1658574 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Gliga's Diary~山・家族・小学校~

全344件 (344件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

山歩き(八ヶ岳)

2017年11月05日
XML
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
11/3~11/4 八ヶ岳に行ってきました。

初日は、快晴!
美濃戸から入り、赤岳鉱泉にテントを張り、
阿弥陀岳に登りました。
阿弥陀岳からの360度の絶景!最高でした。



阿弥陀岳からの赤岳は、
他の方角から見る颯爽とした姿とは違って、
迫力満点の岩山です。
そこがまた新鮮でいいんですよね。



南を眺めると、
権現岳の向こうに、
今年登った、北岳や仙丈ヶ岳、鳳凰山を含む、
南アルプスの山々が高くそびえていました。



山頂で1時間半近くのんびりし、
この絶景をのんびりと眺めて過ごしていました。

翌日、全く展望がなかったことを思うと、
この日のうちに、赤岳にも登っておいたらなぁ~とも思いましたが、
でも、こういう時間を忘れて過ごす豊かな時間…
いいですよね。

夕方になると、
横岳の岩峰が、ピンク色に染まり、素晴らしい光景!



二日目の早朝、
まだ暗いうちから、硫黄岳からの朝日を楽しみに登山開始!
ところが、硫黄岳山頂直下まで来たときに、
急にガスが湧いてきて、全く展望がなくなってしまいました。

その後も、ずっと晴れることなく、
ガスの中、硫黄岳、横岳、赤岳と縦走!!
風も強くて寒かったし、展望もなかったけど、
でも楽しい登山でした。

ハイマツも真っ白!



岩にも小さなエビノシッポがびっしり!
山頂の碑もこんな感じ…



テントを片づけたら、雪交じりの雨まで降り出しました。
秋から冬の山を体験できた、いいテント泊山行になりました!






最終更新日  2017年11月25日 15時40分12秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年10月08日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
10月2日、運動会の振替休日の日、
北八ヶ岳に登ってきました。

亀甲池から北横岳、そして北横岳から大岳を経て双子池、
八ヶ岳の稜線でまだ歩いていないこの二つのコースを歩くこと、
それが今回の目標でした。

標高約2100mの大河原峠から、笹原を下って
天祥寺原を経て亀甲池へ。



そこから、急登を歩いて北横岳へ!
山頂は風が強く寒いほど…
少しだけ山頂にいて、七つ池まで下って休憩しました。



そのあと、もう一度北横岳に登り返すと、
この日はずっと曇っていたのに、
ガスが流れて、南八ヶ岳の山々が!さらに南アルプスの山までも見えました。
感激!…でしたね。



蓼科山も、ガスの合間から姿を見せてくれました。



北横岳から、こちらも未踏の大岳を経て、
岩だらけの急坂を下って双子池に向かいました。
すると、一本だけ、本当に目が覚めるように鮮やかな紅葉が!!



双子池に着きました。
飲料水としても使える雄池の畔で1時間ほどのんびりと過ごしました。



そして双子山を越えて、大河原峠に下山。
天気は、あまり良くなかったのですが、
天気が悪くても魅力的なのが北八ヶ岳のいいところ…

さらに、思いがけず!タイミングよく!どの山頂でも展望を楽しむことができ、
今回も、いい登山になりました。






最終更新日  2017年10月08日 14時01分48秒
コメント(3) | コメントを書く
2017年07月28日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
岩稜帯を一気に下って、
文三郎尾根分岐までやってきました。
時間があれば、中岳、阿弥陀岳と登りたかったのですが、
途中ゆっくりし過ぎて、
このまま下山しても、美濃戸口に着くのは6時前になりそうなので、
そのまま文三郎尾根を下ることにしました。



正面に横岳を見ながら、
行者小屋に向かって一気に下ります。



ふり仰ぐと、覆いかぶさるような赤岳北壁!
黄色の花は、ミヤマダイコンソウです。



さらに下っていくと、
赤岳北壁に、まだ雪渓が残っていました。
冬期には、ここを登る人もいるんですよね。



急な階段が、ずっと続きます。どんどん下ります。



いいリズムでどんどん下り、行者小屋まで降りてきました。



ベンチに座って、赤岳を眺めながら、少し休憩して、
そして柳川南沢を下って美濃戸へ。
さらに、まとわりつくアブを払ったり、走って逃げたりしながら(笑)
一気に美濃戸口まで下りました。

5時に下山…
約11時間半の充実の山行になりました。
日帰りでこのコースをチャレンジして良かった!
楽しかったで~す!






最終更新日  2017年07月29日 11時00分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月27日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
北稜の急登を一歩一歩着実に登って、赤岳山頂へ!!
阿弥陀岳が遂に、視線よりも下になりました。
赤岳北峰直下にも高山植物が咲き乱れていましたよ。



ふり返ると、ここまで歩いてきた
赤岳鉱泉、赤岩の頭への尾根、硫黄岳、
そして横岳が一望のもとでした。



北峰から最高点の南峰を望みます。
さあ!あと一歩です。



赤岳山頂です!



