12038576 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

武田つとむファイナンシャルプランナー事務所 岩手 盛岡駅前

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

住宅ローン

2020/01/15
XML
カテゴリ:住宅ローン
繰上げ返済出来るから、
取り敢えず35年にしてるのですか?
   ※「繰上返済できるから」ではなく、
    「繰上返済するために」なんですよ。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

発見したばかりの​​Q&A記事を取り上げて、

​​コメントしています。


Q
マイホームについて!

35年ローンの洗脳されてる人がまわりに多いのですが
   ※住宅ローンの返済が楽なように見せる
    ことができれば、
    客も契約する可能性が高まります。

    当然、売る側の作戦です。
    彼らは売るのが仕事ですから当然のこと。

    それを知った上で、話を聞きましょう。

35年完済まで安定してるとは思えなく
踏み切れません。
   ※35年返済の金額なら なんとか払って
    いけそう・・というレベルなら、
    絶対に買ってはいけません。

    それは、あなたには まったく無理な
    物件だということです。

繰上げ返済出来るから、皆さんは
早期返済する予定で取り敢えず35年にしてるのですか?
​   ※いや、大部分の人たちは、
    ろくに考えることもなく、
    業界の勧める通りの行動をしています。

    自分たちが払っていける本当のレベルを
    確認するには、
    35年返済で一応 何とかやっていけそう
    という返済金額ではなく、
    20年又は25年返済で何とかやっていけそう
    という返済金額
    ・・の物件かどうか?を、見しましょう。

    で、あえて言います。
    住宅ローンは、35年返済で借りましょう。

    何とか払っていけそうだからといっても、
    20年や25年返済で借りてはいけない。

    生活設計的な視点からは・・
    20年又は25年返済で何とか払って
    いけそうな物件を、あえて、
    35年返済の住宅ローンで買いましょう。

    余裕がある返済額になることで、
    1 返済額が少ないことでリスクが低減。
    2 返済しながら貯蓄、繰上返済の原資に。
    という2つの効果が得られます。

    安全に貯蓄をして繰上返済を繰り返す
    ことが可能で、20年足らずで完済!
    などということが可能になります。

    生活設計的な視点からは、これが理想。

    住宅ローンは長く借りて、短く返そう!


A

わたしも、35年ローンは恐ろしいと感じてしまいます。

質問者様の言う通り、
35年安定した収入を確保できる人は限られているのに対して、
途中で不安定になる人のほうが、圧倒的に多いと思います。

家売りたさに35年の縛りは、少々酷な話しではないか?

生活スタイルに合わせて、賃貸のほうが賢い選択だと思います。

それでも、マイホームが持ちたいという夢があるなら、
頭金はある程度確保して、無理のない返済、
現実的な返済計画で購入を検討したほうがよいと思います。


Q

やはり消費増税等、予期せぬ出費が増えて
支払い返済に対して危機がありますよね。

35年先は、消費税も10%キープとは思ってませんので
不動産屋に、それを言うと赤面にして態度を買えます。

売りたくて仕方ないんでしょうね。

やつらは、銀行に貸させて自分らは先取りで
銀行から資金を得れるのですから。

   ※はい、35年返済でカツカツ、何とか
    やっていけそう・・と感じるなら、
    それは、あなたにとって、
    とんでもない ハイレベルな危険な物件
    だということです。

    20年・25年返済でなんとかやっていける、
    そういう物件の中で購入を検討しましょう。

    35年返済で提案してもらったら、必ず
    「20年返済ならいくらになりますか?」
    と、リクエストしましょう。

    その金額が、とんでもないと感じるなら、
    買ってはいけない、契約してはいけない。
    ( 当り前 )

    人生最大の買い物です。

    背伸びしてしまうと、
    人生そのものが崩壊してしまいます。

    しっかり、生活設計の意識を持とう。





35年返済にした方がいいけど、
まず、20年返済で考えてみるべ。
・・っと。​


 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2020/01/15 12:46:19 PM


2019/12/03
カテゴリ:住宅ローン
通りやすいなんて、
あるんでしょうか?
   ※おバカさんです。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

発見したばかりの​​Q&A記事を取り上げて、

​コメントしています。  


Q
「住宅ローンに強い」と言うキャッチコピーの
不動産会社を見かけますが、
どういう理由なのでしょうか。

不動産会社によって銀行などのローンが通りにくい、
通りやすいがあるのですか?
   ※住宅ローンの審査が通るかどうかは、
    当たり前の事ですが、本人の条件次第です。

    文字通り、自分のビジネスにつなげる
    ための、業者のキャッチコピーです。

    どこの金融機関でも、まともな条件の客向けと、
    条件の厳しい客向けの住宅ローンが
    用意されています。

    そこには、条件の差がついています。
    当然、条件が厳しい人向けのローンは、
    金利が高かったり、諸費用が高かったり、
    します。

    こんなものを推奨して、「通りやすい」
    と称している業者もいるかもしれません。

    なお、住宅ローンの扱い件数が多い
    住宅メーカーなどが金融機関との間で
    「提携ローン」として若干有利な
    ( 有利に見える? )
    ローンを用意しているケースもありますが、
    これは、やめた方がいい。

    住宅ローンで ちょっぴり得する分を
    はるかに上回る、桁違いの建築金額で
    確実に大損をします。

    周辺のお得要素がいくつかあっても、
    大手ハウスメーカーや有名工務店で
    建築することで、
    1千万円も大損することがあります。

    ローンが通りやすい・・とか、
    お得な提携ローン・・とかで、
    業者選択を誤ってはいけない。



A

それは有りますよ。

本来 有っては行けないのですが 銀行も人の子・・・・
支店長や貸し付けの人と仲良くなっておくと
難しいローンも何とかしてくれる場合が多いです。


A

HMなど大手であれば、すべての銀行に対して
なく限定的であればあります。

仲介であれば、知識・経験による、提案力の差かと。

ただし、どちらも希望の銀行で、
希望の条件で借りれるとは限りません。

また、その地域の業界の人間でない限り、
本当に住宅ローンに強い不動産屋かどうかなんて
分かりません。

客には判断の仕様がない事ですので、
気にする必要は無いかと。


A

提携ローンの有無ですね。

大手の不動産会社やハウスメーカーは、
特定の銀行と提携していることがあり、
金利や手続きの簡易化等、差別化を図っています。

ただ、中には提携ローンも無いのに、
「自称・住宅ローンに強い」もありますので、
注意が必要ですね。


A

あります。

通常の申し込み方法では否決案件でも、
組み方によっては

承認を得ることができるからです。

攻略という言葉を使う場合もあります。

金融機関の判断、保証会社の審査方法等を十分に
理解していないとできません。

金利等の条件が不利であれば、意味がありません。





提携ローンのお得さは、
けた違いの建築費で吹っ飛ぶべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/12/03 06:05:12 PM
2019/12/02
カテゴリ:住宅ローン
本当は2700万円のところを、
3500万円とか・・
   ※おバカさんです。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

発見したばかりの​​Q&A記事を取り上げて、

​コメントしています。  


Q
住宅ローンについてなのですが、

借りる金額を建物や土地にプラスして借りる
ことってできるのでしょうか?

