1646170 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Gliga's Diary~山・家族・小学校~

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

山歩き・ハイキング

2015年05月30日
XML
5月6日 浅間山

トーミの頭から車坂峠への下りは、
行きは、表コースを歩きましたが、
帰りは気分を変えて、中コースを歩きました。

ほぼ樹林帯のなかの下りで、
展望はありませんでしたが、
登山道が雪に覆われていて、上手に歩くと、どんどん下れます。

DSCN0614.jpg

こんな感じに、人が歩くところだけが踏み固められ
盛り上がって残って、平均台みたいになっています。

その上を、バランスよく、下っていきました。

DSCN0615.jpg

かなり下ってから展望が開けると、
もう車坂峠はすぐそこです。

午後4時過ぎ、無事に下山しました!

そのあとは、
車坂峠に建つ、高峰高原ホテルで、
絶景の温泉に入って汗を流し、
レストランで、これまた絶景を眺めながら、
コーヒーをいただきました。

IMG_6288.jpg

2月の北横岳以来、
久しぶりの登山…。行ってよかったです。
山から元気をもらって、また頑張れま~す!!
 






最終更新日  2015年05月31日 09時28分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年05月29日
5月6日 浅間山

外輪山、二つ目のピーク、仙人岳です。

DSCN0592.jpg

ここから眺める浅間山は、
山頂部分の形が左右がとんがっていて対称できれい!
でもこのあと、歩いていくと、どんどん形が変わっていきます。

DSCN0598.jpg

さすが!活火山という迫力満点の眺めです。
蛇骨岳手前のピークまで来ました。

DSCN0599.jpg

この先、稜線は木々に覆われ、
樹林帯の登りになりました。

DSCN0600.jpg

ここからの歩きがきつかったです。
雪が腐っていて足をとられるし、木の枝が倒れて邪魔しているし…

DSCN0605.jpg

時々、樹林帯を抜けて外輪山の縁に立つと、
すごい高度感!そして大きな浅間山!
そんなことを繰り返して、
ようやく、外輪山最高峰、標高2404mの黒斑山に着きました!

DSCN0608.jpg

あとは、行きに登った最初のピーク、
トーミの頭に戻り、下山するだけです。
 






最終更新日  2015年05月30日 20時37分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月23日
5月6日 浅間山

Jバンドの急登もあとひといき…
最後の部分は、ちょっと危険ゾーン。
踏み外したら大変なことになるので、慎重に登っていきました。

DSCN0581.jpg

無事にJバンドを登り切って、外輪山最初のピーク鋸岳に!
見下ろしてみると…

DSCN0585.jpg

稜線の岩場には、もう高山植物が花を咲かせていました。
これは何だろう??

DSCN0584.jpg

ここから外輪山を、
仙人岳、蛇骨岳、黒斑山と縦走していきます。
でも、実際は小ピークが幾つもあります。
左側は常に絶壁なので、気を付けながら、
でも広がる展望を楽しみながら歩いていきました。

DSCN0587.jpg

左後方には、さっきまでいた浅間山本峰…
あそこから下って、また登り返したのかぁ。


DSC_0016.jpg
そして左前方には、外輪山の稜線の先に黒斑山…
本当に、気持ちのいい稜線です。
この外輪山を歩くだけでも、十分満足できるぐらいの景色でした。

DSC_0017.jpg

ただ、このあたりは、
朝からずっと歩いていたからか、
眠たくて仕方がありませんでしたぁ。(笑)
 






最終更新日  2015年05月26日 01時06分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月18日
5月6日 浅間山

山頂に、おなじみの手形があったので、
一応、タッチしておきました。

DSCN0546.jpg

このあと、一度湯ノ平高原まで下って、
また外輪山に登り返し、外輪山を縦走しなければならないので、
名残惜しいのですが出発です!

稜線の向こうには、
これから一度下って登り返す外輪山が見えます。
遠くには北アルプスの山々…

DSCN0557.jpg

一気に駆け下りるように下り、
湯ノ平高原の一角、賽の河原に着きました。
目の前には、通称「Jバンド」と呼ばれる絶壁が立ちふさがっています。
この標高差約300mほどの岩壁を登り返します。

DSCN0572.jpg

右手には浅間山本峰。
こうして見ると、それほど高くは見えないけどなぁ。

DSCN0573.jpg

さあ!いよいよ「Jバンド」の登りです。

DSCN0577.jpg

焦らず、一歩一歩ゆっくり登っていきました。
途中、手を使わなければならないようなところもありますが、
急登は一気に高度をかせぎます。
ふり返ると…

DSCN0580.jpg

もうこんなに登ってきてしまいました。
あと一息…







最終更新日  2015年05月25日 00時08分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月17日
5月6日 浅間山

