1309537 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

精神世界の鉄人

PR

Profile


精神世界の鉄人

Archives

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Favorite Blog

トリプル向日葵の日記 トリプル向日葵さん
豆福 ~ミトコンド… 豆福1130さん
2013年10月18日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
友人の白川さんという女性と、久しぶりに再会しました。

以前に、何回か、ブログやメルマガなどでも、紹介したことがあるので、ご存知の方も、多いと思いますが、白川さんは、「国境なき医師団」の看護士として、スリランカ、パキスタン、イエメン、シリアなど、世界中で、活躍されている方です。

特に、去年、ジャーナリストの山本美香さんが、シリアで、亡くなってすぐに、白川さんが、シリアに、派遣されたことから、テレビなどのマスコミにも、取材されたりして、忙しくなったようで、なかなか、会えなかったのですが、仕事が、ちょっと落ちついたようで、私のオフィスに、遊びにきてくれました。




「お久しぶりです! 無事でなによりです!」

開口一番、こう挨拶してから、かなりの長時間、お茶したり、食事しながら、現在の世界情勢などのについて、語り合いました。

白川さんの話で、印象に残った話を、いくつか書きますね。



まず、やはり、戦場では、大変だったそうです。

国境なき医師団は、戦場では、中立の立場なので、国籍などに関わらず、誰でも、治療するそうですが、イエメンで、負傷したテロリストを、治療していたら、政府側の軍隊に、病院を、包囲されて、

「そのテロリストを、こちらに、速やかに引き渡さないと、この病院を、爆撃するぞ!」

などと、脅されたり、凄い話を、たくさん聞きました。



他にも、負傷兵を、いくら治療しても、次々と手に負えない数の負傷兵が、運ばれてくる現実を、目のあたりにして、とても、無力感を感じたことも、話してくれました。

「私が、どんなに治療しても、戦争そのものを、無くさない限り、この現実は、変わらない...」

と何度も、思ったそうです。

それで、看護士をやめて、ジャーナリストに、転職しようと思ったそうですが、いろいろな事情から、それは、やめたそうです。

やはり、自分には、看護の仕事が、合っていることが、わかったそうです。

そうですね。

自分のできる範囲で、自分のできることで、世界平和に、貢献すれば、いいんですよね。

「日本に住んでいると、平和の状態しか、わからないから、平和とは何かが、わからなくなっている人が、多いみたいです。でも、それは、とってもいいことだと思います」

この言葉が、やけに印象に残りました。




白川さんは、子供の頃から、看護士になって、世界中で、たくさんの人を、助けたいという夢を、持っていたそうですが、その夢を、見事に叶えたそうです。

ただ、それまでは、やはり、紆余曲折あったそうです。

もともと、日本でも、看護士の仕事をしていたそうですが、海外で、この仕事をしたいという夢が、どうしても、諦めくれないで、30歳で、オーストラリアに、留学してから、そこで、外国の看護士の資格を獲得したそうです。

「看護士になる人のほとんどは、この仕事で、世界中をまわって、たくさんの人を、助けたいと思っていると思います。でも、実際に、それを、行動に移す人は、とっても少ないです」

こうも言っていました。

さらに、

「どうして、皆、自分の夢を、100%生きないんでしょうか? どうして、70%~80%くらいで、夢の妥協をするんでしょうか?」

という言葉も、印象に残りました。

たしかに、そうですね。

皆、大人になるに従って、子供の頃を夢を、どんどん忘れて、現実的になっていき、それから、不完全燃焼したまま、納得いかずに、後悔するような人生を、生きるんですよね。



白川さんは、7歳くらいで、世界中で活躍する看護士になりたいという夢をもったそうですが、30年後の37歳の時に、「国境なき医師団」に、入って、その夢を実現させたそうです。

就職試験のようなものが、あるそうですが、面接だけの試験だそうです。

参考までに、チェックされる項目は、看護の仕事の場合は、看護力は、もちろんですが、他にも、英語などの語学力、それから、リーダーシップ力、問題解決力などの人間力が、問われるそうです。