例えば、
土地700万 建物2000万として合計2700万ですが、
最初の段階で家具家電やエクステリアの費用を考慮
し3500万借りることはできるのでしょうか?
   ※住宅ローン融資の使途に・・
    別途購入する家電や家具が含まれない
    のは、当然のことです。

    エクステリアは外構工事として、
    元々 使途に含まれています。

    本来の使途以外のモノも含めて借りる
    テクニックは昔からありました。
    私もマイホームを売る側にいた時代には、
    普通に色々なテクニックを駆使していました。
    ( それで給料をもらって
      いたのだから しょうがない )

    今でも色々なテクはあると思います。

    が、そんなことよりも何よりも、
    ( 今の私の立場でモノ言えば )
    このようなカタチのマイホーム取得は
    やってはいけない。

    「このようなカタチのマイホーム取得」
    =「自己資金ゼロのマイホーム取得」

    人生最大の買い物である住宅取得で、
    自己資金ゼロなどというのは、
    とんでもないことです。

    これまで貯蓄ができなかった人は、
    これから先も貯蓄ができません。

    住宅ローン返済中の数十年間の中で、
    ( 長い人生の中で・・ )
    ちょっとアクシデントがあれば、
    対応できずに簡単に家計破綻!します。

    人生最大の買い物を安易に考えては
    いけない。

    人生は、真剣に考えよう。


A

土地建物の代金以外に、諸費用や外構費は
住宅ローンに含めてローンが下りる場合があります。

家電や家具などは、一般的に住宅ローンに含めては
いけない事になっていますが、
照明器具や、エアコンなどの設備としてH/Mの
見積書に記載されていれば、銀行も認めてくれます。

H/Mの見積書に乗せると、ほぼ定価になり、
取り付け費用も含めかなり割高になりますがね。


A

住宅ローンは使途が定められており、
金融機関により違いがあります。

それも住宅ローンの使途として定めている(認める)
金融機関であれば可能かと。

kenさん回答の様に、注文住宅であれば建物(請負額)
に含めてしまうのが手間は無いと思います。






マイホームが欲しかったら、
まず、貯金の練習をしろ!
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/12/02 02:07:10 PM
2019/11/29
カテゴリ:住宅ローン
だいたい何年で返しましたか?
   ※ ・・。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

発見したばかりの​​Q&A記事を取り上げて、

​コメントしています。  


​​Q
住宅ローン、大体何年で返せますか?
返しましたか?


A

このカテでの質問は
借りられるかどうかスレスレの人が多いから
35年ばかりが出てくるが、

実際は20から30年くらいで契約して、
その半分くらいで繰上げるのが多い、
あるいは健全。

35年で借りて繰上もできず、
定年後も残っていたというのは無計画な人。
   ※まあ、そんなこと言わないで・・。

    生活設計の観点からは、
    「長く借りて短く返す」のが理想的です。

    返済期間を長くすることで、
    毎月の返済額の負担が少なくなるので、

    1 家族の中でハプニングがあった場合
     に、柔軟に対応できる。

    2 毎月の貯蓄がしやすいので、
     積極的な繰上返済の原資も作りやすい。

    リスクを回避しながら、
    積極的な繰上返済を繰り返し、
    早めの完済ができてしまいます。

    なので、理想は・・
    「35年返済で借りて 15年で完済!」
    のようなことを実現したいものです。


自分は20年で借りて、10年で繰上げした。


A

完済までに28年かかりました。

借入総額、3500万、借り入れ年齢29才

けど、金利が半端じゃない、当初は5%近い、
住宅金融公庫、年金融資、銀行の3本立て

8年目に金利が下がった所で銀行で借り換え、
それでも固定金利4,2%

毎月10万、ボーナス時はプラス50万、
年間返済220万

繰り上げ返済なんて出来ませんでしたね

今の1%を切る金利が羨ましいです。
   ※もう一つ、生活設計の観点から・・

    住宅ローン返済をしながら、
    教育資金目的や老後資金目的の
    金融商品(保険商品含む)で、
    長期間の積立てをしてはいけません。

    今の超低金利の日本で、
    住宅ローンの繰上返済に勝る
    金融商品は存在しません。

    人生全体はキャッシュフロー表で
    捉えておきながら、
    積極的な繰上返済をしたいものです。





   ※元本100万円で、
    リスク無しで30万円をゲット!
    できる金融商品は存在しません。






君、自分の頭で考えてるか?

【 業務日記:行列のできるFP事務所 】

タイトル末尾に★印がある記事で、
顧問会員の状況確認ができます。

​​​

1
メール顧問会員のUさん(50代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。


​​10/23(水)、ヒアリングシート送付。
​11/15(金)、ヒアリングシート
 及び 提出資料 着。 同日 作業開始! 

11/18(月) 「再ヒアリング」として送付。
11/25(月)「再ヒアリング」回答 戻る。

11/28(木)「現状診断」資料作成開始。
終了予定は、12/2(月)です。
   ※佐々木FPの作業画面をチラッと
    のぞいてみたら、
    「夫の死亡保障必要額の計算」
    のページで、
    「現在:マイナス7000万円、
     10年後:マイナス1億1000万円」
    ・・なんてモノが見えました。

    またまた、連続で・・
    「死亡保障が不要な夫婦」
    という結果になるのでしょうか・・。

​​​​​お楽しみに・・。

​​​
2 ​
メール顧問会員のNさん(40代)
​​​2019.8.6 新規メール顧問会員。


​​​​​11/11(月)ヒアリングシート着。
11/14(木)「再ヒアリング」送付。


11/25(月)「再ヒアリング」回答 戻る。



3 メール顧問会員のKさん(30代)
​​​2019.11.7 新規メール顧問会員。


​​11/17(日)ヒアリングシート 提出。
11/20(水)整理整頓作業 着手。
11/22(金)「再ヒアリング」送付。

11/28(木)「再ヒアリング」回答戻る。


※ メール顧問会員のIさん(40代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。



10/23(水)、ヒアリングシートを
メール添付で送りました。

記入と資料収集、がんばって
できるだけ早く、提出しましょう!


