22292228 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

純情きらり  第1… New! はまゆう315さん

コロナ Newton New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

サラッとチラッと>… New! ひじゅにさん

海田は買いだ! New! 虎党団塊ジュニアさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

綾の光時通信 番外編… New! 鹿児島UFOさん

【エール】最終週(第… ショコラ425さん

今日見つけた花、な… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『マリコのハロウィーン大作戦』
内容
廃ビルに放置された棺から、遺体が発見された。
男は悪魔のコスプレをしていた。
早月(若村麻由美)の解剖により、感電死させたあと、
廃墟に遺棄されたと思われた。
周辺の防犯カメラには、棺を運ぶ男の姿が。
遺留品の名刺には“普通の中年”と書かれてあり、
“スキルマーケット”のURL。
調べていくと、“普通の中年”で登録している迫田茂夫(村田雄浩)
なんでもやる。。。らしい。
防犯カメラの映像に映っている男も迫田と思われ、
早速、マリコ(沢口靖子)蒲原(石井一彰)が迫田に接触。
歩容認証により、棺を運ぶ男が迫田と判明した。
そのうえ、被害者は、迫田の元同僚の田部井亘(清水昭博)と判明。

土門(内藤剛志)蒲原による、取り調べを受けることになる迫田。
被害者の田部井が“スキルマーケット”に“ダンディ部長”として登録。
その話をして名刺を手渡したという迫田。
だが迫田は犯行を否認。“にこにこハロウィーン”という人物から、
竹宮倉庫から廃墟へ、棺の運搬の依頼を受けたと言うことだった。
倉庫を調べたところ、ゲソ痕などが見つかり、
犯行が可能だと分かってくる。

その後の調べで、犯人は、“スキルマーケット”を利用していると分かってくる。
被害者の田部井には、イベントへの出演依頼。
“スーツを着た大工”菱沼圭太(笠松祐介)は、棺の制作依頼。
“シチヘンゲ”山崎梨乃(大脇あかね)は、衣装の製作依頼。。
“説教マシンガン”大竹千鶴(宍戸美和公)は、説教を頼まれたという。

一方、土門は、迫田が会社を辞めた理由が気になり、
社長の相川洋平(行澤孝)から話を聞くと、会社の金を横領したと。
だが、社員の澤崎菜月(小出優子)、野元杏子(奥田ワレタ)の話で、
迫田が会社を辞め本当の理由が。。。。

敬称略


脚本は、李正姫さん

監督は、西片友樹さん



こういう言い方は、どうかとは思うのだが。

それこそ、脚本家の。。。感性というか、、、スキルというか。

それなんだが。

今回のネタ。。。スキルマーケット。

こういう時代の反映こそが、今作の魅力だよね。

だから、目新しさがあって、飽きない。


ってか。。。マリコ。。。仕事人だよね(笑)

なんなら、三味線のばちを。。。。






最終更新日  2020年10月29日 20時52分35秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.