22340296 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

科捜研の女20  … New! はまゆう315さん

コロナ 猛威の報道で… New! 鹿児島UFOさん

鬼滅の刃 最終23巻ゲ… New! クルマでEco!さん

お母さん>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

上ぽんの後継者は、… 虎党団塊ジュニアさん

【エール】期間平均2… ショコラ425さん

今日の収穫 (CD) BROOKさん

貴方はどっち??? 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2020年10月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
杉本涼子(穂志もえか)という女性が、
真実(浜辺美波)黒岩(岡田将生)のもとにやって来る。
多額の奨学金の借金のため、“パパ活”をはじめたのだが。
知り合った芥川という男性(堀部圭亮)に恋愛感情を抱きはじめたという。
だが突如、デート中に男性は、女性の金などを盗み、姿を消したと。
復讐をしたい。。。。。ということだった。

SNSなどを駆使し、ようやく芥川に接触することが出来たが。
涼子が被害を訴える芥川とは、別人だった。
黒岩に促され、直接、話をした真実は、涼子の言う芥川が、平山一良だと知る。
フリーライターだという。そして自身は、本村(小松利昌)だということ。
元々、“芥川”という名で、本村が会うはずだったが、
平山が、自分が。。。。ということで、譲ったという。

後日、平山の素性を調査し、涼子に手渡した真実と黒岩。
すると涼子は。。。。

そんななか、真実は、涼子お勧めのジュエリーショップを訪れたのをきっかけに、
ある可能性に気づく。そのことを黒岩に伝えた上で、平山を呼び出すのだった。

敬称略


脚本は、渡辺雄介さん

演出は、山本透さん


捻りが利いていて、面白いですね。

主人公との重ね方も秀逸だし。

ってか。

話の内容が、これまでのエピソードと違いすぎて。

結構、面食らっています(笑)

まあ。演出が演出なので、ニオイは同じですが。


ただ、出来れば。。。復讐してほしかった。

これはこれで、良いドラマに仕上がっているのは認めますが。

“縦軸”で、時間を費やすより

その時間を“本編”に割いて欲しいです。






最終更新日  2020年10月30日 22時43分49秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.