1673818 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Gliga's Diary~山・家族・小学校~

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

栃木いろいろ

2017年01月03日
XML
カテゴリ:栃木いろいろ
今日も、家族3人でお出かけ!
「日光江戸村」に行ってきました。

私は、職員旅行や、修学旅行などで何度か行ったことがあるのですが、
妻と娘は今回が初めて…!



「日光江戸村」は、
まさに江戸の町にタイムスリップできるテーマパーク
ドラマなどのロケにも、よく使われているところなので、
中を歩くだけでも楽しいところです。



娘と二度も入ってしまった、平衡感覚がおかしくなる「怪怪亭」



それほど怖くはない、お化け屋敷の「地獄寺」



他にも、忍者屋敷に入ったり、迷路を楽しんだり、
さらに、忍者のアトラクションを見たりして楽しみました。
また、せんべい焼体験もしましたよ。



家族3人で楽しく過ごしましたが、
私にとって、ここは、子どもたちと修学旅行で来た思い出の場所でもあります。
一年半前の修学旅行のことが思い出されて、
本当に懐かしかったです。
いつかまた、成長した子どもたちと来れたら楽しいだろうなぁ。






最終更新日  2017年01月09日 23時06分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年11月16日
カテゴリ:栃木いろいろ

11月9日 奥日光

奥日光へのドライブ&ハイキングで
最後に寄ったのが、
中禅寺湖畔にある、金谷ホテルのカフェ「ユーコン」

IMG_7302.jpg

ログハウス調のしゃれた建物…

3時過ぎに着いて、4時の閉店まで
のんびりカフェタイムを楽しみましたぁ。

IMG_7306.jpg

注文したのは、
オリジナルコーヒーとモンブラン…
美味しかったですよ。

IMG_7303.jpg

ゆったりとした時間の流れの中で、
ぜいたくな時間を過ごし、
「うん!休日!」って感じで楽しめましたぁ。


貴重な振替休日、
前日熱が出て、出かけるのを諦めかけたのですが、
奥日光でハイキングができて良かったで~す!
雨も帰るときまで降らなかったし…







最終更新日  2015年11月16日 23時35分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月29日
カテゴリ:栃木いろいろ
修学旅行の下見で、
実はもう一ヶ所、見に行きました。

足尾銅山です。

ここは、今回は行くのは止めにしたのですが、
でも、どんなところか一度見ておこう!と寄ってみました。

初めて行ったのですが、
結構面白かったし、興味深かったです。
ここにも連れて行ってあげたいなぁって思いました。

トロッコ列車に乗って、

DSC_0004.jpg

銅山の中に入っていきます。

DSC_0009.jpg

そこからは、
足尾銅山の歴史を学びながら、
坑道を歩いていきます。

DSC_0017.jpg

頭をちょっと下げないと、
上にぶつかるくらい低いところもあるし、
掘られた岩がそのままむき出しの坑道は、
迫力がありました。

DSC_0020.jpg

DSC_0021.jpg

スイッチを押すと、動く等身大の人形もあって、
意外にも、結構楽しめました。


決まったコースではなくて、
もっとこうしよう!と工夫すると、
いろいろと子どもたちにとって勉強になる場所は、
まだまだありそうです。

去年は、林間学校のコースも変えてみたし、
社会科見学に益子焼の絵付けも入れてみたし、
そして今回の修学旅行も…

子どもたちのために、いろいろ挑戦してま~す!
 






最終更新日  2015年05月02日 22時48分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月26日
カテゴリ:栃木いろいろ
昨日の修学旅行の下見、
最後に行ったのは、「日光江戸村」です。

今回、修学旅行のコースに入れようかなって思っているんです。
今まで、修学旅行では行ったことがなかったのですが、
もう少し充実した内容にしようと思い、

足尾銅山やワールドスクウェアなど、
いろいろ検討した結果、
社会で「歴史」を学習しているので、
「日光江戸村」にしました。

DSC_0034.jpg

閉園の1時間前に入ったし、
途中から雨も降ってきてしまったので、
あまりゆっくりできなかったのですが、

DSCN0287.jpg

でも、ちょっと楽しみながら、
下見をしましたよ。

DSC_0039.jpg

DSCN0284.jpg

ここは、グループ行動を予定しているのですが、
どんなふうに、楽しく学習させてあげたらいいか、
これから考えないと…ね。
 






最終更新日  2015年04月29日 23時05分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月25日
カテゴリ:栃木いろいろ
6月に行く、修学旅行の下見に、
日光に行ってきました。

