1646148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Gliga's Diary~山・家族・小学校~

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

山歩き(尾瀬)

2014年08月05日
XML
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

あとは鳩待峠に向かって下るだけです。
最初は、笠ヶ岳にも寄ろうかなと考えたり、
鳩待峠に戻ってから、尾瀬ヶ原に行ってみようかとも思ったのですが、
今回はそれよりも、
至仏山の稜線をのんびり歩くことを選びましたぁ。

往復登山なので、
同じコースを歩いたのですが、
登りと下りとでは景色が違いますよね。

DSCN0851.jpg

この気持ちのいい稜線をのんびり下っていきました。
本当にゆっくり歩いて、
景色のいいところや、高山植物が咲いているところでは、
何度も止まって眺めていたので、
どんどん追い越されましたぁ。

ようやく小至仏山までもどってきました。
ふり返って仰ぐ至仏山…

IMG_4392.jpg

雲がつくり出す影が、
景色に遠近感や立体感を生み出してくれます。

IMG_4394.jpg

眺めていると、どんどん雲が流れて
景色が変わっていきます。

小至仏山を越えると、再びお花畑…。
登りに撮らなかったオゼソウで~す!

DSCN0882.jpg

お花畑の次はオヤマ沢田代…

DSCN0885.jpg

ここから樹林帯に入ります。
オヤマ沢田代からは、快調なペースで下っていきました。
ストックでリズムを取りながら、駆け下りていったので、
今度はどんどん追い越して、
コースタイムの半分ぐらいの時間で一気に下山してしまいましたぁ。
いい運動になりました!


1時半過ぎに無事に鳩待峠に下山!

IMG_4398.jpg

下山後は、有名な「花豆ソフトクリーム」を食べましたよ。
これ、本当においしいんです!
おすすめです。


久しぶりの至仏山、楽しめましたぁ。
次はどこに登ろうかな?(笑)







最終更新日  2014年08月09日 04時06分21秒
コメント(2) | コメントを書く


2014年08月04日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

アップダウンを繰り返しながら、少しずつ高度を上げていき、
ようやく至仏山の山頂が見えてきました。
山頂には、すでにたくさんの人がいるのが見えます。

DSCN0828.jpg

標高2228mの山頂からは、大展望が開けていました。
今回は展望はあまり期待できないと思っていたのですが、
どうしてどうして…

まずはやっぱり定番の尾瀬ヶ原と燧ヶ岳です。

DSCN0841.jpg

手前の尾根で、
ここからだと尾瀬ヶ原の手前が見えませんが、
それでも広大な尾瀬ヶ原が一望です。

DSCN0844.jpg

バックに燧ヶ岳がなかったら、
これほど魅力的な景観にはならないですよね。
尾瀬ヶ原と燧ヶ岳、尾瀬ヶ原と至仏山、
お互いに引き立てあって、二つとはない見事な景観を作り出しています。

左に目を向けると、
さらに続く稜線(残念ながらここには登山道はありません。)の向こうに、
平ヶ岳や越後駒ヶ岳、

DSCN0838.jpg

そして利根川源流の山々が、
ずらりと並んでいました。
谷川連峰の方はもやっていてはっきりとは見えませんでしたが、
本当に素晴らしい眺め…

IMG_4390.jpg

この絶景を眺めながら、ランチにしました。
そして食後のコーヒー!

IMG_4389.jpg

おいしい~~っ!
最高の贅沢ですよね。

1時間半近く、山頂でのんびり過ごしてしまいましたぁ。







最終更新日  2014年08月05日 10時07分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月03日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

小至仏山から至仏山への稜線は、
高山植物が咲き乱れる花の稜線で、
次々と花たちが迎えてくれます。

小至仏山をバックに、ハクサンチドリとシモツケ

DSCN0817.jpg

ダイモンジソウ

DSCN0810.jpg

ツメクサ

DSCN0819.jpg

タカネナデシコ

DSCN0820.jpg

そしてこの日、
チングルマとともに楽しみにしていたのが
ホソバヒナウスユキソウ

DSCN0852.jpg

でも残念ながら、
殆ど花が咲き終わってしまっていました。

まだ花が咲いているのはないか、
探しながら歩いていくと…

一輪だけ見つけましたよ!

ホソバヒナウスユキソウ.jpg

キレイだなぁ!

いい香りのするイブキジャコウソウも
岩場に張り付くように咲いていました。

IMG_4375.jpg

そんな、高山植物を眺めながらなので、
なかなか前に進みません。
でもこれが今回の登山です!

でものんびり歩いていても、
着実に山頂は近づいてきました。







最終更新日  2014年08月05日 10時02分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月02日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

お花畑を過ぎ、
蛇紋岩の滑りやすい岩場を登っていくと、
標高2162mの小至仏山山頂です。

DSCN0785.jpg

ここは至仏山と違って、山頂部分が狭いんですけど、
その分、展望がよく、
360度の大展望が楽しめます!

