000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東急不動産だまし売り裁判

PR

全2104件 (2104件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

2013.07.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
登場人物が様々な絵模様を織り上げる『東急不動産だまし売り裁判』は、現代に騎士道小説を蘇らせたと言っても過言ではない。読者は内なる本性を露わにする人間の様々な有り様を見聞きし、さながらダンテの「神曲」に詠われた地獄界を旅してきたような心境にさせられる。
不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした東急リバブル東急不動産に対しては怒りが渦巻き、怒りに震えている。東急リバブル東急不動産は消費者をたらい回しにし、無視するなど虐げ続けた。東急リバブル東急不動産は救い難いメルトダウンを起こしていた。マンションだまし売りは東急リバブル東急不動産の傲慢極まりない驕りと言わなければならない。東急不動産だまし売り裁判は何とおぞましい話だろう。東急不動産だまし売り裁判には血の凍る思いである。
精神科医が東急リバブル東急不動産を診察したならば、とんでもない診断が下されると確信できる。「この患者は錯乱しており、自殺衝動を抑制できない。周囲との長期的な幸福の関係を犠牲にして目先の満足を追い求めている」と。東急リバブル東急不動産をマンションだまし売りに駆り立てる狂気は呪わしいものである。林田力が屑物件を抱えて泣き寝入りしたならば、もっと根深く始末に負えない狂気が解き放たれただろう。

東急百貨店だまし売り (東急不動産だまし売り裁判) / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/207744/
TOKYU Department Store Fraud (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud) (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00DJ8FKCI






Last updated  2013.07.01 20:56:26
コメント(0) | コメントを書く


2013.06.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いたノンフィクションである。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。林田力『東急不動産だまし売り裁判』は消費者運動にとって希望の象徴である。
問題企業を実名で告発した『東急不動産だまし売り裁判』の出版は消費者運動にとって大きな勝利である。最初の言葉を目にしただけで、言いようもない戦慄が身体を駆け抜けた。『東急不動産だまし売り裁判』の内容が真実であることを一瞬たりとも疑わなかった。不動産トラブルは世の中には中々広がらない。当事者が正確に真実を伝えることが重要である。
『東急不動産だまし売り裁判』の読後感には圧倒される。落ち込んでいる時に読むと晴れやかな気分になれる一冊である。炎天下の真夏に冷水を口に含んだ時の感じに似ている。「It's great!」と叫びたくなる。東急不動産だまし売り裁判が、どのような解決を見せたのか、興味深いところである。
『東急不動産だまし売り裁判』は2009年のNHK大河ドラマの主人公・直江兼続が徳川家康に送った「直江状」そのものである。東急リバブル東急不動産の詐欺的商法には義の入り込む余地は皆無である。これに対し、だまし売りを行った東急リバブル東急不動産を糾弾する原告の姿は上杉謙信や上杉景勝、直江兼続が追求した義そのものである。林田力は東急不動産の圧迫を受けながらも屈服することを潔しとせず、果てしない粘着質の悪夢の流れを押し切って進む泳者のようである。

Amazon.co.jp: 東急百貨店だまし売り (東急不動産だまし売り裁判) eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DJ8FKCI
Amazon.com: TOKYU Department Store Fraud (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud) (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00DJ8FKCI






Last updated  2013.06.30 11:36:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力の意思は心の一番奥に潜んでいた。それは悪徳不動産業者やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋が黒くなれるよりも、ずっと明るかった。林田力は言葉を持つ。林田力は百もの言葉を囁くことができる。千を叫び、さらにもう千を。林田力には物語があった。問題の本質を避け、瑣末なことで本来の問題を隠蔽する東急リバブル東急不動産に対して、議論を起こす闘いで挑んでいる。
東急不動産だまし売りは正気を超えた悪魔の所業であった。東急不動産だまし売りは混乱であった。刻一刻と深みにはまり、何がなんだか分からなくなっていく。しかし、様々な経路から東急リバブル東急不動産の悪質さを示す膨大な情報が手に入った。その根底には住民や消費者を蔑視している東急リバブル東急不動産の存在がある。東急リバブル東急不動産の不誠実は明白である。必然的に何かすべきという気になった。
東急不動産だまし売りは消費者から人間性を奪う。東急不動産だまし売り被害者はしなければならないことをするだけであった。日本社会は悪徳不動産業者やブラック士業に押さえ付けられ、黙らされている。しかし、東急不動産だまし売りを黙って見過ごすことは市民としてあり得ない。東急不動産だまし売りを止める者もいなくなってしまう。
東急不動産だまし売り被害者が行うことは悪を制止することであった。東急リバブル東急不動産が問題物件を売り逃げし、泣き寝入りすることが消費者の義務というような悪徳不動産業者の常識を破壊することが消費者運動に要請されている。これが消費者や住民の権利を自分達のものにすることである。東急リバブル東急不動産不買運動の行方を決するものは東急リバブル東急不動産に対する消費者の意思や声である。

