275263 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東急不動産だまし売り裁判

PR

全2104件 (2104件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2013.08.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いた著者入魂のノンフィクションである。東急リバブル東急不動産への激しい憤りを伝える書籍である。林田力がいかに真摯に東急不動産だまし売り裁判に取り組んでいるかということも。

『東急不動産だまし売り裁判』は魂のジャングルを切り拓いて一本の道をつけてくれる書籍である。『東急不動産だまし売り裁判』には、すさまじい力を帯びたエネルギーがある。『東急不動産だまし売り裁判』は論理的かつ理路整然としていて読みやすい。『東急不動産だまし売り裁判』の一行一行の背後には膨大な量の情報が含まれている。

東急不動産だまし売りの悲惨さには息が止まりそうになる。『東急不動産だまし売り裁判』を読めば読むほど、何とも胸が痛くなる情報ばかりが出てくる。『東急不動産だまし売り裁判』は読みながら震えが来る一冊である。読後は枕がびしょ濡れになった。それでも『東急不動産だまし売り裁判』には愛する親族や母親がすぐそばにいるような安心感、言葉にできないほどの心地よい感覚がある。

書籍において一番大切なものは中身である。『東急不動産だまし売り裁判』は主人公(東急不動産だまし売り裁判原告)が自らの信念を貫き、悪徳不動産業者の論理に立ち向かう姿が共感を呼ぶ。林田力の根底には熱い感情と論理的な思考がある。林田力は悪徳不動産業者に苦しむ人々の叫びの声を拾い上げ、言葉を武器に戦う作家である。まるで地上に降り注ぎ、泥を流し去る雨のように林田力の中から沢山の詩がほとばしり出ている。

『東急不動産だまし売り裁判』はマンション購入検討者が後々後悔しないための転ばぬ先の杖である。東急リバブル東急不動産に酷い目に遭った、遭っている人は枚挙に暇がない。東急不動産物件に居住すると後々痛い思いをすることになる。詐欺の多い世の中であるから、くれぐれも東急リバブル東急不動産にだまされないようにしなければならない。東急不動産だまし売りは、もう二度と起こしてはならない。

東急不動産だまし売り裁判は終わった出来事ではなく、他人事でもない。人間の尊厳と正義と幸福のための闘争に終わりはない。東急不動産だまし売りがいかに悪質で、筋違いなことであるかを、一人でも多くの人々に伝えなければならない。消費者の権利を擁護する人々の多くが東急不動産だまし売り裁判に喝采を送り、東急不動産だまし売り裁判を踏まえて新たなる旅立ちを志すことになる。

東急リバブル東急不動産問題の動きが緊迫している。東急不動産だまし売り裁判によって東急リバブル東急不動産は根底から揺さぶられた。東急リバブル東急不動産は欠陥組織であり、今では解体を待つだけの存在である。このような企業に住まいを託すことは問題である。東急不動産と取引することは狐を鶏小屋の見張りに立てるようなものである。東急リバブル東急不動産は日本社会の面汚し以外の何物でもなく、一刻も早く叩き出してしまうに限る。東急リバブル東急不動産が消滅しない限り、社会に平安は訪れない。

東急不動産だまし売りを、国民は、市民は、人民は、断固許さない。今こそ東急不動産だまし売り阻止のために、東急不動産だまし売り撲滅を願う人々が力を総結集して決起すべきである。全ての市民運動の関係者に訴える。東急不動産だまし売り裁判についても、是非、その伝統ある力量を発揮し、御奮闘くださるよう、心からお願いする。
http://www.hayariki.net/pj3.html
東急リバブル東急不動産への反撃を開始しよう。全ての消費者・市民の団結を作り出そう。東急リバブル東急不動産不買運動の基本線は、多くの人々に受け入れられ、評価されている。東急リバブル東急不動産不買運動はSNSやモバイルなどを通して様々なパターンを融合し、相互強化し、新たなシナリオを推進する。