いろは坂を上って、まず最初に向かったのが、
立木観音…。
そこから眺める男体山です。

DSC_0030.jpg

かっこいいですよね。
5年前に登った時のことを思い出します。

奥日光は、まだ芽吹き前…。
残念ながら、時間がなくて、
今回は、戦場ヶ原の
ハイキングコースの下見はできなかったのですが、
6月には、
きっと新緑で鮮やかな色になっているんだろうなぁ。

そのあと、泊まるホテルで打ち合わせをしてから、
次に、修学旅行のもう一つのメインである、
日光東照宮に行ってきました。

DSCN0277.jpg

大きな五重塔…
見事ですよね。

DSCN0281.jpg

今回は、集合場所だけ確認して、
中には入らなかったのですが、

DSCN0280.jpg

本番は、中に入って、世界遺産の日光東照宮を満喫しま~す!

これから、本番に向けて、
しっかり準備しないと…ね。
 






最終更新日  2015年04月29日 23時01分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月09日
カテゴリ:栃木いろいろ

修学旅行二日目は、
日光東照宮に行きました。

6月から陽明門の修復工事が始まる…ということだったので、
もしかしたら、もう足場が組まれているかなと思っていたのですが、
まだ大丈夫でした!

集合写真を撮ってから、班行動…

DSCN0999.jpg

私は、おもに陽明門を入ったあたりにいて、
子どもたちの様子を見ていました。

DSCN1009.jpg

門をくぐってふり返る陽明門…
やっぱり見事ですよね。この彫刻…
修復工事をしたら、さらにどれだけ美しくよみがえるのか、
楽しみですよね。
でも、その工事のために、
これから6年間も見られないのが残念ですけど…ね。

今回、陽明門以上に、その鮮やかさに感動したのが、
修復が完了した国宝の「唐門」です。
4年前に同じく修学旅行で来た時には、
修復工事中で見られなかっただけに、その美しさに感動しました。

DSCN1002.jpg

白い色が本当に鮮やか!そして寄木細工の彫刻の見事さ!
本当に素晴らしかったです。

DSCN1014.jpg

「透塀」も4年前は見られなかったので、感動です。

DSCN1004.jpg

「唐門」の修復工事が完了し、「陽明門」の修復工事が始まる、
その谷間の今の時期だけ、
この二つの門が見られたんですよね。
子どもたち、ラッキーだったね。







最終更新日  2013年06月09日 07時23分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月22日
カテゴリ:栃木いろいろ

修学旅行の下見、
最後に行ったのは「日光東照宮」です。

やっぱり世界文化遺産に選ばれるだけあって、
いつ来ても、見事ですよね。

P1110063.jpg

P1110046.jpg

無料で来れるのは、この五重塔まで…。

P1110048.jpg

この門から先は拝観料がかかります。

でも下見…ということで、
特別に私だけ、旅行業者の人と中に入れてもらい、
陽明門のところまで見に行くことができました。

P1110054.jpg

4月から6年間の修復工事に入る…と聞いていたので、
もうやぐらに覆われていると思っていたのですが、
まだ工事は始まっていませんでした。

神主さんに聞いてみると、6月の修学旅行のときも、
やぐらを組み始めたぐらいということで、ホッとしました。


修学旅行でここまで来ても、
陽明門が見えないんじゃ…ね。

ちょっとおまけで、「三猿」も見てから、

P1110062.jpg

五重塔の前で待っている、
他の先生方のところに戻りましたぁ。







最終更新日  2013年04月27日 16時21分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月19日
カテゴリ:栃木いろいろ

8月9日~10日 家族旅行(奥日光&丸沼高原)

のんびり、少しずつ更新していた、
今年の夏の家族旅行も、今回が最終回…かな?


(続き)

金精峠トンネルを抜けると車 また奥日光です。

峠道から見た、湯ノ湖と戦場ヶ原、そして男体山…
いい眺めですよねグッド

金精峠から男体山

このあと戦場ヶ原にある三本松茶屋まで行って、
そこでお土産などを買いましたあっかんべー

三本松茶屋からは、男体山がこんなかたちに見えます。

三本松茶屋から男体山

見ているうちに、
積乱雲くもりがむくむく湧いて、
あっという間に発達して大きくなっていきました!