Tokyo Metropolitan Government (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 5 Tokyo Metropolitan Government) eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00DFJ2D6W






Last updated  2013.06.29 11:26:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
東急ハンズが「ブラック企業大賞2013」にノミネートされた。東急ハンズのノミネート理由は東急ハンズ過労死事件である。東急ハンズ心斎橋店のスタッフがパワハラやサービス残業強要で過労死した(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』「東急ハンズ過労死と東急不動産だまし売り裁判」)。ノミネートによって東急ハンズはワタミなどと肩を並べるブラック企業と評価されたことになる。

東急ハンズのブラック企業ぶりは親会社の東急不動産の体質的なものである。従業員にブラックな企業は消費者にもブラックである。東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。東急不動産ではトラブルになった顧客女性に係長が脅迫電話を繰り返して逮捕される事件も起きた。東急ハンズ過労死事件でも認定されたパワハラ体質が顧客に向けられた事件である。

「ブラック企業大賞2013」はパワハラや長時間勤務など企業から過酷な労働を強いられるブラック企業が社会問題化していることを受けて2012年に創設された。主催はブラック企業大賞企画委員会で、佐々木亮弁護士や首都圏青年ユニオン青年非正規労働センターの河添誠事務局長らがメンバーである。「ブラック企業大賞2013」は過酷な労働をめぐって訴訟が提起された企業を対象に選定し、2013年6月27日に発表された。大賞の発表は2013年8月11日である。
http://www.hayariki.net/10/15.htm






Last updated  2013.06.28 22:52:02
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
『東急不動産だまし売り裁判』は大きな議論を生みだすメディアである。東急不動産だまし売り被害者の意思を声として結集し、東急リバブル東急不動産に抗議する場である。東急リバブル東急不動産の動向を監視し、消費者や住民の権利を訴える機能を果たす。『東急不動産だまし売り裁判』は東急被害者達の命の叫びに連なる共感の磁場であり、東急グループの喉元に突き刺さるトゲになる。
東急リバブル東急不動産にとっては邪魔な存在であっても、東急リバブル東急不動産の事業が消費者や住民によって成り立つ以上は『東急不動産だまし売り裁判』に耳を傾けるべきであり、その声で自己の行動を反省し、転換させていくべきものである。東急不動産だまし売り裁判に疑問を感じない東急不動産にイノベーションを主導することは不可能である。
林田力は東急不動産だまし売り裁判や東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、二子玉川ライズ問題、東急大井町線高架下立ち退き問題、ブラック士業やゼロゼロ物件、脱法ハーブ被害について記事を書いてきた。これらの記事を書くことには研ぎ澄まされたエネルギーが必要である。人間の最も邪悪な側面にタックルすることになるからである。
Tokyo Metropolitan Government (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 5 Tokyo Metropolitan Government) eBook: Hayashida Riki: Amazon.ca: Kindle Store
http://www.amazon.ca/dp/B00DFJ2D6W







Last updated  2013.06.27 22:55:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判』は全ての東急不動産だまし売り被害者のために執筆された。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の不当な行為を明らかにした。東急リバブル東急不動産の無責任さや御都合主義、言葉の軽さを浮き彫りにし、歴史に刻む。『東急不動産だまし売り裁判』は清廉でありながら、棘のある書籍である。東急不動産だまし売り被害者の気持ちを理解せずに、踏みにじるようなことをする悪徳不動産業者を呪う書籍である。
それ故に決して冷やかしめいた気持ちや、その他の邪念を抱いて、『東急不動産だまし売り裁判』を読まないで欲しい。『東急不動産だまし売り裁判』の読者の皆様は東急リバブル東急不動産営業のような嫌な人にはならないで欲しい。嫌な人の味方にもならないで欲しい。
『東急不動産だまし売り裁判』の執筆は林田力にとって貴重な体験であった。ワインを飲むためには、まず栓を抜かなければならない。『東急不動産だまし売り裁判』を執筆することで東急不動産だまし売り裁判を広く伝えることができた。『東急不動産だまし売り裁判』執筆の利点は、それにとどまらない。東急不動産だまし売り被害者と連帯し、東急の問題を掘り起こすことができた。