IMG_4368.jpg

ふり返ると、
ここまで歩いてきた稜線を見ることができます。
お花畑のなかの木道は、
ちょうどいま、付け替え工事中でした。
ご苦労さまです。

DSCN0779.jpg

さらに右に目を向けると、
6年前に登った笠ヶ岳とその向こうに武尊山が見えました。

DSCN0789.jpg

ちょっと霞んでいるけど、
尾瀬ヶ原と燧ヶ岳も見えています。

DSCN0792.jpg

そして、これから登る至仏山!

DSCN0796.jpg

堂々とした山容です。
ここから眺める至仏山は、本当に大きくて立派です。






最終更新日  2014年08月04日 22時38分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月01日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

花の名山として知られる至仏山は、
蛇紋岩の山なので、
森林限界も低く、たくさんの高山植物が咲き乱れています。
山の鼻からのコースで、最初のお花畑…

斜面一面に、花が咲き乱れていました。

DSCN0774.jpg

ハクサンイチゲ

DSCN0765.jpg

シナノキンバイ

DSCN0773.jpg

そして、チングルマ!

DSCN0767.jpg

チングルマの花に出会うのは、ひさしぶりな感じがします。
北海道に住んでいた時、
大雪山のチングルマの大群落に、
何度も何度も出会って、感動!感動!でしたぁ。

ところが、本州に来てからは、
チングルマの咲く時期はなかなか山に行けず、
8月になると、もう殆どが穂になってしまっていたので、
花の時期に、チングルマを見れたのは久しぶり!

DSCN0878.jpg

花のとき、穂のとき、そして紅葉のとき…と、
ずっと楽しむことのできるチングルマは、
私の一番大好きな高山植物で~す!

DSCN0871.jpg

雪解けとともに花が咲くので、
同じお花畑でも、早く雪が解けたであろうところは、
もうチングルマが穂になっていました。






最終更新日  2014年08月02日 20時03分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月31日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)
7月31日 尾瀬・至仏山

最初は、一泊二日で北岳に登ろう!と思っていたのですが、
1日の天気があまり良くなかったので、
無理をせず、日帰りののんびり登山にしました。
行き先は、久しぶりに尾瀬の至仏山…

最初は、山の鼻まで下って周回コースで歩こうと思ったのですが、
それもやめて、
今回は、鳩待峠からの往復…

コースを短くした分、
展望や高山植物を眺めながらのんびり歩きましたぁ。
ハードな登山もいいですけど、こういう登山もいいなぁ。

登山口を8時半に出発!

DSCN0717.jpg

まずは樹林帯のなかを
緩やかに登っていきました。

DSCN0728.jpg

30分ほど登っていくと徐々に樹林がまばらになり、
展望が開けてきました。
そして前方に、目指す至仏山が小至仏山を従えて聳えています。
やっぱり展望が開けると嬉しいですよね。

やがて登山道は、オヤマ沢田代へ!

DSCN0747.jpg

湿原一面で、
ワタスゲの穂が風になびいていました。
気持ちいい眺め!

DSCN0750.jpg

湿原の次は、
小至仏山直下のお花畑!

DSCN0760.jpg

この写真だと分からないと思いますが、
この斜面、一面のお花畑でした。
そして右手には、
広大な尾瀬ヶ原と燧ヶ岳が見えました。

DSCN0762.jpg

いい眺め…
やっぱり尾瀬はいいなぁ。






最終更新日  2014年08月01日 13時30分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年10月05日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)

9月26日 尾瀬

尾瀬ヶ原四つ葉がぐっと狭くなっている「牛首」を過ぎると、
尾瀬ヶ原散策歩く人もあと少し…
このあたりは、池塘がたくさん点在している、とても美しいところです。

シラカバの幹が白くてきれいでしたよウィンク
その白い幹が、池塘にもキレイに映っていました。

尾瀬ヶ原・池塘とシラカバ01

シラカバを少しアップ虫眼鏡してみましたぁ~

尾瀬ヶ原・池塘とシラカバ02

歩いてきた木道をふり返ると、燧ヶ岳がだいぶ遠くなりました。
今日は、ずっと曇りくもりでしたが、
燧ヶ岳と至仏山の両名峰は、
時々雲がかかるくらいで、一日ずっと見えていたので良かったです!
やっぱり、展望が楽しめるっていいですねウィンク

尾瀬ヶ原から燧ヶ岳01

山ノ鼻に近づくと、
至仏山が、大きくなってきましたぁ。

尾瀬ヶ原から至仏山02

「山ノ鼻」に到着…!
「至仏山荘」で休憩し、おなかも空いてきたので食事をしましたぁ。
何を注文しようかな?…って選んだのは、「至仏丼」

至仏丼

見た目にもユニークだし、おいしかったで~すグッド


さあ、あとは鳩待峠に向けて登っていくだけ上向き矢印です。
川上川沿いに歩いて行くと、
あちこちに、台風台風の爪あとが残っていました。

木道が流されて、新しく直されていたり、
斜面が崩れて補強され、ブルーシートがかけられていたり、
下の写真カメラのように、大木が何本も倒れているところもありました。