『東急不動産だまし売り裁判』によって、東急リバブル東急不動産の問題性を知った人々が自ら学び、科学的な判断で運動を拡大している。東急リバブル東急不動産不買運動は丘からも、野原からも、砂丘の中からも、泥土の中からも、東北の雪の下からも、森林からも、田園からも、広々と流れる多摩川の豊かな岸辺からも海岸の砂浜からも一斉に芽を吹き出したかのようである。

東急リバブル東急不動産不買運動は沢山の方々が東急不動産だまし売り撲滅の思いを持って寄り添う場所である。より民主的な合意の場として東急リバブル東急不動産不買運動が広く認知されることを強く望んでやまない。
The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00DZQRVDK
ログ速 ついに発売 林田力 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『裏事件レポート』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』






Last updated  2013.08.04 10:44:34
コメント(0) | コメントを書く


2013.08.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
中野相続裁判は母親の死後、生前贈与や遺贈が無効であるとして長女が長男と配偶者を訴えた訴訟である。『中野相続裁判』は中野相続裁判の訴状及び原告第1準備書面、原告第2準備書面を収録した。
中野相続裁判で被告は本人が作成した納税申告書を国家機関である国税庁作成と公務所名を詐称して裁判所に提出した(乙第14号証)。これは原告の強く批判するところとなった。

【書名】中野相続裁判/ナカノソウゾクサイバン/Succession Dispute at Nakano
【編者】中野新井/ナカノアライ/Nakano Arai
http://www.amazon.co.jp/dp/B00EAL6CNO
Amazon.com: Succession Dispute at Nakano (Japanese Edition) eBook: Nakano Arai:
Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00EAL6CNO






Last updated  2013.08.03 11:21:37
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
被害者である原告は、この協議で傷口をえぐられるような屈辱を受けた。一生に一度あるかないかの買い物で日照・眺望が皆無になる問題物件を騙し売りされた被害者の感情を逆なでする発言である。被害者の心を踏みにじって何ら恥じることがない姿には驚くばかりである。思い出す度に腸が煮えくり返る。
そもそも三ヶ月前には東急リバブルの今井由理子は「誰も聞いていません。隣地所有者が一体誰に話したのか調べてください」とまで要求した。今井は東急不動産の担当者名(野間秀一、関口冬樹ら)を書き出しながら、「この中の誰も聞いていません」と断言した。しかし関口冬樹は自ら隣地所有者から説明を受けていたことを証言した。最初から知っていたにもかかわらず、わざわざ原告に調べさせたのである(甲第14号証「原告陳述書」31頁)。
後日、原告は四階購入者から「購入時に販売担当者の宮本豊が、隣地建物が三階建てに建て替えられると説明した」と聞く。他の購入者には隣地建て替えを説明しており、「言いたくてもいえなかった」とする野間秀一の説明は虚偽である。被告従業員(林正裕、野間秀一、大島聡仁)及び東急リバブル従業員(栗原眞樹、宮崎英隆)は企業ぐるみで虚偽を図った。
The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 感想 林田力 - 読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/b/B00E2UMOW6






Last updated  2013.08.02 20:05:19
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
【被害者感情の逆なで】原告は2004年12月12日に被告と協議した。これは東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導が入ったためである。東急不動産の担当者を自称する大島聡仁は原告から逃げ回っていたため、連絡が取れなくなっていた。行政指導が入らなければ話し合いさえしようとはしない。被害者から逃げ回って被害者が諦めるのを待つ。そのような体質の企業である。
協議の場において東急不動産の野間秀一課長は被害者感情を逆なでする発言を繰り返した。野間課長は関口冬樹の上司にあたる人物である。井田真介証言でも「東急の担当者」として登場した(井田真介証人調書21頁)。
野間秀一課長「隣地所有者からは聞いていません。井田から聞いて全部知っていたのですよ。当社の判断で言わないことに決めたのですよ」
原告「隣地所有者は購入検討者に説明することを依頼しています。それも知っていたのですか」
野間課長「はい。言いたくても言えなかったのですよ。綺麗になって喜ぶ人もいるから」
原告が一生に一度あるかないかの買い物で損害を被ったことを喜ぶかのように、野間課長は笑いながら放言した。被害者に対し、見舞いや同情の言葉一つかけることなく笑っていた。腕を組んで椅子にそっくり返り、原告を嘲笑した。購入者の悲劇をシニカルに評釈することに無上の喜びを見出しているようであった。原告が住宅ローン破産でもしようものならば祝杯をあげかねないような態度であった。
Amazon.com: The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208611/