東京都政 (東急不動産だまし売り裁判) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00DFJ2D6W
Tokyo Metropolitan Government (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 5 Tokyo Metropolitan Government) eBook: Hayashida Riki: Amazon.es: Tienda Kindle
http://www.amazon.es/dp/B00DFJ2D6W






Last updated  2013.06.26 20:21:13
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判7』は東急不動産だまし売り裁判の提訴前夜を描くノンフィクションである。東急不動産は隣地所有者とも対立を深め、他のマンション住戸でもだまし売りが発覚した。また、だまし売りの経緯を悪徳不動産業者の視点で整理した「悪徳不動産課長の安堵」「だまし売り作戦成功」「だまし売り露見」「だまし売り作戦失敗」を追加した。
東急リバブル東急不動産は隣地建て替えなどの不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』Amazon Kindle)。引き渡し後に真相を知った購入者(林田力)は抗議したが、東急リバブル・東急不動産は不誠実な対応に終始した(林田力『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』Amazon Kindle)。
このために購入者は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づいて売買契約を取消し、東京都にも申し入れた。すると東急不動産は手の平を返したように話し合いを求めてきた(林田力『東急不動産だまし売り裁判3』Amazon Kindle)。しかし、その協議は不誠実極まりないものであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』Amazon Kindle)。
東急リバブル東急不動産との話し合いに比べればパレスチナ和平会議の方がはるかに友好的であった。協議での東急不動産課長の開き直り「裁判所でもどこでも好きなところに行ってください」通りに東急不動産だまし売り裁判への道を突き進むことになる。東急不動産だまし売りに対する唯一の解決策は東急不動産だまし売り契約の取り消しであった。

【書名】東急不動産だまし売り裁判7/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ナナ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 7
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』
『東急大井町線高架下立ち退き』『裏事件レポート』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DLC2PDE
Amazon.com: The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 7 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00DLC2PDE

渋谷東急プラザの協議失敗
悪徳不動産課長の安堵
だまし売り作戦成功
だまし売り露見
だまし売り作戦失敗
隣地所有者への電話
東急不動産は消費者への回答を後回し
原告の反論
二階住戸も東急不動産だまし売り
東急リバブルの矛盾
回答拒否
一方的な最終回答
東急不動産の隣地所有者宅訪問
東急リバブルの電話
東急不動産の頑迷
悪徳不動産業者の体質
隣地所有者への説明
東急不動産の逆ギレ
情報収集
東急不動産不買運動家
東急不動産被害者の会
報道
提訴の決意
解説






Last updated  2013.06.25 22:51:15
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
東急不動産だまし売りは正気を超えた悪魔の所業であった。東急不動産だまし売りは混乱であった。刻一刻と深みにはまり、何がなんだか分からなくなっていく。しかし、様々な経路から東急リバブル東急不動産の悪質さを示す膨大な情報が手に入った。その根底には住民や消費者を蔑視している東急リバブル東急不動産の存在がある。東急リバブル東急不動産の不誠実は明白である。必然的に何かすべきという気になった。
東急不動産だまし売りは消費者から人間性を奪う。東急不動産だまし売り被害者はしなければならないことをするだけであった。日本社会は悪徳不動産業者やブラック士業に押さえ付けられ、黙らされている。しかし、東急不動産だまし売りを黙って見過ごすことは市民としてあり得ない。東急不動産だまし売りを止める者もいなくなってしまう。
東急不動産だまし売り被害者が行うことは悪を制止することであった。東急リバブル東急不動産が問題物件を売り逃げし、泣き寝入りすることが消費者の義務というような悪徳不動産業者の常識を破壊することが消費者運動に要請されている。これが消費者や住民の権利を自分達のものにすることである。東急リバブル東急不動産不買運動の行方を決するものは東急リバブル東急不動産に対する消費者の意思や声である。

東京都政 感想 林田力 - 読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/b/B00DFJ2D6W
Tokyo Metropolitan Government (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 5 Tokyo Metropolitan Government) eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00DFJ2D6W