ようやく傾斜が緩むと、
立ち入り禁止の看板がありました。
活火山の浅間山は、
火口から500m以内は入れません。

DSCN0531.jpg

今登れる最高地点は2524mの前掛山…
右に折れて前掛山山頂に向かいました。

DSCN0569.jpg

山頂に向かう途中の平たん地に、
シェルターが二つありました。

DSCN0567.jpg

最初は、山頂に登ってから、
ここまで戻って来てランチタイムにする予定だったのですが、
もうお腹もペコペコだったので、ここでランチタイムにしましたぁ。
そして食後はコーヒー…

DSCN0535.jpg

外輪山の向こうには、湯ノ丸山、その向こうに北アルプス…
標高2500mを越えると見え方が違いますね。

腹ごしらえをして、
雪渓を越えていよいよ前掛山へ!

DSCN0538.jpg

火山特有の稜線です。
去年の夏、富士山に登ったときのことを思い出します。

DSCN0543.jpg

火口壁を登ること約20分!
遂に、前掛山の山頂に着きました。
やったぁ~!

DSCN0555.jpg

目の前に、
前掛山よりちょっぴり高い、
今は登ることができない、標高2568m
浅間山の最高地点です。







最終更新日  2015年05月24日 02時32分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月16日
5月6日 浅間山

湯ノ平高原は、
活火山浅間山の懐にいるとは思えないぐらい
木々が茂っていました。
でもその分、登山道は雪、雪… 歩きにく~い。

DSCN0512.jpg

あとで歩く、外輪山への登り返し、Jバンドとの分岐を過ぎると、
カラマツの背丈が低くなり、まばらになって、展望が開けてきました。

DSCN0515.jpg

ふり返ると、外輪山のピーク、黒斑山、
そして前方には、浅間山本峰!

DSCN0516.jpg

完全に樹林帯を抜けて、
いかにも火山!という砂礫の道に入ります。

DSCN0519.jpg

最初はそれほど急ではなかったのですが、
きついなぁ~と感じたときには、かなりの急登に!
登山道の先までずっと見えるだけに、
かえって疲れが…!

DSCN0523.jpg

でも、広がる展望に励まされながら、登っていきました。
右手に見える山々は、
昨年林間学校で行った、志賀高原の山々です。
特徴ある横手山は、すぐに分かります。

DSCN0528.jpg

登山道は、どんどん急になっていきます。
しかも砂礫で崩れやすい…
とにかく、ゆっくりペースを変えずに登っていきました。

DSCN0529.jpg

外輪山の山々が下に見えるようになってきました。
そしてその後ろに、再び北アルプスの山々が見えてきました。

さあ、あと少しで、
前掛山のある第二外輪山の火口壁に着きます。
 






最終更新日  2015年05月17日 02時36分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月15日
5月6日 浅間山

下の写真の右下に見える登山道を
一気に下ります。

DSC_0012.jpg

ここが外輪山縦走の道との分岐です。
左に下っていきます。

DSCN0501.jpg

とにかくすごい傾斜です。
自分が落石を起こさないように、
さらに、上からの落石に気を付けながら、

DSCN0502.jpg

どんどん下っていきました。

DSCN0505.jpg

下ってきた断崖を見上げるとこんな感じです。
あの上から一気に下ってきたのかぁ。

DSCN0508.jpg

湯ノ平高原に下ってから、
ふり返る外輪山の絶壁です。

DSCN0511.jpg

浅間山荘からの登山道との分岐に着きました。
活火山なので、注意書きが書いてありました。
登れるのは「前掛山」まで…と。
 






最終更新日  2015年05月16日 09時50分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年05月14日
5月6日 浅間山

最初のピーク、槍ヶ鞘が近づいてくると、
再び樹林帯を抜けて、前方に目指す浅間山が見えてきました。
大きい~っ!

DSCN0478.jpg

槍ヶ鞘からの浅間山の眺めです。
まさに火山!ですよね。
でも意外にすそ野が緑が多くてびっくり!
激しく切れ落ちた外輪山の絶壁の上がトーミの頭です。
さらに登っていきま~す!

