23569958 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

青柳より柳ちゃうん? New! 虎党団塊ジュニアさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

その3)6/15 天赦日 … New! 鹿児島UFOさん

定年女子 第5話 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

【おかえりモネ】第5… ショコラ425さん

面白いものを買って… 俵のねずみさん

故郷(ふるさと)の… ひじゅにさん

命がけの証言 クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

2021年05月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『呪われた絵』
内容
ある日、青柳(吹越満)矢沢(田口浩正)妙子(遠藤久美子)の3人で、
道を歩いていたところ、突然、青柳が女性に抱きつかれる。「助けて」と。
女性に連れて行かれた家に向かったところ、男性の遺体を発見する。

早瀬川(原沙知絵)の解剖によると、男性は窒息死。
男性は、アートラボ伊藤の伊藤伸雄(二階堂智)
コーヒーに混入されていたヒ素により、急性ヒ素中毒で嘔吐し窒息していた。
第一発見者は、専属画家の神崎えりな(尾碕真花)だった。
2人は同居していたという。

早速、小宮山(羽田美智子)国木田(中村梅雀)は、画廊へ。
副社長の村井祥子(藤田瞳子)や、専属画家の尾上宗輔(BOB)から話を聞く。
すると、被害者ともめていた小鳥遊幸哉(冨家規政)が浮上する。

浅輪(井ノ原快彦)新藤(山田裕貴)が、小鳥遊のもとを訪ねると。
老舗画廊を営む小鳥遊は、えりなのことで、もめていたことを認める。
才能を見いだしたのは自分であるが、伊藤のもとへと去ったという。

一方、青柳、矢沢は、ショックで入院するえりなのもとへ。
すると、えりなは、母・さつき(長田奈麻)が殺したと言い始める。
そこで、さつきに話を聞きに行くと、家にいたとアリバイを主張。

敬称略


脚本、山岡潤平さん

監督、上堀内佳寿也さん


“弱い女性は助けたくなる病”ですね(笑)

女性に優しすぎる青柳さんのエピソードである。

たまに、この系統のエピソードがあるけど。

基本的に、似た感じなのが、ちょっと気になりますが。

まあ、、、青柳のエピソードって、こういう感じだから。

ある程度は、仕方ないのかもしれません。

じゃなきゃ、薬関係か、暴。。関係だし。

どちらにしても、パターンは決まっているからね。

ほんとは、だからこそ、、、

矢沢および矢沢・妻の早苗を、もっと混ぜてほしいのだが。


最後に。

結局のところ、村瀬は“大人の事情”だろうけど。。。。きっと。。。アレ。

最終回までに復帰するのかな?






最終更新日  2021年05月12日 21時57分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.