​​※ メール顧問会員のKさん(40代)
​​​2019.5.22 新規メール顧問会員。
2019.7.16 現状診断


8/23(金)、生活設計依頼 着。

8/26(月)の記事にしています。

その感想と再度の生活設計依頼待ち
・・の状況です。 連絡を待っています。

​​​​​​​​​
※メール顧問会員のKさん(50代)
​​​2019.2.22 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。
・・どうなっていますかぁ~~?

頑張って、早めに返信しましょう! 

ヒアリングシート、書けるだけ書いたら、
(空欄があったりしてもいいから)
もう・・提出してしまおう!

こっちで、何とかしてやる!
時間がもったいないぞ。





住宅ローンの返済をしながら、
学資保険や個人年金やってるおバカさん、
けっこう・・いるべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/29 05:05:48 PM
2019/11/18
カテゴリ:住宅ローン
なぜ わざわざ借金するの?
貯めてから買えばいいのに・・
   ※ ・・。 
    借金は損だと、言いたいようです。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

発見したばかりの​​Q&A記事を取り上げて、

​コメントしています。  


Q
住宅ローン で 借金する奴…
全員じゃやいけど多くはバカじゃないですか?

なぜ わざわざ借金するの?
貯めてから買えばいいのに…

同級生の友達が35年ローンで家を買いました。
   ※それでいいんですよ。
    普通のことです。

    住宅ローンは長く借りて短く返す。
    これが、理想的です。

    長く借りて返済額を少なくすれば、
    リスクが低い状況になると同時に、
    貯蓄がしやすい状況になります。

    安全に繰上返済ができ、
    早めの完済を目指すことができます。

35歳なので 借金を完済するのは70歳です。
   ※借入当初・・はね。

普通の雇われのサラリーマン(無能系)です…
こういうの 周りにぃせんか??
   ※どれだけ有能な人か知らないが、
    友達を見下し過ぎでは?

自分は真面目なんで嘘はつけません。
なんて返答したらいいのかわからず困っております…

とりあえず私は借金が嫌いです…
   ※借金をしてはいけない
    ということは、私も言っていますが・・

    住宅ローンだけは、他の色々な借金とは、
    まったく性格が違います。

    それが良い事かどうかは別にして、
    ・住宅ローン控除制度
    ・団体信用生命保険
    ・・が、あります。

    多額の現金が有りながら、あえて
    住宅ローンを借りる人がいるのは、
    普通の借金とは違う「魅力」があるから
    です。

    その「魅力」を享受できるのは、
    富裕層ほど大きい・・という点で、
    私個人は好意を持てない制度ですが・・。



A

え?

収入が決まっていて、
住居に回せるお金に限度があるなら
貯めてから購入するとなると
70歳で新築建てるって事になりますよ?

何年住めるんです?

子供の為に建てるんですか?

さらにアパートなどの賃借料の他に貯めないと
ダメなんですよ?

それなら自分が建てた家に長く住めた方がいいでしょ。
   ※そういうことなんですね。

    ・賃貸代金を払いながら住宅資金貯蓄。
    ・早めに住宅取得して住宅ローン返済。

    結局、後者の方が、
    「住居費」の支出は少なくて済みます。

もちろん
貯金で早く建てるなんて現実を無視した設定は無しで。


A

昔は金利が非常に高く
元金の2倍返済が必要と言われましたね。

その場合、現金一括が圧倒的に有利でした。

でも、今は金利が非常に低いので
一概に借金が悪いと言えないと思いますよ。

現金残して運用したほうが良い場合もありますし、
   ※それは、怪しいものです。
    安易にギャンブルをしてはいけない。

税金面の控除も手厚いです。

問題は、現金なくて、35年ローンを組まないと
買えないような家が本当に必要なのか?
ということだと思います。
   ※人生最大の買い物です。

    できるだけ長期にしないと、
    毎月の返済が大変になるのだから、
    借りる際は35年ローンが正解です。
    ( 当り前 )

身の丈、身の丈とよく言いますが、個人的には
35年ローンは身の丈を超えていると思います。
   ※ちょうどよい身の丈なんですよ。

    これを短い25年返済で借りて
    月々の返済が5割増し!

    ・・なんて借り方をする方が、
    背伸びし過ぎ! 身の丈にあっていない!
    ということになります。


A

バカなのは
お金にルーズで住宅ローンが組めないヒトと、
組めても払えなくて出ていく一生賃貸のヒトです


A

住宅ローンを車とか物を買った時のローンと同じ
「借金」と同列に語っている人間が
一番何も理解していない「バカ」ですねw
   ※あまり名指しで バカ バカ 言わない方が、
    世の中、丸く収まりますね。

    ・・って、いつも言ってるのは私か。
    おバカさん・・を連発しています。


A

恵まれた賃貸に住めてるようで羨ましいです。

私が住んだ賃貸は住民のモラルのなさと
近隣住民とのトラブル連続でとても
まともな神経をしてたら住んでいられないよう
ところでした。

実際に妻は病みました。

猫が二匹いたので
住めるところも限られ四方八方尽くして

探し当てた賃貸がこれだったので
もう家を買うしかないと思い買いました。

金よりも精神的な面が大きかったので
現在は子供も産まれ幸せに暮らしています。
   ※はい、色々な人生があるものです。

人には理由がありますのであまり深く考えない
方がよいかと。

まぁ。私は「家を買ったんだど」なんて軽々く
話題にしませんが。

今でも会社内で家を買ったと知っているのは
上司だけです

(上司が他に言った事は否定できませんが)
   ※穏やかに・・ 角を立てないように・・
    人生は やっていきたいですね。





住宅ローン借りてる奴、
バカではないべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/18 04:34:19 PM
2019/11/14
カテゴリ:住宅ローン
夫は言っていますが、
やはり、その方がいいですか?
   ※融資内容と家計状況によります。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