DSC_0004.jpg

ふり返ると、佐久平を隔てて八ヶ岳連峰…

DSCN0487.jpg

そして、
浅間山の第一外輪山の端にあたるトーミの頭に着きました。
360度の絶景が広がります。
もうここに来るだけで満足!と思えるくらいの絶景ポイントです。

右手には、外輪山の絶壁がズラリと並んで見えました。
一番手前が、外輪山の最高峰、黒斑山です。

DSC_0011.jpg

この外輪山の稜線は、あとで歩くとして、
ここから一度、湯ノ平高原まで一気に下って
登り返さなければなりません。

浅間山の山腹にくっきりと見える登山道…
あそこを登るのかぁ。
今回のコースは、結構ハードなコースだなぁ。

DSC_0010.jpg

それにしても、
「草すべり」というだけあって、
ものすごい急斜面です。

DSCN0495.jpg







最終更新日  2015年05月15日 22時53分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月13日
5月6日 浅間山

連休最終日、
やっぱり山に行ってしまいましたぁ。
行って良かったぁ~。

今回登ったのは、
今まで、いろんな山から!
勤務している学校からも眺めていた浅間山!
一度は登っておこうと思って、今回選びました。


車坂峠を7時前に出発!

標高1973mの車坂峠からは、
目の前に八ヶ岳連峰が見えました。

DSC_0001.jpg

さらに、その左、
奥秩父の山の後ろには富士山も!

DSCN0457.jpg

こんなに展望がいい峠だなんて、知りませんでしたぁ。

さあ!登山開始!
ここからトーミの頭までは、表コースと中コースがありますが、
登りは展望が楽しめる表コースにしました。

DSCN0460.jpg

しばらく樹林帯を登り、小さなピークを越えて登り返すと、
岩礫帯になって、一気に展望が開けました。

ふり返ると、篭ノ登山や高峯山のバックに、
ズラリとまだ真っ白な北アルプスの山々が見えます。

DSC_0002.jpg

槍穂高連峰をアップ!

DSCN0466.jpg

右手には、八ヶ岳連峰がますます立ち上がって見えます。
赤岳・横岳・硫黄岳・天狗岳など、
去年も登った一つ一つの山がはっきり見えます。
その後ろには甲斐駒ものぞいていました。

DSCN0462.jpg

本当に展望を楽しめる稜線です。
さらにこの日は、空も晴れ渡って展望も最高!
わくわくしながら登っていきました。

DSCN0474.jpg

でも樹林帯に入ると、登山道は雪。
しかも結構腐ってゆるんでいて、歩きにくかったぁ。
結局、下山するまで、樹林帯に入るとこの雪に悩まされました。

でも久しぶりの山登りは楽しい!!
 






最終更新日  2015年05月14日 00時44分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月19日
6月14日 志賀高原

帰りは、草津白根山を通って帰りました。

実は、5月に下見に行った直後、
草津白根山が小規模噴火の可能性があるということで、
立ち入り禁止になってしまいましたぁ。

せっかく今年、寄ろうと思っていたのに残念…と思っていたら、
この日から昼間だけ通行可能に!
車を降りて見学したり、湯釜を眺めに行くことは
まだできないのですが、
このコースは通り抜けるだけでも絶景の連続!

渋峠を越えると、標高2172mの「日本国道最高地点」!
ここはまだ降りても大丈夫なところなので、
降りてここからの絶景を楽しみました。

DSCN0285.jpg

草津白根山方面の眺めです!
手前の緑豊かな山の向こうに、月面のような草津白根山!

DSCN0281.jpg

その向こうには、浅間山、さらにその後ろに八ヶ岳も見えました!
そして見下ろすと、湿原に湖沼が点在する芳ヶ平…
一度行ってみたいなぁ。

DSCN0284.jpg

パノラマでも撮ってみました。
本当に見事な眺めです!

IMG_4228.jpg

そのあと、万座への分岐を越え、
昼間のみ通行可になった道路をゆっくり走っていきました。
湯釜は見えませんが、反対側の弓池は、
車からも見えました!

DSCN0293.jpg

下りは、草津温泉を眼下に眺めながらの道路!
降りてもOKな駐車場まで降りてきて、
そこからの景色を眺めました。

DSCN0300.jpg

振り返ると、草津白根山の荒々しい山肌…

DSCN0298.jpg

林間本番のときは、どうなるのかなぁ。
規制が緩和されて、見学できるようになるかなぁ。
通り抜けるだけでも、晴れていたら楽しめるなぁ。

そんなことを考えながら、草津温泉に下り、
そこから浅間山の山腹を抜けて軽井沢へ!
そして上信越道に入って、無事に家に帰りました。







最終更新日  2014年06月25日 05時29分56秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.