2011年02月26日

ドラマスペシャル『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』

カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
江戸の無血開城直後の慶応四年五月。九州の秋月で事件は起きた。
開国派の秋月藩執政・臼井亘理(豊原功補)の屋敷に
攘夷派の“干城隊”の藩士たちが侵入し、臼井亘理と妻・清(濱田万葉)を暗殺。
それは攘夷派の家老・吉田悟助(石橋蓮司)がそそのかしたモノだった。

残された証拠から“干城隊”の犯行と断定し、
清の兄・四郎兵衛(相島一之)、弟・助太夫(田口 … [続きを読む >>]




TWITTER

最終更新日  2011年02月27日 01時11分51秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事