​発見したばかりのQA記事を取り上げて、

コメントしています。


Q
住宅ローン繰り上げ返済について。

一戸建て 築2年です。 ローン残り33年。
金利は0.68%。
   ※ん? 変動金利?
    変動金利では生活設計が成り立たないぞ。
    ( 銀行に代わってリスクを背負う行為 )

    ・・って、最近では、10年固定でも
    このようなレベルの住宅ローンを
    チラホラ見かけますが・・。
    ( 世も 末です )

ローンは残り約3000万残っています。

今の貯蓄は900万。

夫 会社員 年収は税込580万円です。
私 看護師 年収(産休復帰したばかり
   のため見込みですが)470万です。

子供は1歳の男の子です。
   ※おお、フルタイムの共稼ぎ夫婦です。

    住宅ローン控除のフル活用で、
    夫婦の所得税・住民税が大きく節約
    できてしまいます。

私は早く繰り上げ返済してローンを終わらせたい
ですが、
夫は減税がある10年間は繰り上げ返済しない方が
いいと言います。

今は繰り上げ返済しない方がいいですか?
   ※一概にどちらとは言えません。

    本人の所得や融資額・金利・返済期間
    等々によって、結論が違ってきます。

    当事務所で作成した資料があります。
    下の方に貼り付けますので、ご参考に・・。

補足
皆様、回答ありがとうございます!

若い若いと言ってくださる方もいて、、、
残念ながら若くありません。私は35、夫は36です。

住宅ローンは夫のみで組んでいますので、
1500万×2ではありません、、、
   ※えぇーーっ?! おバカさんです。

    フルタイムの共稼ぎ夫婦なのに、
    融資は夫のみにした? Why ~ ~ ?
    表彰状もののおバカさんです。

    夫婦それぞれの所得税・住民税を
    返してもらうチャンスだったのに・・。

でも読んで皆様の仰る通りだとおもいました。
本当にありがとうございます!
   ※ あぁ・・。


A

お互いに1500万づつ残っているのでしょうか?
   ※夫婦の収入から、普通はそう思います。

自分が払っている所得、住民税から減税されます
減税は残高の1%なので、15万づつですね
   ※普通は、そう思います。

年間の所得税と住民税はいくらでしょう?

2人で30万の減税が受けられるので
   ※普通は、そう思います。
所得税が30万以上なら30万の減税が受けられます
27万の所得税なら27万までしか減税されません

0,68%の金利なので慌てて返済する事は無いでしょう
   ※もし変動金利なら、そうとも言えない。

10年経って繰り上げ返済すれば良いでしょう
   ※ローン控除がある内は、繰上返済は
    しない方がいいと言う人が多いが、
    実はそうでもありません。

それ迄に繰り上げ返済する時も12月にしないで
1月にした方がお得です

年末残高で減税額が決まりますから

ご主人だけの名義にしたのですか?
勿体ないですね、
   ※あは・・。
せっかくの減税2人分貰えば良かったのに・・
   ※あは・・。
ご主人だけの減税ですと
30万以上の所得税と住民税が無ければ

全額減税を受けられないかも知れないですね
   ※せっかくの控除が仏活用できない
    ということをやっている
    おバカさん夫婦が日本中にいます。

医療費控除や扶養控除は貴女の方に付けた方がお得
になるかもですね



A
若くて低い金利で借りてるなら、焦らなくていいと
思います。

そんな金利で借りれるのは住宅ローンくらいですよ。
   ※低金利でも、借金は借金です。

    現金で買った人よりはるかに大きな
    コスト(利息)を負担します。

繰り上げ返済分の金利と
住宅ローン減税を比べてみればすぐ分かることですね。
   ※すぐ分かるような単純なことではない。

    下に、当事務所の試算結果を貼り付け
    ますので、ご参考に・・。

旦那さんのいうことは正解ですね。
   ※おバカさんです。

    このように・・勝手な思い込みをしては
    いけない。


A

私なら10年目の控除終了後も繰り上げ返済しません!
   ※はい、おバカさん・・登場!

なにか不幸があっても団信入れていれば安心だし、
   ※その期間のコスト負担は大きいです。
    融資利息と団信保険料の・・。

    そもそも、まともな家計であれば、
    マイホーム取得から10年経過してなお、
    死亡保障が必要なことはありません。

    不安を感じるのはカラスの勝手ですが、
    そういう人の「安心料」としての支出は、
    普通の人に比べて とんでもなく
    大きいものです。

途中繰り上げ返済した現金は返ってきません。
   ※繰上返済することによって得られる
    報酬(利息の減額)は、
    一般の貯蓄や金融取引では実現できない
    ハイレベルなものです。

    『 貯蓄利息 < 借金利息! 』
    なのだから、当然といえば当然ですが・・。



   ※元本100万円、リスク無しで30万円ゲット!
    なんてことが可能な金融商品は、無い!

    住宅ローンの繰上返済は、最強の金融商品!

それよりも、
その住宅ローン以外のローンを組まないようにします。
   ※当たり前。
    日常的に、そのようななことを
    心がけるは当たり前のことです。

車のローン購入とかリフォームローンとか教育ローン
とかを組まないようにします。
   ※当たり前! 借金をしてはいけない。

    生命保険に入っていけないのと同じ
    ことで、借金をしてはいけない。

なにせ今のところ住宅ローン金利が1番安いからです。
   ※金利が安くたって、借金は無い方が
    いいのは、当たり前のことです。

    住宅ローンの返済だって、基本的に
    無いほうがいいのは、当然。

繰り上げ返済するとしたら、
定年する時や年金暮らしになる時考えます。
   ※おバカさんです。

    勝手な思い込みをしていると、
    長い期間、コスト負担を繰り返して
    大金を失うことになります。




《 資料:ローン控除と繰上返済 》

​​   ※融資額や金利や融資期間で判断が
    違ってきたりします。

    分岐点はどこか?

