000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Gliga's Diary~山・家族・小学校~

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2010夏 北海道旅行

2010年08月23日
XML
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

今年の夏の北海道旅行も、ようやく最終回…ですあっかんべー

今回の旅行、行きは根室中標津空港飛行機にしましたが、
帰りは、少しでも遅い時間に…と思い、
「たんちょう釧路空港飛行機」から東京に戻ることにしました。

1時間40分の空の旅で、あっという間に東京に…


羽田空港に着くと、
ちょうど夕陽が沈むところでしたグッド

羽田空港01

北海道とは全く違う、もわ~っとした空気が、
帰ってきたことを嫌でも実感させてくれましたようっしっし

羽田空港02

わずか、二泊三日の北海道旅行でしたが、
本当に充実した家族旅行になりましたグッド
道東の自然四つ葉の素晴らしさに感動!感動!!…の連続でした。

また、北海道に行きたいなぁ~目がハート


娘は、夏休みの自由研究えんぴつで、
世界自然遺産「知床」についてまとめていま~すちょき


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月23日 18時46分49秒
コメント(2) | コメントを書く


カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

二泊三日の北海道旅行、
最後に訪れたのは、「釧路湿原四つ葉」です。

日本最大の湿原、釧路湿原は、
カヌーで川を下ったり、ノロッコ号に乗ったりする楽しみもありますし、
タンチョウを観察したり、木道を歩いたり、
幾つも展望台からの眺めを楽しめますスマイル

でも今回は、飛行機飛行機までのちょっとした時間の寄り道なので、
釧路市湿原展望台虫眼鏡の近くにある、北斗木道だけ行きました。
一周2.5キロの木道を歩いて行くと歩く人

釧路湿原04

ちょうど、中間点に、北斗展望台虫眼鏡があります。
ここからは、日本一の湿原である、釧路湿原の広さを実感できますグッド

釧路湿原01

ヨシやハンノキ林に覆われた釧路湿原…
本当に、広いですよねウィンク

でも、ここからの眺めって、
湿原なのに、なんとなくアフリカのサバンナみたいに見えませんか?

娘も、「アフリカの草原みた~い」「動物しし座が出てきそう~」…だって。

釧路湿原02

本当は、もう一泊ホテルして、
釧路湿原四つ葉で、のんびり一日を過ごしたいくらいでした。

釧路湿原03

でも、飛行機飛行機は、釧路空港16:35発です。

展望台から、ちょっと急いで駐車場に戻り、
ガソリンスタンドガソリンスタンドでガソリンを満タンにし、
4時にレンタカーを返して空港に…


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月23日 14時22分07秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日

阿寒湖以上に行きたかった湖、
オンネトーは、雌阿寒岳の山麓にある小さな湖で、
「神秘の湖」と言われています。
季節や天候、時間帯によって、
湖面の色がブルーやエメラルドグリーンに変化する、
美しい湖なんですよウィンク

北海道に住んでいた頃、
旭川から道東地方に用事があって出かけた時に車
休憩を兼ねて、何度も寄ったことのある懐かしい湖ですハート(手書き)

オンネトー01

残念ながら、雌阿寒岳富士山と阿寒富士富士山は下のほうしか見えませんでしたが、
オンネトーは美しい色を見せてくれましたグッド

オンネトー02

オンネトー03

でも、
晴れていたら、もっともっと上向き矢印鮮やかな色なんですよ。

やっぱり、オンネトーはいいなぁダブルハート


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月23日 05時56分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月22日
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日

阿寒横断道路を通って、阿寒に向かうと車
二つのビュースポット目がありますちょき

はじめは、「双岳台」です。
雄阿寒岳富士山と雌阿寒岳富士山が見えるはずでしたが、
雌阿寒岳は、かすんでいて殆ど見えませんでした。
肉眼では、何とか下のほうが見えたのですが、
写真カメラでは分かりませんねうっしっし

