。

“朝ドラ”以外で、ホームドラマを見ることが出来るのは、

ほんと、ホッとします。

脚本、演出、そして、俳優。。。安定しているしね。

個人的には、“ベタ”だと言い切って良いとは思いますが。

前述のような事情を考えれば、

目新しさが漂っている。。。。と言って良いでしょう。

今回の流れで、最終回まで、

劇中の時間と一緒に。。。。ってことなのだろうね。


ほんと、安定してるね。

と言っても。

個人的には、大満足なのですが。

大満足しすぎているってこともあり、

2クールにすれば、良かっただろうに。。。と本気で思っている。

やはり、こういうドラマは、好みがあるからね。

でも、何かがあって、爆発すれば。。。。それもホームドラマの魅力、いや威力。

さあ、どうなるかな。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6201.html






最終更新日  2020年10月27日 22時09分41秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.