11697494 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

武田つとむファイナンシャルプランナー事務所 岩手 盛岡駅前

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

2019/11/13
XML
カテゴリ:年金
70歳まで繰り下げする人は
いるのですか?
   ※70歳まで目いっぱい繰り下げ受給
    した方が、お得な人は・・
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

​発見したばかりのQA記事を取り上げて、

コメントしています。


Q
老齢厚生年金(基礎+厚生(比例報酬部分))の
同時に70歳まで繰り下げする人はいるのですか?
   ※繰り下げ受給した方が、
    確実にお得な人は・・どうでしょうか?

    なんとも言えません。


​A​

生活費に余裕の有る年金年額100万円程度の
専業主婦にお勧めですね。

5年の繰下げで42%増えますが、
公的年金控除+基礎控除で158万円までは課税
されません。

住民税も153万円まで非課税、国保も最安ですね。

夫亡き後も、
自分の基礎年金を増やして置けば安泰ですね。

賢い主婦が多いかどうかは、判りませんけどね。
   ※はい、私もそう思っていた時期が
    ありましたが、

    色々な夫婦の生活設計のお手伝いで
    キャッシュフロー表を作っていると、
    最近では・・
    そうとも言い切れないと思っています。

    専業主婦だということは、
    夫の収入で家族が生活できている
    ということですが、

    夫婦共に普通な年金受取りをすれば、
    夫婦2人期の老後は高額な年金受給。
    夫死亡後の妻1人期も多額の遺族年金で
    1人の老人にしてはやはり高額な年金受給。
    ( 専業主婦の妻が困ることは無い )

    妻のみが70歳まで繰り下げ受給すれば、
    ( 妻70歳までの )
    夫婦2人期の年金額はその分減少します。
    夫死亡後の妻1人期の年金額は多額になります。

    色々な夫婦のキャッシュフロー表を
    作っていて・・
    結局、どちらがお得か?
    明確な違いは無いように感じています。

    年金に関してお得か?損か?・・は、
    本人が平均余命以上に生きるか?
    早死にしてしまうか? 
    ・・にかかっている、
    つまり、本人の運次第なのでは?





あんまり細かい事には
こだわらない方がいいかもだべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/13 12:28:39 PM

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.