Last updated  2013.07.31 18:36:07
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
米国グアムでも東急不動産(Tokyu Land Corporation)は住宅購入者から欠陥住宅訴訟を起こされている。ボール対東急不動産事件(Ball v. Tokyu Land Corporation)である。東急不動産はグアムで戸建て住宅団地を分譲したが、住宅購入者達は施工上の欠陥を理由として東急不動産を提訴した。最終的に東急不動産は欠陥の修繕を余儀なくされたが、施工会社に責任を転嫁して訴訟を続ける後味の悪さを残した。

日本でも東急不動産の物件では東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)や東急柏ビレジ(東急ニュータウン柏ビレジ)の欠陥住宅問題が起きている。超高層マンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」の引き渡し時には杜撰さが報道された。東急不動産の姿勢の後味の悪さも東急不動産だまし売り裁判と共通する。

タイのバンコクでは東急建設が請け負っている高架鉄道建設現場で鉄材が落下し、負傷者が出た。バンコク都バンスー区の高架鉄道「タオプーン駅」建設現場で2013年6月6日午前9時半頃、鉄材が下の道路に落ちる事故があり、タクシー2台など車4台が破損し、破損したタクシーに乗っていた女性1人が負傷した。現場はプラチャーラート2通りのタオプーン交差点近く。警察によると、長さ12メートルの鉄材6本をクレーンで引き上げる作業中に、鉄材を縛っていたロープが緩み、鉄材が落下した。タイ電車公社(MRTA)によると、「タオプーン駅」の建設はタイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャンと東急建設の共同事業体が請け負っている(「バンコクの高架鉄道建設現場で鉄材落下 4台破損、1人けが」newsclip 2013年6月6日(木) 19時02分)。

東急不動産だまし売り裁判を受け、日本の消費者運動を世界が注目している。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産や貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者に抗議の意思を直接突きつけよう。自らの体とアイデアで抗議の意思を表現しよう。抗議の現場をつくろう。

東急不動産への批判が成功しなければ、世界の人々は「まだ日本はこりないのか」「だから日本は信用できない」と軽蔑するだろう。未来の人々は「何故、東急不動産だまし売り裁判で東急不動産を批判しなかったのか」と私達を責めるだろう。そして新たな東急不動産だまし売り被害が続くだろう。東急不動産だまし売りにメスを入れることは、閉塞感が充満する日本産業の再生にも大きなヒントを与えることになる。

東急不動産だまし売り裁判(The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud)を世界に発信し、国際化しよう。東急不動産だまし売り裁判は日本だけの問題ではない。東急不動産だまし売りの暴挙に対して、全世界から圧力を加える一大国際キャンペーンとしての展開が問われている。全世界から東急不動産に批判を集中する一大国際キャンペーンを成功させよう。
The Petition Against TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00DY7796O
Amazon.com: Evil Corporation and Evil Lawyer (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E7KPI5Q






Last updated  2013.07.30 21:20:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.29
カテゴリ:カテゴリ未分類






