274875 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東急不動産だまし売り裁判

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

東急不買

2019.03.30
XML
カテゴリ:東急不買
林田力『​冤罪​』(Amazon Kindle、2019年3月23日)は冤罪についての記事を集めた書籍である。冤罪の防止は刑事司法にとって尽きぬ問題である。自白強要の日本警察は人権を踏みにじることを容易く容認してしまう。海外の刑事小説やドラマでは警察の取り調べでは弁護士が同席し、刑事が脅しにかかると、その場で弁護士が制している。
本書刊行後に松橋事件の再審で無罪判決が言い渡された。熊本地裁(溝国禎久裁判長)は2019年3月28日、殺人罪などで懲役13年が確定し服役した宮田浩喜さん(85)に無罪判決を言い渡した。再審決定では自白の重要部分が客観的事実と矛盾するとしていた。それを踏まえ、判決は確定判決が有罪の根拠とした自白の信用性を改めて否定した。地裁は検察側証拠の大半を採用しなかった。犯人をでっち上げた警察や検察側の責任は重大である。
冤罪の背景には検察側の証拠隠しがある。宮田さんの自白には「巻き付け布を犯行後に燃やした」とある。ところが、その巻き付け布は1997年に弁護団が検察に求めた証拠開示で見つかった。虚偽の自白であったことが明らかになった(「松橋事件、再審制度に一石 「隠された証拠」が鍵に 28日に地裁判決」西日本新聞2019年3月27日)。
警察や検察が都合の良い証拠のみを提出し、自己に不利益な証拠を提示しない問題はテレビドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』でも取り上げられた。隠蔽する手法は巧妙化している。利益となる事実を説明し、不利益となる事実を説明しない点で東急不動産消費者契約法違反訴訟とも共通する(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。俯瞰的な視点で情報を組み合わせ、連携して判断するためには情報公開の徹底が不可欠である。消費者契約法が消費者にとって「使って当たり前」の存在になったように、被疑者・被告人の人権保障も当たり前にしなければならない。
宮田さんの次男賢浩さん(60)は記者会見で以下のように語る。「警察や検察が責任を問われない今の司法制度を変えない限り冤罪はなくならない」(「「無罪ですよ、無罪…」宮田さんに何度も何度も 松橋事件再審無罪確定」毎日新聞2019年3月28日)
冤罪被害者達は冤罪を招いた捜査当局を批判し、謝罪をしなかった熊本地裁の対応にも不快感を示した(「「謝罪すべきだ」冤罪被害者、地裁対応に不快感 松橋事件再審無罪」西日本新聞2019年3月29日)。布川事件の冤罪被害者の桜井昌司さんは以下のように話す。「同じような仕組みでなぜ、冤罪が繰り返されるのか。そのうえ捜査機関は誰も責任をとらない。取り調べを弁護士立ち会いでするなど、可視化が必要だ」(「「これほど時間かかるとは」 再審無罪判決、司法へ怒り」朝日新聞2019年3月28日)






Last updated  2019.03.30 17:30:49
コメント(0) | コメントを書く


2013.10.27
カテゴリ:東急不買
「都政わいわい勉強会in東部地区:貧困ビジネスを考える」が2013年10月26日、すみだ産業会館(東京都墨田区)で開催された。勉強会はツイキャスで中継し、質問も受け付けた。以下のパネラーが参加した。パネラーは左から座席順に以下のとおりである。
・さとう由美・前東京都議(民主党)
・尾崎大介・東京都議(民主党)
・上田令子・東京都議(みんなの党)
・大島よしえ・東京都議(日本共産党)
・針谷みきお・足立区議(日本共産党)
・田口まゆ・自死遺族NPOセレニティ代表(緑の党)


【中古】 東急不動産だまし売り裁判-こうして勝った /林田力(著者) 【中古】afb






Last updated  2013.10.27 22:18:25
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.17
カテゴリ:東急不買
林田力『​警察不祥事​』(江東住まい研究所)は、警察不祥事や不当逮捕や家宅捜索など警察の捜査権濫用による人権侵害、冤罪などを扱う。警察不祥事が相次いでいる。傲慢と緩みがどうしても抑えられないようである。

愛知県警千種警察署の男性巡査長は列車の中で女性の尻を触る痴漢行為をした。男性巡査長は、2018年7月5日朝、JR尾張一宮駅から名古屋駅に向かう列車で女性の尻を触った。男性巡査長は県の迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されました。男性巡査長は20日付で不起訴処分となった。男性巡査長は26日付で依願退職したが、停職1カ月の懲戒処分を受けた(「警察官が列車で痴漢 愛知県警巡査長に懲戒処分」名古屋テレビ2018年7月26日)。警察官のわいせつ事件が多い。

埼玉県警草加署刑事課巡査​(22)(埼玉県越谷市袋山)が、急死した男性の遺族から約82万円をだまし取るなどしたとして、2018年10月19日に詐欺と詐欺未遂の疑いで逮捕した。


