22676669 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

グッドモーニングシ… New! はまゆう315さん

鳥籠>『おちょやん… New! ひじゅにさん

『ガメラ 大怪獣空中… クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

佐藤輝明は過大評価… 虎党団塊ジュニアさん

綾の光時通信 千天… 鹿児島UFOさん

【おちょやん】第8週… ショコラ425さん

劇場鑑賞「さんかく… BROOKさん

しばらくお休みさせ… 俵のねずみさん

「シークレットバイ… 鉱泉さん

2020年11月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
“週刊時流”の副編集長の志賀倫成(上川隆也)
部下の井波渉(加藤シゲアキ)らを叱咤しながら、厳しく指導していた。
“週刊誌の記者は、嫌われ、罵られて、なんぼの商売だ”と。
志賀に、損な役割を負わせていると
編集長の鳥飼成人(高橋克実)は、志賀に感謝を伝える。

そして事件が発生する。臨場した警視庁捜査一課の長澤一樹(原田泰造)は、
部下の天城から説明を受ける。
被害者は、大学講師・星野希久子(霧島れいか)、厚労省の夫・隆一(若林久弥)夫妻。
容疑者は、現場で自殺を図り、病院に運ばれたという。
所持品から容疑者は、心理学を教える大学講師・希久子の教え子。
志賀健輔(葉山奨之)だということ。

そんななか、志賀の自宅に長澤達がやってくる。
志賀と妻・鞠子(羽田美智子)は、ショックを受ける。
息子・健輔が殺人の容疑者だという。自殺を図り、集中治療室にいるという。

捜査本部が立ち上げられ、
津村捜査一課(中村育二)宮藤(高嶋政伸)らが捜査員に指示を出す。
長澤達からの報告で、状況からストーカー殺人の可能性があると判明する。

一方、鳥飼編集長は、忖度しないと、井波に取材を命じる。

敬称略


原作は未読。

脚本は、大石哲也さん

監督は、橋本一さん


そっか。。。先々週の8日まで放送していた《セイレーンの懺悔》と同じ原作で。

正直、どうするつもり?と思っていたのだが。

なるほどね。

津村、宮藤、同じキャスティングだよ。

今回だけかもしれませんが、こういうの大切だよね。

ってか。

きっと、原作だと、ある意味、“続編”なんだろうけどね。

《カエル男》と《贖罪の奏鳴曲》の関係と同じ感じか。

前者は、警視庁。後者は、埼玉県警。

そんなところだろう。


それにしても、難しいテーマだね。

《セイレーンの懺悔》も、だったけど。

こういうネタで、マスコミを扱うのは、ホント難しい。

原作は未読だし。展開は分からないし。

これ、どういう落としどころなんだろう。。。。

原作者の全作品は、未読だが。

映像化作品は、ほぼ全て視聴している。

今作も、間違いなく面白い作品になるだろう。

そこだけは、分かる。


楽しみな1か月になりそうである。






最終更新日  2020年11月22日 22時56分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.