男体山と積乱雲

中禅寺湖畔の立木観音駐車場駐車場のところに着くと、
もう男体山の山頂は雲くもりに覆われていました。

奥日光を離れる前に、
ここでもう一度、のんびりと中禅寺湖や男体山の眺め目を楽しみました。

中禅寺湖と男体山

見ていると、ちょうど中禅寺湖遊覧船船が…!
一昨年、修学旅行で子どもたちと一緒に乗った時のことを思い出します。
あのときは、二日目は、
遊覧船も華厳ノ滝も、ずっと雨雨だったなぁ。
懐かしいですねハート(手書き)

中禅寺湖遊覧船


そのあとは、いろは坂を下り下向き矢印
日光を通って家に帰ったのですが、
その前に最後に寄ったのが、JR日光駅電車です!

JR日光駅01

ステキな駅舎でしょうグッド

実は、この駅舎は、約100年前(1912年)に建てられた
JR東日本管内で一番古い駅舎だそうですひらめき

JR日光駅02

今回は、帰りにちょっと寄って見ただけなので、
中には入らなかったのですが、
駅舎内には、天皇を始め皇族が休憩する貴賓室が残っているそうです。
また2階は、シャンデリアのある部屋も…!

今度は、一度電車でゆっくり日光まで来て、
日光線の終着駅である、この駅で降りて、日光を楽しみたいなぁ~ウィンク

日光杉並木08

今回も帰りは、すぐに高速ではなく、
日光杉並木を栃木市あたりまでのんびり走って車
そこから高速に入って家に帰りました。


今年は、お隣の栃木県&群馬県での一泊二日の家族旅行でしたが、
家族でのんびり過ごせて、良かったで~すスマイル







最終更新日  2011年08月19日 06時07分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月08日
カテゴリ:栃木いろいろ

 日本ゾーン、
次は「姫路城」音符

これも、見たかったミニチュアの一つです目がハート
これも細かいところまで、ていねいに作られていましたグッド

今、大天守の修理中で、
外観を見ることができない姫路城…
でもここなら、ちゃんと見ることができま~す??うっしっし

姫路城

姫路城は、今まで二度、行ったことがあります。
初めて行ったのは小学生のとき、二度目は、10年くらい前かな?
だから、まだ家族で行ったことがないんですよ。
大天守の修理が終わってから、行きたいなぁ~あっかんべー

あと3枚、カメラ紹介しま~す!
日本の田園風景四つ葉で~す。
電車電車も通っていました。
走っている電車は、やっぱり「東武電車」でしたねあっかんべー

田園風景01

奥に見える人歩く人と比べると、
スケールの大きさが分かりますよね。


下矢印こちらは、SLと一緒に撮ってみましたちょき

実はここ、田舎の香水?のにおいが強烈だったんですよほえー
そういうところまで、本物みたいに再現しているなんて、
芸が細かいですよねうっしっし

田園風景02

最後は、
熊本城と白川郷の合掌造りの民家…

あり得ない組み合わせでしたぁ!

熊本城と白川郷


もう一枚、おまけで、「札幌時計台」
全部1/25のサイズですから、これはかわいらしかったです。

実際の「時計台」は、
行くと、周囲をビル会社に囲まれていて、
「日本の三大がっかり下向き矢印」の一つ…なんて言われていますが、
このミニチュアは、そんなことないですよ~うっしっし

札幌時計台


…ということで、
想像以上にスケールも大きく上向き矢印
結構楽しめた「東武ワールドスクウェア」でしたスマイルグッド

でも、
やっぱりこういうミニチュアを見ると、
実際に、世界を、また日本を回って、
これらの遺跡や建造物を、一つ一つ見て回りたくなりますね音符







最終更新日  2011年08月08日 08時31分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月07日
カテゴリ:栃木いろいろ

「東武ワールド・スクウェア」
最後は、いよいよ「日本ゾーン」グッド

日本の世界文化遺産のミニチュアが、
ずらりと並んでいましたウィンク

やっぱり、このゾーンが一番、完成度が高いかなぁ。
瓦を一枚一枚丁寧に再現している屋根、
本物の木、つまり盆栽を使って表現している日本庭園四つ葉
どれも、本物そっくりですグッド

日本の技術って、素晴らしいきらきらですよね。


幾つか紹介しま~す!


まずは、奈良の「法隆寺」

法隆寺

京都の「清水寺」

清水寺

「金閣」

金閣寺

そして「銀閣」

銀閣寺

最後は「二条城」

二条城

こうして人形の目線目から撮るとカメラ
このまま、建物の中に入っていけそうですよねあっかんべー

中学校学校の修学旅行新幹線で、
この二条城御殿の前で、
集合写真を撮ったのを思い出すなぁハート(手書き)







最終更新日  2011年08月07日 17時27分22秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.