12210336 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

武田つとむファイナンシャルプランナー事務所 岩手 盛岡駅前

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

2007/04/12
XML
カテゴリ:総合

講師は羊の皮を被ったオオカミ・・、気を付けて。

 

 

ファイナンシャル・プランナー(FP)なんて
名乗ったら、だいたい金融機関の人なんですが、
そのFPが所属先の金融機関主催のセミナーで
講師をしたら・・、当然
警戒して、割り引いて話を聞きますよね。


     私の目から見て・・、銀行・証券・保険会社が
     提供している金融商品には、消費者にオススメ
     できないモノが少なからず・・あります。

     

ところが、所属先は伏せて・・FPを前面に
発言すると、消費者はすなおに聞いてしまうかも・・。

そんな状況が、我が岩手県ではできてきています。
全国的にも・・同様だと思いますが・・

 

中立の立場での情報発信・・という意味で
利用されているのが・・、
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会です。
日本FP協会所属のFPの発言・・は、中立・公正
・・という扱いになるようです。  (1枚目の羊の皮

だいたいが銀行・証券・保険会社に所属する
FPなんですが、所属先を伏せて新聞に登場しています。
協会会員と同時に所属先をも明示するべきです

地元新聞の岩手日報は、問題ないとしています。
私は所属先を明らかにするよう申し入れましたが
 ・FP協会だから、中立・公正
 ・特定の金融商品を勧めていない 

         ・・ので、問題ないそうです。

金融機関にとっては、ありがたいですよね。
コストをかけずに記事にしてもらえて、
消費者を「投資」へ誘導できますから・・。
受け皿になる現実の金融商品が問題・・なんですが

 

この4月から・・今度は・・、
消費者のための機関である県民生活センター
日本FP協会岩手支部(金融機関の人たち)とが、
共催で「くらしとお金のセミナー&相談会」
参加無料で・・毎月一回開催されるようです。

金融機関がやりたいことが、消費者サイドの機関で
どうどうと開催できます。 (2枚目の羊の皮

切り口:悪質な投資話等による被害の未然防止
誘導先:賢い資産運用をアドバイス

   ・・で、期待する「落としどころ」は、
   各金融機関で相談して・・賢く(?)
   金融商品を買いましょう・・に。


しかし・・、
県民生活センターの方も、FP協会だから中立・公正
と、考えたんでしょうか?

法に触れる悪質業者などは問題外ですが、
法に触れない金融機関の金融商品には・・、
消費者が損を被るモノが少なからずありますよ。

   私が「暮らしの相談センター」でFP相談員を
   していた当時は、むしろ・・一般の金融機関
   によって不利益を被っているケースが
   多かったですよ~。


あいかわらず・・、岩手日報はこの記事を掲載して、
金融機関をバックアップしています。

さらに・・今日から新連載記事が始まっています。
「くらしとお金の講座」
儲け話でだまされないための視点・・として、
1 儲けの仕組みに経済合理性がある?
2 預金保険制度などお金が守られる仕組みがある?
3 法令や倫理に違反し誰かを泣かせて利益を?

 


悪徳商法では・・、いきなり火傷をして気付きます。

金融機関の商品では・・、損をしていても
しばらくの間
あるいは最後まで)・・気付きません。
  (これを私は、ゆでガエル・・と言っています

 

 


《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。

 


《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。







最終更新日  2007/04/12 02:48:32 PM


キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.