    試算してみた資料を、以下に貼ります。
    自分の場合はどこに該当するか?
    探してみてください。




具体的な条件下で試算してみたら、
どっちが得か?
・・の境い目が見えてきました。

​   融資額3000万円、2500万円、2000万円、
   返済期間35年、30年、25年、
   金利1.3%、1.2%、1.1%、1.0%、
   それぞれの場合の試算をしています。

   お断わりしておきますが、
   ここで言う金利は、変動金利は除きます。
   そもそも、生活設計の観点から
   変動金利ローンという選択はありえない。
   銀行に代わってリスクを背負うおバカ行為。

A:『繰上返済を優先した場合』
   毎年100万円の繰上返済を10回

B:『ローン控除を優先』
   控除期間は繰上返済せず、
   11年目に1000万円を繰上返済

『 A - B 』の算数の結果を、
返済期間別、融資金利別にグラフ化しました。

融資額・返済期間・金利・・の、
それぞれで3通り、
計9通りの試算をしています。

試算結果が以下です。


       ※金利に着目すると・・
        金利1.1%が境い目のようです。
        そこより高金利なら繰上返済優先、
        同じく低金利ならローン控除優先、
        がお得♪ということが分かります。

        返済期間に着目すると・・
        期間が短いほど、
        ローン控除を優先した方がいい
        ことが分かります。








       ※ ・・。
        まあ、これでも境い目がどこか?
        は、分かりますが・・

        記事を書いている今、
        気づきましたが、これはまずい。
        金利設定の幅が上記2つとは
        違っています。

        改めて、1.0% 1.1% 1.2%の
        試算をしてから再掲載します。

        そうでないと、他の要因での傾向を
        正確に捉えることができません。

        金利の高低以外の、
        融資額の大小での比較や
        返済期間の長短での比較で、
        具体的な傾向を示したいと思います。



上記グラフの計算根拠は以下です。

たとえば、
融資額3000万円・25年返済の場合で、
3種類の金利でどのような差が生じるか?
繰上返済とローン控除のどちらを優先したら
お得か?・・について、
以下のような計算をしています。

       ※融資額3000万円、25年返済の場合、

        金利1.0%と1.1%の場合は
        ローン控除を優先した方がお得♪

        金利1.2%の場合は
        繰上返済を優先した方がお得♪

        ・・ということが、分かります。

        このように・・
        融資額、返済期間、金利の3要素
        それぞれ3種類・・計9つの場合で、
        具体的に試算してみました。



       ※融資額3000万円で固定。
        金利と返済期間は3種類ずつ。



       ※融資額2500万円で固定。
        金利と返済期間は3種類ずつ。



       ※融資額2000万円で固定。
        金利と返済期間は3種類ずつ。





一概には言えない 損益分岐点があるべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/14 03:19:08 PM
2019/11/07
カテゴリ:住宅ローン
ハウスメーカーさんを通して
やるのと、どちらが?
   ※おバカさんです。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​

​発見したばかりのQA記事を取り上げて、

コメントしています。


Q
住宅ローンを組む際に、
直接金融機関とやり取りするのと、
ハウスメーカーさんを通してやり取りするのでは、
どちらの方がいいのでしょうか?
   ※ハウスメーカーを利用するのは、
    展示場の見学だけにしておきましょう。

    それ以上、深い付き合いをしてはいけない。

まだどこのハウスメーカーや工務店で建てるか
決まっていないので、
   ※そんなところで迷ってはいけない。

    1棟当たりの建築費が・・
    500万円とか1000万円とか高いのが、
    大手ハウスメーカーや有名工務店だ。

    その差額も、建築に関係ないことで
    大きな金額になっている。

    つまり、「理由もなく高い」のが、
    大手ハウスメーカーや有名工務店だ。

    我が家の建築の選択肢に入れてはいけない。

まず、審査が通るのか、
いくらくらい借りられるのかを確認したいです。
   ※ローンの目安を知りたければ、
    それぞれの金融機関のHPで
    普通に試算できます。


A

ハウスメーカーは大手ですか?

大手の場合、ハウスメーカー経由だと
金利の条件が良かったりします。

というのも各社銀行は住宅ローンにかなりの力を
注いでいますから、ハウスメーカーへ良い条件を
提示して提携を促すためです。
   ※はい、ハウスメーカーと金融機関は、
    一蓮托生、同じ穴のムジナです。

ただしそういったことをしているメーカーは
向こうから言ってきますよ。

言われないということは特に提携がないのかも
しれません。

そこまで大幅に変わるわけではありませんが、
0.5とかは変わってきます
   ※いくら提携ローンでも、
    そんなに違うわけがありません。

    が、100歩譲って、その通りとして、
    試算してみましょう。

    3000万円・35年返済の住宅ローンで
    金利が0.5%違えば、
    その差額は271万円です。

    271万円なら大金だ! すごく お得だ!
    ・・と、思いますか?

    そもそもの建築費はどうでしょう?

    まったく同じ設計図書で見積もっても、
    ハウスメーカーは、500万円、1000万円、
    も、普通に高いです。
    ( 建築工事とは関係ない理由で )

    建築費が高ければ、融資を受ける金額も
    まったく違ってきます。

    ハススメーカーの方が少なくても
    数百万円も余分な住宅ローンを借りる
    ことになります。

    仮にハウスメーカーで500万円高い建築
    をすれば、ローン利息を含めて
    約550万円も余分に払うことになります。

    270万円なんて、吹っ飛んでしまいます。



Q

ハウスメーカーは展示場にあるようなところですし、
大手といえると思います。

やはりそうですよね、
金利の条件良かったりしますよね。

やはりハウスメーカー通すとメリットあることも
あるんですね!ありがとうございます!
   ※おバカさんです。


A

どこの金融機関でも
HPでローンシュミレーションがありますので、
そこであたりはつきます。

必ず月払いのみで出して下さい。
ボーナスは当てにしない返済計画にしておかないと、
将来死ぬ目に遭います。

借りれるのと払えるのは違うので、
家計簿とよく相談してください。
   ※その程度では、まったくダメで、
    きちんと生活設計しましょう。

    キャッシュフロー表を作成しましょう。





君、自分の頭で考えてるか?