双岳台

でも、雄阿寒岳は、きれいに見えましたよグッド

次は、「双湖台」...
阿寒の原生林にある二つの湖、パンケトーとペンケトーが見える展望台虫眼鏡です。
雄阿寒岳の山頂以外では、ここからしか見えないそうですよ。

奥にあるパンケトーは、殆ど見えないのですが、
ペンケトーはよく見ま~すウィンク

双湖台

飛行機の出発時刻を考えると、
時間もあまりないので、阿寒湖畔はそのまま走り抜けてダッシュ
阿寒湖以上に行ってみたい湖、
「オンネトー」に向かいましたちょき


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月22日 14時09分51秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

摩周湖から阿寒に向かう途中にある、
摩周焼ギャラリー「陶雅の里」に寄りました車

陶雅の里

摩周焼は、摩周湖周辺の土を使って作られているんですよスピーカ
今回、記念きらきらに買ったのは、
摩周湖の色彩をイメージする緑青磁のコーヒーカップコーヒーですグッド
下の写真の左側のオーソドックスなカップで~すちょき

摩周焼

北海道旅行から帰ってきてからも、
このカップで、コーヒーをいただいていますよスマイル


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月22日 13時33分38秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

第3展望台のあと、車車で第1展望台に向かいました。
こちらは、大きな駐車場駐車場があり、売店もあります。

こちらからは、
ちょっと違った角度からの「摩周湖」を楽しめますスマイル
…というより、こちらからの摩周湖の眺めのほうが一般的かなウィンク

摩周湖09

アップ虫眼鏡してみると、カムイッシュ島の向こうに、
斜里岳富士山が見えましたちょき

摩周湖12

摩周岳も、こちらからだと、こんなふうに下矢印見えます。
第1展望台から摩周岳まで登山道歩く人があるんですよ。

摩周岳の絶壁の下は、実は噴火口跡になっています。
いつか、摩周岳にも登ってみたいなぁ。

摩周湖13

売店で買い物さいふをして、
もう一度摩周岳の姿を眺めて目目に焼き付けて
そして、感動の摩周湖をあとにしました車

摩周湖10

このあと、阿寒横断道路を通り、
阿寒湖畔を抜けて、「オンネトー」に向かいました車



にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月22日 12時52分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年08月21日
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

第3展望台から、真正面に見える摩周岳富士山とカムイッシュ島…

摩周湖05

屈斜路湖と中島もそうですが、摩周湖と摩周岳にカムイッシュ島…
どうして、このように見事なバランスで山や島ができるのでしょう!!
カムイッシュ島のワンポイントがなかったら、
摩周湖の印象もだいぶ違ってきますよね。

カムイッシュ島をアップ虫眼鏡してみました。

摩周湖06

湖面にはキレイにカムイッシュ島と摩周岳の稜線が写っていましたよ。
この島、小さい島ですけど、
実際は、湖底から200m以上もせりあがっている山なんですよねひらめき

湖面をアップ虫眼鏡すると、摩周湖の透明度きらきらが分かります。
展望台から見ているのに、こんなに透き通って見えるんです…ウィンク

摩周湖07

いつまでも眺めていたい、摩周湖…
そして、春さくらにも秋葉にも冬雪にも、また来てみたくなる摩周湖…

摩周湖08

今回、家族3人で見ることができて、
本当に良かったですハート(手書き)



にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月22日 05時58分29秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

北海道旅行の最終日のメインは、
なんと言っても、「摩周湖」ですグッド

夏は、霧がかかって見えないことのほうが多いので、
霧の摩周湖…で終わってしまうのかどうなのか…と思いながら、
川湯温泉から、まず摩周湖第3展望台に向けて、
外輪山を登りました上向き矢印

登るにつれて、景色が広がっていきます。
昨日泊った川湯温泉と、さっき訪れた硫黄山、
そしてその後ろには、朝早く屈斜路湖を見に行った藻琴山が、
ゆったりした山容を見せていました。

硫黄山と藻琴山

第3展望台に着き、
摩周湖の展望台に向かって階段を上って行きました。

見えました!見えましたよ!!スマイル
スッキリ晴れてはいませんでしたが、
霧もなく、きれいに摩周湖きらきらを眺めることができましたグッド

娘は、摩周湖との初対面だったので、目をつぶらせ、
手を引いて湖面が見えるところまで連れて行って、
そして、そっと目を開けさせました目
娘は、初めて見る摩周湖の美しさに感激していました泣き笑い