尾瀬・台風の爪あと

自然は、美しさも見せる一方で、厳しい一面も見せますよね。

山ノ鼻から約1時間歩く人
午後4時に、無事に鳩待峠に着きました。

仲間と歩いた尾瀬ヶ原、楽しかったで~すスマイル







最終更新日  2011年10月08日 06時46分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年10月04日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)

9月26日 尾瀬

山ノ鼻に向かう前に、
見晴方面にちょっとだけ歩いて行きました歩く人

竜宮から少し歩いて沼尻川を渡ると、群馬県から福島県に入るんですよスピーカ
二年前の夏、家族で尾瀬ヶ原四つ葉に行ったとき、
ここをさらに歩いて見晴に行き、
弥四郎小屋家に泊ったのを思い出しま~す。

竜宮から燧ヶ岳

このまま、どんどん歩いていきたくなるのを、
グッとこらえてうっしっし
Uターンして竜宮に戻り、山ノ鼻に向かって歩いていきましたウィンク

色づく葉ナナカマドの葉を眺めたり、

色づくナナカマド

池塘に生える、ミツガシワを眺めたりしながら歩いて行くと、

秋のミツガシワ

尾瀬ヶ原の名所きらきらの一つ、「下ノ大堀」に来ました。
色づく湿原にすくっと立つシラカバが、いいアクセントになっていますよねグッド

秋の尾瀬・下ノ大堀01

エゾリンドウも咲いていましたよ!

尾瀬・リンドウ

実は、ここ「下ノ大堀」は、
尾瀬の代表的な景観の一つなんですよ~ちょき

下の写真カメラを見て、分かりますかぁ?
これだと全然雰囲気が違いますが、
ここは、尾瀬ヶ原の代表的なミズバショウの名所なんです!!

尾瀬・下ノ大堀02

下の写真カメラを見たら分かりますよね。
「尾瀬」と言えばこの景観ウィンクグッド…というくらい有名ですよね。

ミズバショウと至仏山01

同じ場所を季節を変えて訪れるのも
山の楽しみ方の一つ…ですよね。


(続く)







最終更新日  2011年10月05日 01時32分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年10月03日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)

9月26日 尾瀬

尾瀬ヶ原の真ん中にある、竜宮十字路に着きました!
やっぱり尾瀬ヶ原は広々として気持ちがいいですねスマイル

日本には、他にもたくさん湿原四つ葉がありますが、
尾瀬ヶ原は特別だな!って、ここに来るたびに思いますウィンク

竜宮十字路から西を眺めると、
広々とした尾瀬ヶ原の向こうに、至仏山が見えます。
池塘がいいですよね。
ヒツジグサの葉が印象的です。

尾瀬ヶ原から至仏山01

北を見ると、登山道がないので、
積雪期雪以外は登れない山、景鶴山が真正面に見えます。

竜宮から景鶴山

そして、東を見ると、
竜宮小屋家と拠水林の向こうに、
尾瀬の最高峰、燧ヶ岳富士山が大きく見えますグッド

竜宮から竜宮小屋と燧ヶ岳

尾瀬ヶ原とそれを囲む山々を眺めながら、
木道脇のベンチで、水を沸かし炎
コーヒーをドリップして、みんなでいただきながらコーヒー
のんびりと過ごしましたスマイル

こういう時間って、最高の贅沢ですよねちょき


ふと湿原を眺めると、
足元に、ナナカマドの赤い実が輝いていましたよ。

尾瀬・ナナカマドの実

あとは、尾瀬ヶ原のなかを、
のんびりと山ノ鼻に向かって歩きま~す!

(続く)







最終更新日  2011年10月03日 22時23分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年10月01日
カテゴリ:山歩き(尾瀬)

9月26日 尾瀬

富士見小屋家で、みんなであたたかい豚汁をいただいてから、
長沢新道を下って下向き矢印尾瀬ヶ原に向かいました歩く人

しばらくは傾斜も緩かった登山道も、
途中から結構急な下りになりました。
あとで聞くと、みんなここの下りが一番きつかったみたいですあっかんべー

やっぱり、下りは歩き方が難しいですよね。
私は今回は、大丈夫でしたが、
7月に右膝の靭帯を痛めたバツのは、谷川岳から土樽への下りだったので、
かなり慎重に降りましたよ。


1時間半ほど下ると、傾斜も緩くなり、
ブナやカエデなどの木々四つ葉が気持ちよく天に向かって枝を伸ばしている、
豊かな尾瀬ヶ原の森に入って行きました。

ふと見上げると、
やわらかな秋の日差しを受けて、
カエデの葉が…音符

尾瀬01

また、ブナの葉が輝いてきらきらいました。

尾瀬02

見ているだけで、心が休まります。
あと半月ぐらいしたら、これらの木々の葉も色づいて葉くるのでしょうね。

紅葉の時期に、もう一度来てみたいなぁ。

尾瀬ヶ原・竜宮01

やがて登山道は樹林帯を抜けて、
いよいよ尾瀬ヶ原四つ葉です!

(続く)








最終更新日  2011年10月02日 05時54分11秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.