意外だったのは、正義感というのは、あまりよくないそうです。

なぜかというと、戦場では、理不尽なことばかりだからとのこと。

矛盾していることや許せないことだらけなので、あまりにも、真面目すぎて、正義感に溢れている人は、仕事にならないのだそうです。

現場では、現実に、目をつぶったり、見ないふりをしたりという大人の対応が、迫られる状況ばかりだそうです。



あと、なによりも、大切なのは、「生き抜く力」だと言っていました。

この言葉が、特に印象に残りました。

日本という平和な国では、幸か不幸か、家庭や学校などで、あまりこの能力を、伸ばそうとしません。

「全ての科目で、完璧になりなさい。なるべく、ミスをしないようにしなさい」

というような、公務員や大企業の社員として、就職するような能力ばかり、鍛えられます。

でも、これからの時代、世界中で活躍するような仕事をする場合は、この「生き抜く力」が、一番大切になってくると思います。

つまり、

「自分は、どこの国や土地で、どんな状況になっても、裸一貫で、生き抜いていく自信がある!」

こう胸を張って言えるような人物が、これからの時代には、必要とされるということです。

白川さんは、まさに、いまどきの日本人には珍しく、生き抜く力を持った、逞しくて、強い女性だと思います。

こういう人が、これからは、日本でも、たくさん登場すると思います。




白川さんは、「国境なき医師団」の試験を受ける時には、仕事もやめて、すべてを無くした状態だったそうです。

でも、その時には、最初から、受かる自信があったそうです。

「私は、ぜったいに受かる。受からないはずはない。だって、私ほど、この仕事に、燃えている人はいない。私を、落とすなんて、そんなことは、ありえない」

こう思っていたそうです。



今、就職試験をしようと思っている学生や転職を考えている方、ここ大事なところですよ。

試験に受かる人と受からない人は、ここが、違うんですよ。

この試験では、必ず、

「あなたを、雇うことで、私たちには、どういったメリットが、ありますか?」

ということを、質問されるそうです。

日本の企業などの面接では、あまり、聞かれない質問かもしれませんね。

「どうして、私が、ここに、入りたいと思ったのか?」

ではないのです。

「私が、入ることによって、あなたたちに、これだけのメリットを、提供できます!」

こう言わなくては、いけないのです。

「私が、この会社が、好きだから、入りたい」

こんな抽象的な子供のような発言では、ダメなのです。

「私が、この会社に、入ったら、あなたたちの会社の売り上げを、確実に、10倍にしてみせませす。なぜならば、私には、凄い営業能力と人脈があるからです。ためしに、3か月、雇ってみませんか? 驚く成績を、上げて見せますよ。もし、できなかったら、すぐに、クビにしてください」

こう言わなくてはいけないのです。

おそらく、白川さんは、面接で、こういう姿勢で、話をしたのだと思います。

こういう熱意は、通じないはずはないのです。

もしも、通じなければ、それが通じない面接官が、ダメなのです。




白川さんは、私のキネシオロジーの個人セッションやセミナーも、クライアントとして、受けたことがあるのですが、ほとんどの人が、

「どうしたら、夢を叶えることが、できるんでしょうか?」

という質問をします。

でも、この日に、白川さんの口から出た質問は、

「トーマさん、私は、すでに、夢を叶えました。ありがとうございました。ところで、夢を叶えた後は、どうすればいいのでしょうか?」

でした。

これは、嬉しい質問です。

なかなか、この質問をする人はいないのですが、クライアントの方から、この質問がでたら、とりあえず、私のセッションやセミナーは、卒業だと思っています。

免許皆伝というやつです。(笑)

「私も、いろいろな夢を叶えた人間ですが、それを終えたら、今度は、若い人たち、つまり、これから、同じ夢を叶えたいと思っている後進の人たちに、夢の叶え方を、教えてあげるんですよ。今度は、夢を叶えるお手伝いの仕事を、やったらいいですよ」

こう言うと、白川さんも、喜んでいました。

「そうですねー。私も、そうなんじゃないかと、思っていました。実は、最近、中学校で、講演を頼まれて、いろいろな話をしたら、中学生たちが、私の話に、目を輝かせて、聴いていました。その姿を見て、とても感激したばかりだったんです。これからは、その方向も、考えてみます!」

こう力強く話してくれました。

白川さんには、ぜひ、その世界中をまわって、鍛えぬいた、「生き抜く力」を、たくさんの若者に、伝授してもらいたいです。(笑)

今から、楽しみですねー。











☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/








以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/










Last updated  2013年10月18日 13時49分27秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.