Last updated  2013.07.29 20:56:55
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』Amazon Kindle
【建替え前隣地建物】被告側証人は隣地建物の汚さを強調する(井田真介証人調書6頁、関口冬樹証人調書6頁)。関口冬樹は「綺麗な建物に建替えられた方が販売しやすい」とまで言い切った(関口冬樹証人調書26頁)。
これは事実として正しくない。建替え前の隣地建物は販売に問題が出るほど嫌悪施設ではない。建替え前の隣地建物が汚いと主張しているのは被告側証人だけである。破れかぶれでワザと主張しているとしか思えない。被告側証人尋問を傍聴した隣地所有者は、尋問終了後に井田真介に対し、「建物は、それほど、汚かったか?」と尋ねている。これに対し、井田は「すいません」と答えている。
仮に被告側証人が主張する程、問題のある建物ならば重要事項や販売資料で購入者に注意喚起するのが良心的な宅建業者というものである。自らの責任を転嫁させるために針小棒大に主張しているだけである。元々、被告は自らの説明義務違反を棚に上げ、「隣地所有者が資金調達困難である」等、隣地所有者に全責任を転嫁していた。「隣地建物が汚い」との被告主張も、この文脈で捉えられるべきである。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00E2UMOW6
Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10 eBook: Hayashida Riki: Amazon.ca: Kindle Store
http://www.amazon.ca/dp/B00DXMMA6Y






Last updated  2013.07.28 16:15:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
【本末転倒】関口冬樹の証言からは消費者にとって重要な事項を重要事項説明に盛り込むのではなく、売り易いように自社が説明したい内容を記述するに過ぎないことが分かる。不利益事実を説明した結果、売れなくなることを恐れ、故意に説明内容から除外した。常に情報の不透明さ・曖昧さを残しておき、追及されると屁理屈を持ち出し、平然と嘘を並べる。
何の根拠も実体もない事由(資金調達困難、図面未作成)を、さも現実であるかのように正当化する。自社だけに都合の良い楽観と希望を反映させることだけは得意である。挙句が身勝手な希望的観測(建替えが行われない)に過ぎないものを前提として、販売上不利になる事柄は重要事項から削除する。最初から騙し売りを前提として重要事項を作成しており、自社に都合の良い方向に消費者を誘導する。
建替えを不確定とした根拠は東急不動産の身勝手な判断に過ぎない。「建替え時期・建築概要(構造・階数など)が確定しているものではないと当社にて判断させていただきました」(甲第36号証、東急不動産回答文書(社印付、大島聡仁作成、2004年(平成16年)11月30日)。
被告が勝手に隣地建替えを不確定なものに決め付けただけである。被告は隣地所有者に確認していない。問題物件を売り易くするために計画的に作り上げた虚偽である。不利益事実不告知を正当化するための虚偽である。
資金調達困難・図面未提示の理由付けは原告の質問に対する回答として後から考え出した作り話に過ぎない。作り話の嘘で誤魔化すのだから、原告の質問に対して正直に答えられないのは当然である。隣地所有者は「俺はまだ生きている。いい加減なことばかり言うな」と被告が隣地所有者の知らないところで嘘ばかりついていることを怒っている。
Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10 eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00DXMMA6Y
二子玉川ライズ反対運動10 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00DXMMA6Y