発表では、巡査は9月27日、前日に急死した同県草加市内の男性(82)の長女(48)が死体検案書を持参すると同署に電話した際、「82万円かかります」とうそをつき、署内で現金約82万円を受け取った疑い。さらに10月18日、長女宅に電話し「200万円足りません」などと伝え、現金をだまし取ろうとした疑い(「急死遺族から警官82万詐取「ゲームに使った」」読売新聞2018年10月19日)。






Last updated  2019.03.30 17:29:17
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.06
カテゴリ:東急不買
宅建業法違反で業務停止処分を受けた賃貸仲介不動産業者・グリーンウッド(東京都知事(9)第40352号)への行政処分は市民団体「住まいの貧困に取り組むネットワーク」からの粘り強い申し入れが出発点である。
「住まいの貧困に取り組むネットワーク」は石原慎太郎・東京都知事、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課長、東京都生活文化スポーツ局消費生活部調査担当課長宛てに申し入れし、都庁記者クラブで記者会見も行った。申し入れ書には以下のように記載され、グリーンウッドに様々な問題があると指摘している。
「シンエイ物件を多く仲介している代々木のグリーンウッドについても、事前に内見をさせないなど多くの不当行為が確認されている。」(「(株)シンエイ並びに(株)シンエイエステートに対する指導・是正と賃貸トラブルの対応窓口一元化を求める申し入れ」2009年12月18日)
「住まいの貧困に取り組むネットワーク」ではグリーンウッドの無反省を批判する。「シンエイエステートとグリーンウッド、そしてシンエイがやってきたこと、つまり、借家人の権利を踏みにじり、違法な利益を上げてきた行為について、いまだ、彼らはなんら当事者への謝罪、賠償をしていない」(住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ「シンエイエステートとグリーンウッドに対して東京都が行政処分」2010年6月8日)
業務停止処分期間中はウェブサイト上での物件紹介も禁止される。ところがグリーンウッドは自社ウェブに以下の表示をしたという。
「只今 ホームページ調整中です。物件リストを6月19日には掲載いたしますので、今しばらくお待ち下さい」。これに対して同ネットワークは「ふざけた記載」と怒りを顕わにする(住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ「シンエイエステートとグリーンウッドに対して東京都が行政処分」2010年6月8日)。






Last updated  2019.03.30 17:38:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.24
カテゴリ:東急不買
大手不動産販売業者・東急リバブル株式会社(東京都渋谷区、袖山靖雄社長)錦糸町営業所が不動産仲介で虚偽内容の広告を作成・配布した。問題の広告対象は東京都江東区東陽一丁目にあるマンションの一室の売却を仲介するものである。広告の虚偽内容は以下の通りである。
第一に1LDK+DENの間取りを広告では2LDKと表示し、広く見せようとした。
第二に用途地域は第一種住宅地域と商業地域からなるにも関わらず、広告では第一種住宅地域とのみ表示した。
第三に駐車場料金は月額30000~32000円であるにもかかわらず、広告では月額僅か600円とする。
不動産広告では、実際のものよりも優良又は有利であると誤認されるおそれのある表示をすることは不当表示として禁止されている。現在または将来の環境等について、実際のものより著しく優良、有利であると一般消費者に誤認させるような表示は不当表示にあたる。
東急リバブルの虚偽広告に対しては、公正取引委員会も動き、東急リバブルが加盟する社団法人首都圏不動産公正取引協議会において改善措置を講じさせた(独占禁止法45条3項の規定に基づく公正取引委員会通知書、公取通第497号)。
東急リバブルは上記マンションの新築分譲時の販売代理(売主:東急不動産株式会社)を務めていた。新築分譲時の販売資料には間取りも用途地域も正しく記載しており、正確な情報を把握している筈である。それにもかかわらず売却仲介時には虚偽の広告を作成・配布したところに東急リバブルの悪質さが際立っている。






Last updated  2007.04.24 22:31:09
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.09
カテゴリ:東急不買
ブランズ大宮宮原サンマークスは近隣住民からは激しい反対運動が起きている。反対運動側は「ブランズ大宮宮原サンマークス建設地は墓地であり、呪われる」と主張する。ブランズ大宮宮原サンマークスの売主は東急不動産株式会社、建物売主は三洋ホームズ株式会社、神鋼不動産株式会社である。販売代理は東急リバブル株式会社、三菱地所住宅販売株式会社である。施工は五洋建設株式会社である。地上17階地下1階建179戸の巨大マンションである。
ブランズ大宮宮原サンマークスの評価は低い。先ず立地が不便である。JR東日本の土呂・宮原両方の駅から遠い。埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)加茂宮駅徒歩5分を謳うが、宮原駅、土呂駅からのアクセスを考えると割高と感じる。ニューシャトルメインでの生活は不便である。間取りタイプは少なく、戸数確保に重点を置いたような物件である。収納が少ない。






Last updated  2007.04.09 20:48:02
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.