305136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mamaが一眼レフを手にしたら・・・第2部

2011/08/19
XML
カテゴリ:その他のお話♪

前回はベクレル(数)の話から、eV(エネルギー)のお話まで書きました。
書いていること、わかってもらえるかなぁ?なんて思いつつ、その先の話をもう少し書いてみたいと思います。

いろんな単位の事が何となぁくわかってくると、今話題の、食品で検査して出てくる○ベクレル検出とかの話題が気になります。

で、気がつくこと。。。
ねぇ?ひょっとしてその食べ物で検出されているのは、セシウムだけなんじゃない?他の放射線物質は検出されていないの??
という疑問・・・

よくよくニュースを読んでみると、最近の牛さんのなんかは、確かに「放射性セシウムが」という主語がついている!!
ひょっとしてひょっとして、これって放射性物質によって、危ないと一応国が規制しているベクレル数って、違うのかも???って思いませんか?
すでに、知っている??
(^^;気がつかなかったのはあたしだけ??(滝汗)

お米も最近、食べられるものかどうかを計っているのってセシウムだけなんじゃない?
本当にコレだけを調べれば、食べられるものって思っていいの?という疑問符が湧き上がってきませんか??

そうなんです。数のベクレル数が一緒でも、放射線物質が違えば危険度は違うんです。
たとえば、水道水の暫定基準値ですら、こんな感じ

●ヨウ素131・・・1キロあたり300ベクレル〈乳児は100ベクレル〉 300Bq/kg

●セシウム・・・1キロあたり放射性セシウムは200ベクレル 200Bq/kg

●プルトニウムを含む超ウラン元素・・・1キロあたり1ベクレル 1Bq/kg

ねっ? 数値が違うでしょ?
それだけのベクレル(線の数)が発射されても、大丈夫だよーって(大丈夫なわけないんだけど・・・・)国が言っている数が放射線物質ごと違うんです。

逆に言うと、数字が小さいから大丈夫だわなんて安易に思うと、痛い目にあうわけです。
必ずどんな放射性物質が(どのくらいのエネルギーを持っているやつが)▲ベクレルなのかを見ておかないと、一概に安心とか、危ないとか・・・数字が減ったから大丈夫かも?とか勝手に思い込むわけには行かないんですね。

必ず、同じ放射性物質同士で、ベクレル数は比較しましょう!!

そして、ニュースはあくまでも国が大丈夫だろうと暫定的に決めた基準をあたかも免罪符のように、安心できる数字としてそれ以下の数字を言わないで、大丈夫だ宣言しちゃっていたりするので・・・・

よくよく注意してその辺りを見ないとだめなんです。
あとね、よく検出されませんでした・・・とかNDって書かれているでしょ?あれは、その検査した場所の空間線量と混じっちゃって、それだけを検出する事が出来ない=検出限界値以下って事なので、まったく無い≠0ですから、そこのところも要注意です。

あくまで、暫定基準値なんてやつは、緊急時は仕方なくこの位体内に入っても、餓死したり栄養不足になったり、はたまた食べ物の取り合いとかで暴動になるよりはリスクとしてはましでしょう。というほかのリスクと天秤にかけて決めた値。

これはベクレル数で出ている体内被曝ではなく、外部被曝で出てきている現在の空間放射線量もしかりで、原発事故が起こって直ぐの頃、パニック起こして逃げ出して怪我したり、経済で損をするのとかと天秤にかけて決めたものだってことを、よくよく理解してください。

今、福島県の皆さんのことを心配している声は、空間放射線量が人の住める数値なのか?ってことで、暫定基準でとどまっていいと言っている値は、あまりにも人の住める値じゃないんじゃないか?っていう疑問のもと、避難したほうがいいと言う方が多いという現状なわけです。もちろん、避難を考えると、下記に記すように、自分の生活との天秤にかけての判断になるので、中々そうできない閉塞感に襲われるのも、身をもって感じています。

