愛媛県議会議員 本宮いさむ 活動日記

2020.09.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
獣医学部新設の真相(NO1)2017.7.18産経新聞より転載
日本獣医師会、学部阻止に奔走
「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました」
 平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂は、衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは、元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。石破の言葉に、北村は安堵の表情を浮かべながも「まだまだ油断できないぞ」と自分に言い聞かせた。
 石破の言った「文言」とは、会談に先立つ6月30日、安倍晋三内閣が閣議決定した「日本再興戟略」に盛り込まれた獣医学部新設に関わる4条件を指す。
 具体的には①現在の提案主体による既存の獣医師養成でない構想が具体化②ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らか③既存の大学・学部では対応が困難な場合④近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討ーーの4つ。要するに、新たな仕野のニーズがある▽既存の大学で対応できない▽教授陣·施設が充実している▽獣医師の需給バランスに悪影響を与えない——という内容だ。
 このいわゆる「石破4条件」により獣医学部新設は極めて困難となった。獣医師の質の低下などを理由に獣医学部新設に猛反対してきた獣医師会にとっては「満額回答」だといえる。北村は獣医師会の会議で「(4条件という)大きな壁を作ってもらった」と胸を張った。






最終更新日  2020.09.08 09:25:55
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

© Rakuten Group, Inc.