2020年02月21日

BS時代劇『大岡越前5』第七回(最終回)

カテゴリ:ドラマ系の感想
「新たな御法」
内容
錺職の弥之吉(矢部太郎)が
3年前に、夜鳴き蕎麦屋の主人を殴り、金を奪った罪で。
北町奉行の伊生(高橋光臣)は、遠島を申し渡した。
証言をした主人だけで無く、客も、記憶が曖昧。
心配したとおりになったと感じる忠相(東山紀之)は、
その一件を、評定所において、注文を付ける。
しかし、老中・松平左近将監(田村亮)は、自ら厳しい判断 … [続きを読む >>]




TWITTER

最終更新日  2020年02月21日 20時52分07秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事