【 業務日記:行列のできるFP事務所 】
    ★印の記事は、行列状況ほか事務所実録記事。

​​​​【 佐々木FP 】

​​​​
​​​​​​​​《 事務所会計作業 》

​​​​​​​​​​​​​《 現状診断 & 生活設計 》


※ メール顧問会員のMさん(30代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。


10/23(水)ヒアリングシート送付。
11.7(木) ヒアリングシート着。
( 提出資料を待ちます )

メールをいただきました。

武田 様  佐々木 様
お世話になっております。メール顧問会員のMです。

件名のとおり提出いたします。

お伝えしたいことは「申し送りメモ」として、
別シートに記載しました。

また、
資料については、レターパックで発送しました。

どうぞよろしくお願い致します。


メール顧問会員のKさん(30代)
​​​2019.11.7 新規メール顧問会員。


11/7 (木) ヒアリングシートを
メール添付で送りました。

記入と資料収集、がんばって
できるだけ早く、提出しましょう!

いただいたメール・・。

武田様
メール顧問会員希望のKです。

少し早く帰国でき顧問料振込しました。
確認おねがいします。

日本は寒いですね。
体調を崩さず行列に並びたいと思います。

よろしくお願いします。


​​​​​
メール顧問会員のTさん(30代)
​​​2019.10.24 新規メール顧問会員。



10/24 ヒアリングシート送付。
10/29 ヒアリングシート提出。
11/1 整理整頓作業が終了!
「再ヒアリング」として送りました。



​​※ メール顧問会員のUさん(50代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。


10/23(水)、ヒアリングシートを
メール添付で送りました。

記入と資料収集、がんばって
できるだけ早く、提出しましょう!



※ メール顧問会員のIさん(40代)
​​​2019.10.23 新規メール顧問会員。



10/23(水)、ヒアリングシートを
メール添付で送りました。

記入と資料収集、がんばって
できるだけ早く、提出しましょう!


​​※ メール顧問会員のKさん(40代)
​​​2019.5.22 新規メール顧問会員。
2019.7.16 現状診断


8/23(金)、生活設計依頼 着。

8/26(月)の記事にしています。

その感想と再度の生活設計依頼待ち
・・の状況です。 連絡を待っています。


​​​​​​​​​​​​​※メール顧問会員のNさん(40代)
​​​2019.8.6 新規メール顧問会員。

会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。

頑張って、早めに返信しましょう!

ヒアリングシート、書けるだけ書いたら、
(空欄があったりしてもいいから)
もう・・提出してしまおう!

こっちで、何とかしてやる!
時間がもったいないぞ。


※メール顧問会員のKさん(50代)
​​​2019.2.22 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。
・・どうなっていますかぁ~~?

頑張って、早めに返信しましょう! 

ヒアリングシート、書けるだけ書いたら、
(空欄があったりしてもいいから)
もう・・提出してしまおう!

こっちで、何とかしてやる!
時間がもったいないぞ。





・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。

誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて19年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/11/07 06:05:27 PM
2019/10/04
カテゴリ:住宅ローン
長期融資が難しい場合の対策
として、2つ考えました。
​​​​​​​   ※おいおい、ちょっと待ってください。

    マイホーム取得の生活設計をしたのは、
    ファイナンシャル・プランナー事務所
    です。

    意味のない資料は、作りません。
     
自分の頭で考える生活設計。



〇メール顧問会員
のKさん(40代)​​

​​   (相談:ライフプランニング)

2019.6.18 メール顧問会員になる。
2019.7.5 現状診断 終了。
2019.10.3 マイホーム取得シミュレーション。


メールをいただきました。

武田さん

こんばんは。メール顧問会員のKです。
シミュレーション資料ありがとうございます。

これまで、
4000万円ぐらいの中古マンションがギリギリ
手の届く範囲かなぁと漠然と考えていました。
​​​​​​​   ※はい、全く生活設計をしていない人は、
    何となく・・想像するしかありません。
    手元に「根拠」を持たないから・・。

    そもそも、マンションを買っては
    いけませんが。
    ( 中古マンションなら なおさら )
    

ところが、
7000万円超のマイホームを購入してもなんとかなる
ということが、数値とグラフで確認できたことは、
これから人生を歩んでいく上での心のゆとりと
なりました。
​​​​​​​   ※はい、生活設計したということは、
    何かを考えたり、検討したりする際の
    「根拠」を手に入れた・・ということです。

    キャッシュフロー表が、その「根拠」です。

    「根拠」があれば、
    確信を持ってお金を管理したり、
    使ったりすることができます。

土地を買うだけで税金がかかる場合があるということ、
上下水道の利用に際して初期費用的なものがかかる
ということ、などなど 単純に
土地と建物だけの費用だけじゃすまないのですね。。
​​​​​​​   ※「資金計画概算」に示されています。
大変、勉強になりました。

資料を確認していて、1つ懸念があるのですが、
79才までのローンって組めるものでしょうか。。
​​​​​​​   ※当事務所はFP事務所であり、
    ライフプランニングのプロ!です。
    ( 不動産屋とかではありません )

    不可能なことや、難しいかもしれない
    ことを、生活設計に組み込んだりする
    わけがありません。
    ( 当事務所を信頼してほしい )

    79歳までのローンは普通に組めます。

​​​​​​​   ※完済時年齢80歳未満は当たり前、
    中には81歳未満なんて銀行もある。


例えば、作成いただいたキャッシュフローを見せて、
ほら問題ないでしょ?といって、
審査が通るものなのか、、検討もつかないです。
​​​​​​​   ※住宅ローンを借りに行って、
    キャッシュフロー表の提示を求められる
    ことは、まったくありません。

    そんな銀行ばかりだったら、だれも
    住宅ローンを借りることができません。

    普通に・・ 勤務先とか年収とかを
    質問されて融資を受けることになります。

    今の銀行はどこも、住宅ローンを貸したくて
    貸したくてしょうがないんです。

    超低金利が長く続く今、銀行にとって
    確実に大きな収入を得られるのは、
    住宅ローンなんです。

    すべての銀行が横並びで・・
    融資条件をゆるく、ゆるく、しています。

    だから、心配ない。

    ただし、
    借りる方は、自分の生活がかかります。
    ゆるい銀行に甘えて過剰に借りたりして、
    自分で自分の身を亡ぼすことのないように・・。

    だから、生活設計が必要なんです。

長期のローンが難しいということならば、

1.月額負担を大きくして、より短期間での返済計画とする
2.自己資金を厚くしてローンを減らす

くらいしか考えられないのですが、
他に良い手、ないものでしょうか。

以上です。
​​​​​​​   ※住宅ローン融資の際の話ではなく、
    融資を受けた後の生活設計では、
    繰上返済等で改善を計る必要がありそうです。

    まあ・・79歳まで借金返済が続くのは、
    あまり心地よいものではないので。

    積極的な繰上返済のシミュレーション
    等の依頼があれば、また
    資料作成作業を行ないます。




マイホーム取得後の人生を
シミュレーション。
​2019.10.3

   ※まず、マイホーム取得の資金計画です。

    土地予算、建物予算、諸費用等に対する、
    資金計画( 自己資金・住宅ローン )。



   ※土地や建物を取得すると、
    不動産取得税が課税される可能性があります。

    今回のKさんのケースでは、
    不動産取得税がかからないことが
    分かりました。




   ※マイホーム取得をしない場合の人生は
    こんな感じでした。

  
   ※現状診断時点のキャッシュフローグラフ。
    ( 生涯 賃貸住宅住まいの場合 )


