244107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひなたのにおい

PR

X

カレンダー

バックナンバー

May , 2021
Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021

フリーページ

お気に入りブログ

はみで寝 New! さくらもち市長さん

母の日 .+咲良+.さん

ねこタビばいく ももねこ0528さん
空飛ぶギタリスト 空飛ぶギタリストさん
ねこのしっぽ 猫ママ☆さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Oct 1, 2011
XML
カテゴリ:ココロ

 

この子は・・・

心です

 

だあれ・・・?

 

ココちゃんよ♪

 

我が家に黒猫ちゃんがやってきました。

推定2歳の女の子。
心(ココロ)」と名付けました猫ピンクハート

心は、東日本大震災後、人間がいなくなった
福島県の双葉町で
6月に餓死寸前を保護されました。

保護したのは、アノの保護主である
野良ネコ保護ボランティアのKさん。
震災直後より、福島原発避難区域の動物たちを心配して、
横浜から毎週毎週福島に通い、
突然飼い主を失った犬猫たちの保護、
牛・豚・鶏など家畜の餌やりをしています。

もちろん、保護した子たちの家がわかる場合は
保護した旨の貼り紙をし、
一時帰宅した飼い主さんと連絡を取り合っています。
そのおかげで、生きて保護された子が
飼い主の元に戻れたケースもいくつかあります。


ココロは、保護されたとき、
ガリガリに痩せこけ、毛並みはこげ茶色だったそうです。
何を食べて3ヶ月を生き延びたのか、
下痢便には生米が混じっていたそうです。
そして、Kさん宅でケアしているうちに、
ビロードのようにツヤツヤの真っ黒な黒猫になり、
Kさんも「あら、あんた黒猫だったの?」と驚いたそうです。

Kさんたちは、保護した子を現地で除染と線量測定し、
そしてちゃんと獣医師のチェックを受けて、
わかる範囲で飼い主さんにも連絡して
新たに里親を探す活動をされています。
涙ながらに最愛の犬を託してきたおじいさんもいたそうです。
でも相当な数の動物たちが、最初の1ヶ月で餓死してしまいました。

ココロは生命力のある子だったのでしょう。
自力で生き延びました。

アノがつないでくれた縁だと思います。
Kさんも、とても喜んで下さいました。

 

つぐどんは・・・

受け入れないつぐどん

アノが亡くなったことを理解しているかどうか・・・。

ココちゃんにはたいそうご立腹で、
フーシャームカッガウガウいなずま言いっぱなしだったけど、
数日であまりフーシャー言わなくなり、
おとといの夜はとうとう一緒に鬼ごっこダッシュオーケー
2週間のトライアルを経て、

ココちゃんは、うちの子だよひよこ赤ハート

 

 







最終更新日  Oct 1, 2011 11:56:50 AM
コメント(19) | コメントを書く
[ココロ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.