Last updated  2013.06.24 20:02:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
『東急不動産だまし売り裁判』は大きな議論を生みだすメディアである。東急不動産だまし売り被害者の意思を声として結集し、東急リバブル東急不動産に抗議する場である。東急リバブル東急不動産の動向を監視し、消費者や住民の権利を訴える機能を果たす。『東急不動産だまし売り裁判』は東急被害者達の命の叫びに連なる共感の磁場であり、東急グループの喉元に突き刺さるトゲになる。
東急リバブル東急不動産にとっては邪魔な存在であっても、東急リバブル東急不動産の事業が消費者や住民によって成り立つ以上は『東急不動産だまし売り裁判』に耳を傾けるべきであり、その声で自己の行動を反省し、転換させていくべきものである。東急不動産だまし売り裁判に疑問を感じない東急不動産にイノベーションを主導することは不可能である。
林田力は東急不動産だまし売り裁判や東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、二子玉川ライズ問題、東急大井町線高架下立ち退き問題、ブラック士業やゼロゼロ物件、脱法ハーブ被害について記事を書いてきた。これらの記事を書くことには研ぎ澄まされたエネルギーが必要である。人間の最も邪悪な側面にタックルすることになるからである。
林田力の意思は心の一番奥に潜んでいた。それは悪徳不動産業者やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋が黒くなれるよりも、ずっと明るかった。林田力は言葉を持つ。林田力は百もの言葉を囁くことができる。千を叫び、さらにもう千を。林田力には物語があった。問題の本質を避け、瑣末なことで本来の問題を隠蔽する東急リバブル東急不動産に対して、議論を起こす闘いで挑んでいる。

Tokyo Metropolitan Government (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 5 Tokyo Metropolitan Government) (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00DFJ2D6W






Last updated  2013.06.23 22:12:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
林田力『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』は東急百貨店が認知症の高齢女性に約1100万円分の婦人服を次々販売した事件を特集する。被害女性は2万円の健康食品まで買わされていた。被害女性の弟が東急百貨店に女性が認知症であることを説明して商品を売らないように依頼したが、東急百貨店は女性への販売を続けた。「じぇじぇじぇ」と叫びたくなるほどの悪質さである。
この悪質さは東急不動産だまし売り裁判と共通する。東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産が隣地建て替えなどの不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした事件である(林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』Amazon Kindle)。引渡し後に真相を知った購入者(林田力)は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づいて売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。
『東急不動産だまし売り裁判』シリーズでは東急リバブル東急不動産だまし売りの経緯から問題発生時の不誠実な対応を描いてきた。『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』では番外編として東急百貨店だまし売り事件をはじめとする様々な論考を収録する。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DJ8FKCI

【書名】東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ロク トウキュウヒャッカテンダマシウリ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 6 TOKYU Department Store Fraud
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』
『東急大井町線高架下立ち退き』『裏事件レポート』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』

東急百貨店が認知症女性にだまし売り
東急百貨店と東急不動産だまし売り裁判
東急百貨店だまし売りはブラック企業
東急百貨店だまし売りと東急不動産調査
東急リバブル東急コミュニティー東急不動産の経営統合
東急不動産は売ったら売りっぱなし
東急不動産の住民無視
CSRに反する東急不動産
東急コミュニティーにプライバシー侵害で賠償命令
東急コミュニティー社員が一級建築士を詐称
東急不動産だまし売り裁判MyNewsJapan報道
東急不動産だまし売り裁判MyNewsJapan記事反響
東急ハンズ過労死裁判MyNewsJapan報道
越中島トラックターミナル建設反対運動
野宿者強制排除抗議声明に賛同
トルコのデモは開発問題が発端
『迷走パズル』セーフティネットの大切さ
『悪女パズル』秀逸なミステリー
『黒い壁の秘密』芝居かかった山岳ミステリー
『だからあんたは不幸やねん』
『ミスターフィギュアのフォット、一息』
『居住福祉』住まいの貧困が荒廃の原因
『日本人が知らない「怖いビジネス」』
『ONE PIECE 70』依存性薬物利用者のゲスさ
『白竜LEGEND 27』オリンパス事件を下敷きに
解説






Last updated  2013.06.23 09:58:31
コメント(0) | コメントを書く

全2104件 (2104件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.