   ※マイホーム取得後の人生は、こうなります。
    ( 1年ごとの貯蓄残高の推移 )




   ※グラフの根拠になるキャッシュフロー表。

    読者の皆さんも、マネをして作ってみよう。
    左が現役、右が老後。




   ※現役の拡大。



   ※老後の拡大。

​​​​​​​   ※計画のマイホーム取得を実行しても、
    問題は無いように見えます。

    なお、
    住宅ローンの完済は79歳になりますが、
    ( 利息総額は720万円 )
    積極的な繰上返済も可能な
    キャッシュフロー表に見えます。

    また、当初に投入する自己資金も、
    もっと多くしても大丈夫そうです。

    利息負担が減るので、もっと安定した
    キャッシュフロー表になります。



現状診断時のK家の状況。
​2019.7.5


   ※キャッシュフローグラフ。
    すごく分厚いキャッシュフロー・・です。
    ( 一年ごとの貯蓄残高の推移 )



   ※キャッシュフロー表。
    左が現役、右が老後。

    読者の皆さんたちも、マネをして
    自分たちのモノを作ろう!



   ※現役の拡大。



   ※老後の拡大。


​​

   ※死亡保障必要額の推移。
    赤ちゃんがいるが、
    夫婦共に現在も将来も死亡保障は不要。

    夫婦それぞれ、ムダに加入しています。
    このまま継続すると、
    数百万円をたれ流します。




銀行はお金を貸したくて、貸したくて、
毎日ウズウズしているべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。


誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて18年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/10/04 12:30:41 PM
2019/07/01
カテゴリ:住宅ローン
35年ローンで
平然と進めて来るのですが
​​​​
​​​
   ※はい、別にいいんじゃない。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​​​発見したばかりの QA記事を取り上げて、

​​​​コメントしています。


Q
35年ローン

不動産屋は、
40歳のサラリーマンに3000万の借り入れを
35年ローンで平然と進めて来るのですが、
​​​​​​​   ※それ自体は、特におかしなことでは
    ありませんが・・。

定年後も15年間、75歳まで現役並に働けて、
病気もせず、親もピンピンころり、子供が公立、
会社が35年先まで存続、リストラなし、
その他もろもろ、

んなわけあるかいな!!
って思いながら話を聞いていました。
​​​​​​​   ※はい、75歳までなら確かに・・。

不動産屋としては売ればそこまで、
返済なんて関係あらへんがな

銀行は貸せば貸すほど儲かりますがな、
そりゃ平然と35年ローン進めて来るわけだ。
​​​​​​​   ※不動産屋や銀行に、
    客の生活設計への配慮があるか
    どうかは分かりませんが、

    35年という長い期間で借りる行為には、
    生活設計的に何の問題もありません。

あぁ実にバカバカしい、
新築マイホームなんて身分不相応、

よくて中古戸建て1000万ですよ。

どうやって嫁を説得させたらいいんでしょうか。

4000万の物件なら買える買えるゆうてます。

わたくしはは40歳1000万です。
よろしくお願いします。


A

不動産屋は決して言いませんが、
35年ローンなんて組む人は全体の1割もいません。
​​​​​​​   ※おバカさんです。

    住宅ローンは、
    できるだけ長期で借りた方がいい。

    長く借りることで、毎月返済額が
    少なくなり、破綻リスクが低減されます。

    返済額が少ないので、貯蓄が用意です。
    繰上返済の原資になります。

    安全な返済をしながら、積極的な
    繰上返済をすることができます。

    その結果、返済期間は35年と長くても、
    完済期間は極端に短くできます。

    生活設計的には・・
    住宅ローンは長く借りて短く返そう。

住宅ローン機構が公表していますが、
日本人の住宅ローン完済期間の平均は14.4年です。
​​​​​​​   ※はい、融資時点の「返済期間」と、
    返済が終了する「完済期間」は違う。

    融資時点から14年とかの短期間に
    すると、毎月の返済が
    とんでもないことになってしまう。

10年以内の完済が全体の4割と最も多く、
15年以内の完済率は7割です。

誰も35年ローンなんて組んでません。
​​​​​​​   ※そんなことはないぞ。
    自分の頭で、賢く、考えよう。


​​​​​​​   ※住宅金融支援機構の調査によると、
    融資期間の平均は26年、
    完済期間は平均は15年、
    ・・ということです。

    最初の融資時点から15年とかの
    短期間で借りては、リスクが大きくなる。

    35年等の長期で借りて、
    15年等の短期で完済するのが理想だ。



A

お気持ちは非常にわかりますが、そこまで将来の
リスク取りたくない、極力ノーリスクで購入したいなら
定年まで貯金貯めて待ってその時の範囲内で購入
するしかないと思います
(今買える物件よりランクは下がると思いますが)

私も現在マイホーム探しており、33歳年収1100万
頭金500万で諸経費込み4500万で探してます。

しかし
不動産屋はこの年収なら6000-7000万くらいでも
いけますとか適当なこと言ってきてイラッとします。

こいつら今の日本は高度経済成長と勘違いしてんの
かなと…

トピ主様は現在賃貸物件にお住まいでしょうか?


