TOMITのくいだおれ

Freepage List

2008.05.15
XML
カテゴリ:和食
いつも拝見しているブログ「しぶ爺の美味しいものはどこにある」で紹介されていたきんぎょ(港区芝大門2-8-4 芝大門武屋ビル1F 03-3433-7567)を訪ねてみた。アジアトリップカフェの跡地にオープンしたのがこのきんぎょ。内装はシックな感じに変わり、カウンターとテーブル席で20席程度。

ランチメニューは1000円未満のそばやうどんのメニューときんぎょランチ(1300円)がある。私はこのきんぎょランチをオーダーしてみた。

しばらく待って出てきたそのきんぎょランチは
・お造り(少量だが、質はこの価格にしては上出来)
・胡麻豆腐(胡麻豆腐はなかなか美味しい。醤油ベースの葛あんが敷いてあるのだが、ちょっとカルキっぽい匂いが残っている気がしたのが残念だった。)
・キャベツのサラダ(極細に千切りされたキャベツのサラダ、丁寧な仕事)
・キャベツとキノコと鶏肉の煮物(これが美味しい。おばんさい風なのだが、上品な出汁で良い出来)
・揚げたての天ぷら(海老2尾、カボチャ 衣が極めて薄く、海老はレアに揚げてある。表面に油が光っているように見えて、胸焼けするかと思ったが、衣が薄いためそのように見えただけかもしれない。食べれば上出来な天ぷらだった。この界隈では一番玄人っぽい天ぷらだ。天つゆもしっかりしている。)
・ご飯(このご飯が極めて旨い。この界隈では図抜けたご飯の美味しさ。お代わりもOK)
・味噌汁(米麹の味噌を使った味噌汁は、まるで粕汁のような甘みで癖になる美味しさ)
・香の物(これも美味しい)、梅干(これも良い)

こちらの料理人は天ぷらのつじ村出身なのだそうだ。天ぷらも悪くはないが、それよりも、おばんさい風の煮物とご飯、味噌汁が良かった。こういう基本的なものが美味しい店は良い。香の物の質も高く、真面目に料理に取り組んでいる姿勢が伺え好感が持てる。ただ、これだけちゃんと料理しているのに、なぜ胡麻豆腐の葛あんがカルキっぽかったのかは不明。

厨房に2名、フロア2名(おそらく1名の男性は厨房も兼ねていると思われる)の体制は、コストを考えるとこの規模にしてはかなり重装備だと思うが、是非とも頑張って欲しい。なかなか良い店で好感が持てた。

レストラン・飲食店blogランキングへ!
料理・グルメブログランキングへ!






Last updated  2008.05.15 23:50:08
コメント(2) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


TOMIT

Category

Favorite Blog

《お部屋がゆったり… New! 四方よし通信さん

2008年シャトー・ド… New! hirozeauxさん

30余年前の東コレ Nobuyuki Otaさん

東京食べ歩き日記 悲情城市さん
五感食堂 覚王さん

Comments

 新型コロナウイルスの影響による飲食店倒産防止対策を求めます@ Re:【浅草】メヒコでランチ【浅草】グロワグロワの持ち帰り(05/09) 新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食…
 マユミ@ Re:【浅草】天ぷら福岡でランチ【浅草】舎利処じゅうしちで夕食(09/29) 天ぷら福岡の方は、確かレストラン日本で…
 山田 良太@ お仕事依頼 初めまして。 飲食店PRコンサルタントの山…

Archives


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.