摩周湖01

私にとっては久しぶりの摩周湖…
やっぱり美しく神秘的ですよねウィンク

北海道に住んでいた頃、摩周湖には何度も来たことがあります。
霧で全く見えなかったこともあったし、真っ青な湖面に出会ったこともあります。
湖面が凍結した厳冬期に来たこともあります。

今回は、高曇りでしたが、
風もなく、空の雲がきれいに湖面に映っていましたスマイル


展望台から左のほうを眺めると、こんな景色下矢印が広がっています。

摩周湖03

遠くには、斜里岳富士山の雄姿も見えました。

展望台から右手を見ると、こんな感じ下矢印です。

摩周湖04

湖を囲む絶壁は、300m~400mもの高さがあるんですよ。


ここ第3展望台は、大型バスバスが入らないバツので、
比較的すいていますグッド
しかも、第1展望台よりも標高が高く、
摩周岳とカムイッシュ島を正面に見る景観は、
最高のロケーションですオーケー

最大水深211.5mの世界屈指の透明度を誇る摩周湖…
やっぱり、日本で一番神秘的で美しい湖ですよね目がハート


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月22日 05時30分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月18日
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

ホテルホテルをチェックアウトして、最初に向かったのは車
川湯温泉温泉のすぐ近くの硫黄山です。
林を抜けると、つつじヶ原四つ葉に出ます。
ここは、6月には一面がエゾイソツツジで真っ白になるんですよスピーカ

硫黄山へ

駐車場駐車場に車を停めて、外に出ると、強烈な硫黄のにおい…あっかんべー
標高512mの硫黄山の岩肌の噴気孔からは、蒸気が噴き出していました。
ハイマツはご覧のとおり、硫黄のために枯れてしまっていましたよ。

硫黄山01

硫黄山02

噴気孔に近づいていくと、吹き出る「シュー」という音が聞こえてきて、
足元のあちこちから、ボコボコと湯が沸いていました。

硫黄山03

すごい!! 黄色い硫黄塔もあちこちに…

こういうところに来ると、
「地球が生きている」…って実感しますよねウィンク

硫黄山05

ふり返ると、こんな景色が…
硫黄で草木の全くないところと、つつじヶ原と豊かな森の緑四つ葉
対照的ですよ。

硫黄山04

遠くには、斜里岳が優美な姿を見せていましたちょき


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ







最終更新日  2010年08月18日 10時45分03秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:2010夏 北海道旅行

2010夏 北海道(道東)旅行 ~8月5日~

二泊三日の北海道旅行の最終日で~すちょき

まず朝早く起きて、藻琴峠に行きました車
妻と娘は眠っていたので、こっそり起きて私一人で行ってきちゃいましたうっしっし

残念ながら曇くもりっていて、日の出を見ることはできませんでしたが、
幻想的な景色を楽しむことができましたよグッド

まずは、標高430mの藻琴山展望台からの眺め虫眼鏡です。
この雲の下に、屈斜路湖が広がっていま~すウィンク

藻琴峠から01

藻琴峠から02

藻琴峠から、さらに登ると上向き矢印
標高1000mの藻琴山の登山口にもなっている、
標高725mの「ハイランド小清水725」という展望台虫眼鏡に着きます。

ここからの景色はまさに絶景!! ほぼ360度の展望を楽しめますスマイル
前日に通った美幌峠とは、また違った表情の屈斜路湖を眺めることができます。
眼下には、雲の下に屈斜路湖…
屈斜路湖の向こうには、このあと訪れた硫黄山富士山
左奥の山は、摩周岳富士山と摩周湖の外輪山…

藻琴山から01

右手のほうをみると、屈斜路湖の中島と、
奥に見える円錐形の山は雄阿寒岳富士山…。

藻琴山から02

左手を見ると、ゆったりとした大きなすそ野を広げている斜里岳富士山

藻琴山から斜里岳

さらに左を見ると、今回訪れた知床連山富士山とオホーツク海荒波も見えます。

藻琴峠から知床連山

素晴らしい眺めを満喫して、最終日がスタート右矢印しました!!







最終更新日  2010年08月18日 06時57分18秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.