A

自分もこれから40才で新築3500万円ですが、
土地現金、頭金1000万円いれます。

返済期間30年で組みますが、
借入金2400万円で考えてます。

変動金利で団信付けて0.68%ですが、
ボーナスなしで月約7万円行けると思います!
​​​​​​​   ※変動金利はやめておきたい。
    (生活設計のしようがない)

    この7月からは、10年固定でも
    この0.68%より低金利です。

繰り上げ返済しても払いの金額あまり変わり
ませんし、逆に金額変わらず期間だけ短くなります。

それならそのまま家賃の気持ちで払い続けて
万が一ガンや死亡になったら嫁や子供に
負担は変わらないので問題なしと思います。

金融機関は三井住友信託銀行で進めてますが
もう一度検討されたらよろしいのかと思います。

年収は現在1800万です。


A

41歳で4380万の物件で頭金入れて、3350万ローン。

金利はそれぞれ2.1%15年(1650万),890万20年(1.4%),
910万25年(1.755%)。
​​​​​​​   ※かなり前のお話で、高金利です。

15年で1番目が終わり、3番目も400万を繰上げ返済で、
2番目が400万と、3番目が残100万10年。

60歳で残額50万を繰上げ返済で終わるはず。

最初の5年が苦しかった。

65歳まで働くなら、
きちんとローンを設計すれば、
難しくないはず。

年収1000万で退職金無しなら、

ちょっと厳しいかもね。





35年返済でいいんじゃないかい。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。


誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて18年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/07/02 11:46:32 AM
2019/06/28
カテゴリ:住宅ローン
いくら借りられますか?
新築一戸建てを考えております。
​​​​
​​​
   ※ ・・。
     
自分の頭で考える生活設計。

​​​​発見したばかりの QA記事を取り上げて、

​​​​コメントしています。


Q
住宅ローンについて相談です。

夫28歳、年収400万(転職して1年弱のため見込み)、
妻33歳、年収520万ですが、
住宅ローンはいくら組めますでしょうか。

新築一戸建てを考えております。

お恥ずかしい話ですが、頭金はゼロです。
​​​​​​​   ※ん? 頭金ゼロ?

夫は車のローンが200万、月々40,000円の支払い、
私はブライダルローンが90万、
月々30,000円の支払いがあります。
​​​​​​​   ※ん? 借金がある?

    車を借金で買ってはいけない。
    結婚式を借金でやってはいけない。
    ( 借金で生活するな! )

    借金で毎月7万円払っていて、
    さらに住宅ローンを借りる?

    やめた方がいい。

    世帯年収920万円で貯蓄ゼロ、
    2本の借金を返済中、
    まともな夫婦ではない。

    このまま突っ走ったら、破綻する。

    まず、まともな生活をする練習を
    してからだ。
    貯蓄ができる練習をしてからだ。

子供を持つ予定はないので、生涯夫婦二人です。
場所は大阪市内です。

カツカツの生活はしたくないので
無理はしたくないのですが、
​​​​​​​   ※貯蓄が無くて借金が2本ある今の生活、
    これがカツカツそのものだ。

ある程度のクオリティの物件でないと
購入は検討できないかなと思ってます。
​​​​​​​   ※「ある程度のクオリティ」?

    そんな人並みのことが言えるような
    「クオリティ」を備えた夫婦か?
    君たち・・が。

どなたかアドバイスを頂けると助かります。

よろしくお願いします。
​​​​​​​   ※ ・・。

A

ざっくり
夫2000万 妻3500万
ってところじゃないでしょうか。


A

オーバーローンはやめとけ、
せめて諸費用の300貯めてからでないと、

あと、家電も欲しい、金、わりといるで、
あと、勤続3年越えて、今のローンはなくしてから
でないと厳しいというか、通らんな

だいたい支払いは、手取りの3割や、
30まをの手取りなら10万プラス少しがマックス、
それに今のローン考えたら、
少しでも身軽になったほうがいいし、
旦那名義ローンにできるだけしたほうがいい、

この先、景気わからんし、、





君、自分の頭で考えてるか?

【 業務日記:行列のできるFP事務所 】
    ★印の記事は、行列状況ほか事務所実録記事。


​​​【 佐々木FP 】

​​​
​​​​​​​​《 事務所会計作業 》

​​​​《 現状診断☆ & 生活設計★ 》


1 メール顧問会員のKさん(40代)
​​​2019.6.18 新規メール顧問会員。


6/21(金)
記入されたヒアリングシートが
添付書類と共に戻りました。

当事務所で内容を整理整頓し、
「再ヒアリング」の資料を作成します。

6/26(水)より着手しました。

今日 6/28(金)整理整頓が終了!
「再ヒアリング」として、
メール添付で送りました。


2 メール顧問会員のKさん(40代)
​​​2019.5.22 新規メール顧問会員。


6/26(水)ヒアリングシートが
提出されました。

本日6/28(金)、
整理整頓の作業を開始しました。

終了は、7/2(火)の予定です。
お楽しみに・・。


※メール顧問会員のOさん(30代)
​​​2019.6.22 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。


※メール顧問会員のKさん(50代)
​​​2019.6.20 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りました。


※メール顧問会員のKさん(50代)
​​​2019.2.22 新規メール顧問会員。


会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りましたが、それっきりです。
・・どうなっていますかぁ~~?

「昨年結婚し 夫婦で生活設計を」

​​

​​​​​​​​​​​​​※メール顧問会員のKさん(30代)
​​​2019.1.25 新規メール顧問会員。

会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りましたが、それっきりです。
・・どうなっていますかぁ~~?

「保険屋のではないキャッシュフローを」


​​​​​​​​​​​​​※メール顧問会員のHさん(40代)
​​​2018.8.24 新規メール顧問会員。

会員になった日にヒアリングシートを
メール添付で送りましたが、それっきりです。
・・どうなっていますかぁ~~?

「投資用アパート所有」






まず普通の生活の練習をするべ。
・・っと。​
​​

 

〇 商品販売をしない。 
〇 しがらみを持たない。


誇りをもって、愚直に、
消費者側に立ち続けて18年目の
ファイナンシャル・プランナー事務所。

《 質問希望? 》 ブログ右「キーワード検索」をどうぞ。
「キーワード検索」に言葉 ⇒ 「このブログ内」 ⇒ 「検索」。

《 顧問会員希望? 》 「顧問会員って何?」で支援内容や
当事務所との関係を確認の上、右記へ
fpst@axel.ocn.ne.jp
メール顧問会員は、指定した月日のみに受付けます。







最終更新日  2019/06/28 05:16:33 PM

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.