11722289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

武田つとむファイナンシャルプランナー事務所 岩手 盛岡駅前

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

2019/11/13
XML
カテゴリ:生命保険
危ない状況!・・です。
​​​​​​​   ※細かいことは気にしない夫婦?
    のように見えるが、大丈夫かぁ?
     
自分の頭で考える生活設計。




〇メール顧問会員のNさん(40代)​​
​​   (相談:マイホーム建築)

2019.7.16 メール顧問会員申し込み。
2019.8.6 新規メール顧問会員。

​​
現状診断へ向けて・・
​​​​   ※提出されたヒアリングシートの
    整理整頓作業、今日から始めました。
    明日には「再ヒアリング」として送ります。

    40代夫婦です。子2人(中学生 小学生)。
    夫は年収585万円の会社員で、
    妻は専業主婦です。

    最大関心事は、古い自宅の建て替えです。

    提出されたヒアリングシートで、
    加入生命保険を見てみたら・・

    妻はまったく加入していません。
    専業主婦ですから、OK・・ですが、

    夫の保険は2本で・・
    一つは火災保険で、もう一本が全労済の
    共済保険で、掛け金は月500円です。

    月500円ということは、明らかに
    生命保険ではなく、損害賠償とかの
    共済保険かなと思われます。

    当事務所の顧問会員実例では、
    夫婦共に生命保険は不要!
    というケースがよくあるんですが、
    Nさんの家族状況だと、
    夫には明らかに死亡保障が必要だと
    いうことが、想像されます。
    ( これから現状診断で検証しますが )

    なのに、まったく加入していません。
    夫に万が一があったら どうするの?
    ・・という状況です。

    いつも「できるだけ保険には入るな」と
    私は異っていますが、Nさんのケースの
    大黒柱の死亡保障は、まったく別です。

    保険加入はお金を失うことです。
    保険料は失うお金です。
    それでもなお、保険に頼らざるを得ない、
    ・・こともあります。

    お金を失うことを覚悟の上で、
    加入せざるを得ないかもしれないのは、
    1 火災保険
    2 自動車保険
    3 収入保障保険( 死亡保障 )
    この3つだけです。
    これ以外の保険加入は、ただひたすら
    お金をたれ流す、不経済な行為に過ぎない。

    夫の死亡保障必要額、
    もし、まったlく見当がつかない場合は、
    収入保障保険( 保障総額:2000万円 )に、
    「とりあえず加入」・・しておきましょう。

    保険屋は特約を付けたがりますが、
    それこそお金たれ流しの元凶です。
    いっさい特約無しの収入保障保険 本体のみで、
    保険料は、月3000円代で済むと思います。

    夫の死亡保障必要額の検証は、
    まず、現状診断で行ない、
    次に、マイホーム取得シミュレーション
    で行ないます。






妻は専業主婦で 夫は死亡保障無し!
・・あり得ないべ。
・・っと。

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。


誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて18年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へfpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/13 04:18:46 PM

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.