そして、ホットスポットと騒がれている関東も・・・まだらに放射線量が高い数箇所の地域もその疑問のもと、下がるのを待っていていいのか?避難したほうがいいのか??という話しになるわけです。

トマトは、葛飾区にとどまって生活していますが、それはやはり、放射線量の多さを逃げ出さなきゃ子供は死んでしまう!!という値か?という問いに、いろんなほかのリスクと天秤にかけて(たとえば、家族全員で逃げ出せば、収入は絶たれ、それでも家のローンが残り、到底生活が成り立たない。破産請求をして、原発被害者だと主張したとしても、都内じゃそれはあまりにもリスクを過大に勝手に評価したからでしょう。そこまでは責任もてないよといわれかねず、結果、生活保護を受け・・・なんて生活になりかねないわけですよね)、逃げ出すのではなく、どうにかして除線を進められないか?空間線量を減らす努力をすれば、結果放射線のリスクを軽減でき、食べ物からの内部被曝に注意をしていけば、人がまぁ、なんとか生活していけるレベルなんじゃないかなと判断したわけです。

おそらく、原発の近くにとどまっていらっしゃる方も、同じようにいろいろ考えて、今の決断をされているんですよね。

自分も含めて、その決断は、本当に後悔しないか?それしか道が無いのか?を常に情報に目を通し、敏感に機を逃さないようにしていかないとと思っているのです。

 

ちょっと話題がそれてしまいましたが、今日のまとめは、ベクレル数にだまされないってことですね。

何となく、関連性がわかってもらえたなら、がんばって書いてみた甲斐もあるってもんです。
ってことで、今日はここまで。

 

追伸*放射線の専門家の皆様、物理に精通されていらっしゃる方、もし、コレは間違ってるぞ!!というところがあったら、どうかコメントで訂正をお願いいたします。

なんとなく、がんばってるなぁと応援していただけるのでしたら・・・
そして、なるほどねっって思っていただける方がいらっしゃったなら・・・・
ポチっとクリックしていただけると励みになります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2011/08/20 01:06:27 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

サイド自由欄

第二部を始める事にしました。

子育てはしているけれど、もう、少年に大きく成長した怪獣タータンの話題は少ないかもしれません。もう能天気で楽しいだけの子育てが出来る世の中ではなくなったと思っています。

政治的な事、放射能汚染の事、地震の事等の難しい事も書いていきます。
そういったものを見たくない方はどうぞスルーしてください。

また、そういった話題だけのブログにするつもりもありません。
3,11以降、それらの事がメインを占めるような日々を送り、子育てそのものもずいぶん変わりましたが、たまに子育ての事も盛り込みつつも、趣味の話もポツポツ入れて行こうと思っています。

トマトの人生の中で終活という言葉が10年後なのか20年後なのかはわかりませんが、そろそろそういったものも意識し、人生の後半を迎えたと感じています。
折り返し地点を回りきった感が有ります。

だから・・・残りの自分の時間を意識し始めました。

やりたい事もやらなきゃやれずに終わってしまう人生になりそうな気がして、
自分の好きな事にも没頭する時間を、子育てもだいぶ手が離れた今だからこそ
少しの時間、思う存分やってみようと思い始めています。

実際は、生活に追われてドタバタしてるし、やりたい事よりもやらなきゃならない事の方が多い毎日だけど、そして、そんな悠長なことを言っていられないかもしれないけれど…

それでも、それだけで突っ走ってしまわないように、自分時間を大切に出来るように、ブログを再開して、確認していこうと思っています。

なので、あくまでも本当に、ただの日記を晒しているだけになるかもしれません。
それでも、まぁ、そんなブログがあってもいいかな?と(笑)開き直っています。


カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 takayama@ Re:ひび割れ アンティーク を レジンで作ろう!!(10/14) 突然のコメント失礼いたします。 クラッキ…
 Zippoが好きなトマトママ♪@ 戸塚 悠子さんへ 戸塚 悠子さん こんにちは!! 参加…
 戸塚 悠子@ 交流会参加 トマトママさんこの度はありがとうござい…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.