TOMITのくいだおれ

Freepage List

2016.02.07
XML
カテゴリ:和食
わんこそばを食べたいとLucyが言うので、初めてわんこそば大娯(台東区浅草2-10-5 03-6802-8011)を家族で利用した。かなりの人気らしく、当日予約は出来たものの、17時半からだったらとのことだったので、その時間で利用した。

私と娘Lucyはわんこそばにして、妻はわんこそばではなく、アラカルトにした。わんこそばは、2980円(税別)、小中学生は1490円(税別)。ドリンクを飲む余裕があるかわからなかったが、私は、そば焼酎のそば茶割り(500円)をオーダー(実際には飲む余裕が全くなかった)、妻はウーロン茶(300円)とそば屋のサラダ ハーフサイズ(500円)、国産牛すじと大根の塩煮(700円)、そばがきの揚げだし(680円)。

さて、わんこそばだが、薬味都、お椀、つまみのセット(海老天 茄子天(天ぷらは結構美味しく、海老はレアに揚がっていた)、明太子、玉子焼き、板わさ、大根おろし、昆布巻き、漬物の盛り合わせ)が運ばれてくる。そして、17時半からわんこそばがスタートした。

かけごえと共にどんどんお椀に出汁と蕎麦が入れられる。休憩禁止で1分以上待つと休憩とみなされ記録はゼロに戻るとかルールがあるのだそうだ。そばは結構美味しいのだが、ともかく苦しい。15杯でせいろ1枚程度のボリュームと言うので50杯程度までは問題なく食べられるのだが、70杯を過ぎたあたりからかなりつらくなって私は結局85杯でギブアップ。せっかくの酒もほとんど飲めずに、もう動けない状態。娘はかなり健闘して、50杯も食べた。

どうしても味わいが単調になるので、つらいのだが、妻がオーダーした国産牛すじと大根の塩煮(700円)やそばがきの揚げだし(680円)を味見することはできるから不思議だ。牛すじと大根の煮込みはかなり美味しいし、そばがきの揚げだしはナイスアイデアでしかも旨い。揚げそばも美味しく、実は結構つまみのレベルが高い。掘り炬燵ではないので、態勢的にもかなりつらくて、わんこそばは、もういいが、このつまみは結構魅力的と思えるレベルだった。

わんこそば大娯で食事を終えたのが19時前だったので、これならまだ間に合うとお腹いっぱいの腹をかかえながら浅草浪花家(台東区浅草2-12-4 03-3842-0988)に向かった。この寒い中、かき氷を食べるフリークたちがかき氷を食べていたが、並ぶほどではなく、席に着けた。Lucyがいつもの宇治ミルクを妻とシェアで、私もいつもの宇治金時ミルク。寒い中、食べるかき氷は、氷の状態が安定していてとっても美味いのだが、それにしてもお腹いっぱいだ。たい焼の持ち帰りも久しぶりに購入。

食べログ グルメブログランキング

Giltへようこそ
B4Fへようこそ






Last updated  2016.02.07 22:18:28
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


TOMIT

Category

Favorite Blog

《あえてマグロを握… New! 四方よし通信さん

エマニュエル・レイ… hirozeauxさん

大恐慌後の復興政策 Nobuyuki Otaさん

東京食べ歩き日記 悲情城市さん
五感食堂 覚王さん

Comments

 マユミ@ Re:【浅草】天ぷら福岡でランチ【浅草】舎利処じゅうしちで夕食(09/29) 天ぷら福岡の方は、確かレストラン日本で…
 山田 良太@ お仕事依頼 初めまして。 飲食店PRコンサルタントの山…
 TOMIT@ Re[1]:食べログのアルゴリズム変更について(05/21) ちゅんしんさんへ 蕎麦は百名店が発表さ…

Archives


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.