これで6回目の赤岳山頂ですが、
来るたびに、ますます魅力的な頂になります。
八ヶ岳!春夏秋冬、いつ登っても魅力あふれる山です。
さあ!下山です。






最終更新日  2017年07月27日 21時08分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月26日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
赤岳展望荘を越えて、赤岳への登りに差し掛かると、
赤岳北稜の西側斜面は一面のお花畑!



どうですか?
阿弥陀岳をバックに、
斜面一面が様々な高山植物で埋め尽くされていました。



写真では、十分にその美しさとスケールが伝わらないと思いますが、
本当に見事なお花畑です。



なかなか先に進めません。(笑)
赤岳に登るのは、今回が6回目ですけど、
高山植物の最盛期に来れたのは初めて!感激です!!



↑見事な、ミヤマシオガマの群落。
そして、
↓チョウノスケソウの群落。



さすが花の名山!高山植物の宝庫!八ヶ岳です。






最終更新日  2017年07月26日 23時35分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月25日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
今回は日帰りなので、あんまりゆっくりはしていられません。
って、もう稜線でかなりゆっくりしていましたが…(笑)
でもそのおかげで、雲がどんどん切れて、
横岳の岩稜帯に入ってから、見えなくなってしまった赤岳が、
また見えてきました。



尾根を回り込み、
赤岳を眺めるベストポジションと言ってもいいところに来ました。
見えました!見えました!
多くの写真家が撮り、またガイドブックなどでも
必ずといっていいほど取られているショットです。



ここから眺める赤岳は、颯爽としていて、本当にかっこいい!
さすが!八ヶ岳連峰の最高峰!という感じです。



さあ!今日三つ目のピーク、
そして今日のメイン!赤岳に向かいます。
近づくにつれて、どんどん姿が変わってきます。
それもまた楽しい!!



地蔵の頭まで来ました。
もう赤岳は目の前です。






最終更新日  2017年07月25日 21時25分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年07月24日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
高山植物は、
やっぱりバックの山と一緒に撮ってこそ!でしょうか。
チョウノスケソウと阿弥陀岳!



もっとびっしり咲いていたらいいんですけど…(笑)
こちらも、バックは阿弥陀岳です。
小さくてこのサイズだと分からないかもしれませんが、
手前の岩稜帯には、びっしりと高山植物が咲いていました。



横岳奥ノ院をふり返っても、
手前には、高山植物がたくさん咲いていました。



そしてこちらは、ピンクのミヤマシオガマに
今回、見れるかな?と楽しみにしていた青いウルップソウの花!



ウルップソウも、今回ようやく見ることができました。
横岳をバックに咲く高山植物!
こちらにもウルップソウが咲いていました。



とにかく岩を覆うように、張り付くように、
高山植物が、たくましく!そして可憐に!咲き乱れていました。



どこもかしこも、高山植物だらけで、
なかなか先に進みません。






最終更新日  2017年07月24日 20時24分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月23日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
横岳は険しい岩稜帯が続く稜線ですが、
高山植物の宝庫として知られている山です。
大規模な群落はないのですが、とにかく種類が豊富です。

ピンク色のミヤマシオガマ。



クリーム色のチョウノスケソウ。
やっと、花に出会うことができました。



今まで、何度も夏に八ヶ岳に登っているのですが、
7月後半になると、もうチョウノスケソウの花のピークは過ぎてしまっていて、
殆どが穂になっていました。
咲いていてもちょっとだけ…
だから、今回チョウノスケソウの花をめでることができて感激!!
イワベンケイも花のピークでした。



チシマギキョウは、これからがピークになります。
岩のすき間に咲いている姿、たくましいですよね。



岩場に、いろいろな花が群生しています。



終わりかかっているハクサンイチゲ…
でもキレイですね。



横岳の花は、まだまだこんなものではありません。






最終更新日  2017年07月23日 21時21分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月22日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)
硫黄岳の稜線の砂礫地には、
高山植物の女王と言われるコマクサが
一面に咲いていました。



見事な花です。本当に美しい!



そして、八ヶ岳連峰にだけにしか咲いていない固有種、
ヤツガタケキスミレも、咲いていましたよ。
やっと見ることができました。



同じように砂礫地に根を張って咲く、二つの花が、
見事に咲き誇っている様子を、今回初めて見ることができました。



高山植物の種類は、横岳に近づくにつれて、
さらに増えてきました。



シャクナゲ越しの横岳山頂奥ノ院です。
八ヶ岳連峰のなかで、最も高山植物の種類が豊富な横岳!
楽しみです。







最終更新日  2017年07月23日 21時12分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月21日
カテゴリ:山歩き(八ヶ岳)
7月17日 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)

硫黄岳山頂に近づくにつれて、
どんどんガスが晴れてきて、一気に展望が開けてきました。
大迫力の爆裂火口!



そして北を眺めると、
爆裂火口越しに、北八ツ最高峰の天狗岳と
北八ツの森が広がっていました。
大好きな八ヶ岳の眺めの一つです。
何度見てもいいなぁ。



南を眺めると、これまた大好きな眺め!
これから歩いて行く横岳、赤岳、さらに阿弥陀岳の
八ヶ岳ビッグ3がズラリと並んで見えました。



この眺めを楽しみながら、稜線を歩いて行きました。
やっぱり稜線歩きはいいですよね。






最終更新日  2017年07月23日 20時59分55秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全344件 (344件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.