Last updated  2013.07.27 13:41:18
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
東急不動産だまし売り裁判原告も二子玉川住民も東急大井町線高架下住民も太平洋クラブ会員も皆、東急の被害者である。東急不動産だまし売りは腹が立つ話である。東急不動産だまし売り裁判原告は、激しやすい性格ではなく、誰かを恨むという性質でもないが、東急不動産だまし売りに対しては憤慨した。大人しく泣き寝入りしようとは思わなかった。東急不動産だまし売りは断じて許せなかった。消費者にも意地があると見せつけたくなった。東急リバブル東急不動産の悪意と闘うために必死になった。
東急には我慢できない。東急は絶対に許せない。金儲けなど下らない、孤独にだって耐えてみせるという人間でも、東急の不誠実は忘れない。東急を決して許さないし、復讐を決意することさえある。何よりも我慢が十八番という東急不動産だまし売り被害者にしても例外ではなかった。
東急リバブル東急不動産を見ていると、やはりお里が知れる。東急リバブル東急不動産に残されたものは恨みだけであった。細かに目くじらを立てるほどに追い詰められた人間に特有の見苦しい焦りまでを感じさせる。東急リバブル東急不動産やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋は傲慢であるが、消費者運動家や住民運動家は謙虚である。文化というものは語る人間に自ずと内省を強いるものであるためである。
東急不動産だまし売り裁判原告は鳥が冬に備えて一粒ずつ種子を蓄えておくような粘り強さで東急不動産だまし売りの証拠を積み重ねてきた。悪徳不動産業者にとって東急不買運動家は厄介であった。東急不動産だまし売り裁判原告にはバラバラのピースをつないで全体を把握するだけの頭脳があるためである。
同じ時期に東急不動産だまし売り裁判が起こり、東急不動産だまし売り裁判原告が誹謗中傷された。東急不動産だまし売り裁判原告は偶然というものが嫌いであった。東急不動産だまし売り裁判原告に闇雲に怯える気分はなかった。身体を縮めて小さく固まってしまうならば、それこそ東急不動産の思う壺である。東急不動産だまし売り裁判原告の怒りは当然であった。もし一部始終を知ったならば、東急不動産だまし売り裁判原告の怒りは、その程度では済まなかっただろう。
Driving out Inhabitants under the Elevated Railway of Tokyu Oimachi Line eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00BENG9L6/
二子玉川ライズ反対運動10 の書評 / 林田力 |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208334/






Last updated  2013.07.26 21:08:51
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
【重要事項説明における虚偽】重要事項説明では購入者にとって肝心な事実(隣地建替え)には全く触れず、事実と異なる説明をした。原告が質問しても不利益事実を隠蔽した。甲第42号証「原告陳述書(二)」33頁において指摘した通りである。
重要事項説明時に宅建主任者・宮崎英隆は原告に対し、「重要事項は北側隣地を指しているのではない。マンションの購入者全員に対してです」と説明している。購入後も東急リバブル(宮崎英隆、中田愛子)は隣地所有者の話を聞いていないと何度も述べている。知らなければ重要事項で説明できる筈がない。
原告が不利益事実不告知の事実を知った後に問い合わせた時も、宮崎は「知らない」と答え続けた。契約時の説明と話を合わせるための虚偽である。
状況は二階購入者の場合も同様である(原告宛メール2006年3月25日)。
私が北側に隣接する建築物について質問したときは「物置」とか「倉庫」という言葉を使っていました。
採光がさえぎられることはないか?という問いに関しては201号室北側から見える写真を提示して私の疑問を払拭したことを記憶しています。
二階購入者も不利益事実不告知の事実を知った後、宮崎英隆に電話をしたが、宮崎は当初「知らない、聞いていない」と答えていた。
当事者尋問において被告代理人井口寛二弁護士は「周辺建物に隣地建物が含まれているとの認識があったか」と執拗に追求したが、愚問の極みである(原告本人調書20頁)。含まれうる可能性がなければ特に隣地建物を指しているのかを確認する意味がない。その上で宮崎英隆は「特に隣地建物を指しているのではない。一般的な記述です」と虚偽の回答をした。この回答を聞き、原告は安心して購入を決意した。
隣地所有者が事前に被告に建替えを説明している、と原告が思わなかったのは当然である。宅地建物取引主任者(東京第145705号)である宮崎英隆が、周辺環境が変わることを知っていたにもかかわらず、重要事項説明では伏せていたとは考えなかった。そのような行為は言うまでもなく宅建業法違反に相当し、あってはならないことだからである。被告は宅建業者の信用を逆手に取り、僅かな月日で日照眺望が皆無になる売れ残りの問題物件を計画的に騙し売りした。
Amazon.com: Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00DXMMA6Y
二子玉川ライズ反対運動10 感想 林田力 - 読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/b/B00DXMMA6Y






Last updated  2013.07.26 21:15:04
コメント(0) | コメントを書く

全2104件 (2104件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.