12046357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

武田つとむファイナンシャルプランナー事務所 岩手 盛岡駅前

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

2019/12/09
XML
カテゴリ:生命保険
満期まで継続します。
​   ※了解しました。

自分の頭で考える生活設計。




〇メール顧問会員​​のUさん(50代)​​

​​​   (相談:ライフプランニング)​


2019.10.23 新規メール顧問会員。
2018.12.2 現状診断。


メールをいただきました。


武田先生
こんにちは。メール顧問のUです。

お宝保険についてご意見ありがとうございました。

週末に夫の仕事が入ってしまったので、
継続する事由をまとめてもらうことができなかった
のですが、以下のデータだけは送ってもらいました。

夫によりますと、
特約部分のみを解約して満期まで継続する。

そうすると、夫が死亡したときに、妻もしくは子に
240万の保険がもらえるとのことです。

これから支払う額よりもらえる額が多くなる。
今やめると240万がもらえない。

それを加味すると継続したほうがお得だ、
ということだそうです。
​   ※了解しました。

一度私の方から保険会社にも確認してみようと
思っています。
​   ※私のコメントはすでに終えています。

    それも、強制するものではなく、
    ( 考える参考にしてもらえばいい )
    最終的にはご本人が判断することです。



夫婦の年金受給のかたちを
知っておきましょう。

​   ※Uさんの現状診断結果の資料を参考に、
    読者の皆さんも知っておきましょう。

    夫婦共稼ぎだと、以下のようになります。



​   ※この年金額は、税や社会保険料を引いた
    手取額りです。

    一般的には、このように3段階で受給します。
    ( 夫婦が同年齢なら、2段階 )

    1 夫のみの年金:251万円( 21万円/月 )
    2 夫婦合計の年金:379万円( 32万円/月 )
    3 妻1人期の年金:195万円( 16万円/月 )

    U家の年金受給額は、平均をはるかに上回る金額
    なので、キャッシュフローグラフを見ても
    老後の貯蓄残高が減りません。
    ( むしろ 老後でも増えていく )
    
    それで生活できるレベルの年金額だという
    ことです。

    よく言われる、老後資金は2000万円必要とか、
    3000万円必要とかの議論は、人それぞれで、
    U家の場合は仮に老後資金ゼロでも
    何の問題も無いケースです。

    現役中に夫婦共に厚生年金にしっかり加入
    して働いていた場合は、
    このような安心できる年金受給額になります。

    現役中の働き方次第で老後も決まってきます。

    老後資金はいくら必要か?・・なんて、
    ( 人によって全く違うのだから )
    意味のない議論をしていないで、
    自分の生活設計をやってみましょう。

    自分の年金について確認しましょう。
    キャッシュフロー表を作ってみましょう。
    ( 顧問会員の記事を参考に・・ )




U家の現状診断の結果です。
2019.12.2

​    キャッシュフローグラフ
    ( 1年ごとの貯蓄残高の推移 )​




​​​​​​​​​​​​​​   ※その根拠になるキャッシュフロー表です。
    左が現役、右が老後。



​​​​​​​​​​​​​​   ※読者の皆さんも、マネをして作ってみよう。
    一生の見通しが分かってしまいます。


​​​​​​​​​​​​​​   ※現役の拡大です。



​​​​​​​​​​​​​​   ※老後の拡大です。



​​​​​​​​​​​​​​   ※Uさん夫妻の死亡保障必要額の推移です。
    将来を含めて、夫婦共に死亡保障は不要です。




​​​​​​​​​​​​​​   ※死亡保障はまったく不要なのに、
    夫婦で生命保険に6本も加入しています。
    継続すれば、総額で約1300万円も払います。


​​​​​​​​​​​​​​   ※ガン保険加入も、お金がもったいない。
    ガン保険の保険料総額は468万円です。

    これだけあれば、何度でもガンになれます。






君、自分の頭で考えてるか?

【 業務日記:行列のできるFP事務所 】

タイトル末尾に★印がある記事で、
顧問会員の状況確認ができます。

​​​

1
 メール顧問会員のKさん(30代)
​​​2019.11.7 新規メール顧問会員。


​​11/17(日)ヒアリングシート 提出。
11/22(金)「再ヒアリング」送付。
11/28(木)「再ヒアリング」回答戻る。

12/5(木)より、現状診断 資料作成 開始!
終了予定は 12/10(火)です。

お楽しみに・・。

​​
2 メール顧問会員のIさん(40代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。



10/23(水)、ヒアリングシート送付。
12.4(水) ヒアリングシート届く。

12/9(月)提出資料が届く。


​​※ メール顧問会員のKさん(40代)
​​​2019.5.22 新規メール顧問会員。
2019.7.16 現状診断


8/23(金)、生活設計依頼 着。

8/26(月)の記事にしています。

その感想と再度の生活設計依頼待ち
・・の状況です。 連絡を待っています。

​​​​​​​​​
※メール顧問会員のKさん(50代)
​​​2019.2.22 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。
・・どうなっていますかぁ~~?

頑張って、早めに返信しましょう! 

ヒアリングシート、書けるだけ書いたら、
(空欄があったりしてもいいから)
もう・・提出してしまおう!

こっちで、何とかしてやる!
時間がもったいないぞ。





だいぶ、行列に人がいなく
なってきたべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/12/09 05:50:09 PM


キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.