23175780 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

ネメシス 第1話 天… New! はまゆう315さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

木浪の悪夢 New! 虎党団塊ジュニアさん

今日こんなものが見… 俵のねずみさん

シン・エヴァ お知ら… 鹿児島UFOさん

【おちょやん】第19… ショコラ425さん

るるぶ宇宙 クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2021年03月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『偽りの復讐』
内容
城ヶ崎刑事部長(高橋克実)の呼び出しを受けた越谷(勝村政信)
警察内部で、“指対室”の誰かが“アノニマス”と繋がっていると
噂が広がっているという。万丞(香取慎吾)が疑われていた。

そんななか、匿名の中傷で悩む専門学校生・末松香(川島鈴遥)が、
指対室に相談にやってくる。
メールで中傷してくるのは、自分では無く、恋人の椚総一郎(田中偉登)だと。
“イケメン王子”と話題の野球選手だった。昨夜から、連絡が取れないという。
万丞たちが話を聞いていると、四宮(清水尋也)が慌ててやって来る。
SNSに拉致監禁されている動画が上がっているという。
監禁されている状態が生配信されていた。

タイムリミットが迫る中、万丞が、香に話を聞いたところ。
2年前の暴力事件を起こした荒井慶太(岩上隼也)と声が似ているという。
しかし、すでに亡くなっていた。
すると、慶太の弟・翔太(楽駆)ではないかという香。

敬称略


脚本、入江信吾さん

監督、大内隆弘さん



タイムリミットを作り、情報が無い中で、

捜査は、“指対室”から離れて。。。と。

主人公たちの動きを作ることが出来ない状態をつくり上げた。

その緊張感、危機感の中で、

“指対室”でも、デジタルとアナログで対立を描き。。。。


ちょっと強引な印象もあるが、

これはこれで、悪くは無いです。

最近じゃ、すぐに、ドタバタしたがる“刑事モノ”が多いですからね(苦笑)

今作の場合、そういう見せ方じゃ無く。

話を凝ることで、魅せようとしているし。

そう。目先の演出で魅せようとするのは初心者向け。

内容自体で魅せようとするのは、玄人向け。。。と言えるかもね。


“ネットを利用するつもりが、利用されていた”

良いネタである。


ってか、同種の作品の中では、今作が、一番かもね。

そのレベルだと思います。

いや、もっと正確には、仕上がりが上がってきた。。。。でしょうか。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6482.html






最終更新日  2021年03月01日 22時54分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.