2019年07月21日

連続ドラマW『神の手』第五話(最終話)

カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
病院を辞めた白川(椎名桔平)は、
大塚(井上肇)から終末期医療について患者と向き合うようになっていると、
病院に来て欲しいと伝える。白川は、自身の犯したこともアリ、それを断る。
だが大塚は、だからこそ向き合うべきと告げる。

そのころジャモの新見(北村有起哉)と連絡が取れず、心配する柴木(芦名星)
佐渡原(近藤正臣)という存在などもあり、山名 … [続きを読む >>]




TWITTER

最終更新日  2019年07月21日 22時58分27秒