435276 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

★彡Tom with CJ43/SC54/KF11

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

Freepage List

Comments

ハンター@ Re:突撃! モト・クリエイト(05/03) SS 1/32mile World Record 3.321 2008/…
★彡Tom@ Re[1]:「どんくらい?」「こんくらい!」(04/26) >兄メタルさん >え?フォレスターっ…
★彡Tom@ Re:川嶋あいのビブラート(11/10) 書き込みありがとうございます>なべさ…

Favorite Blog

メールをくださり感… ★猫鈴★さん

TOMATO NO COCORO ToMAToさん
バランスモグラは今… モグラン6:4さん
今日も明日もバイク… Kagurazaka壱さん
SharkTail外伝 軒下… Hide250さん
バイクのある生活 そのDさん
XR230&XL883L乗り ニャビットさん
Lonely Riderの呟き tossysさん
ヤマハとminiの10輪… ・wave・さん
青のスカブでどこま… すとらいか~さん

Headline News

2007.07.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ナップス練馬店の近くにあるカワサキ系のバイクショップ『MSLゼファー』に
行って来ました スズキ乗りの私がカワサキ系のショップにいったい何の用事?

巷で話題沸騰中の“1400GTR”がいち早く入荷したとの事で、そりゃもう
チェックせねばと突撃して来たというわけです 以前からツアラー系の大型車に
並々ならぬ興味を発揮する私がコイツに興味がないはずがなしと(笑)…しかして
その実態は? …おっと、そこで“愛の戦士云々~”と続いてしまったあなたは
私と同世代or近いと思われる(笑)…あ、でも“くーちゃん”の影響も無視しては
いけないところだし、その点から見れば意外に若い世代の人でも知られていると
いう見方も出来るよな…って、そんな事別に今ここではどうでもいいって!(笑)

実はメーカーから出ているカラーはシルバーのみなのですが、同店では以前から
様々なモデルにオリジナルのペイントを施して来ている実績があり、ブラックも
その一端です GTRについては計5色がラインナップされる予定で、純正色の
シルバーと合わせて6色から選べる事になります 購入にあたって他店にはない
“車体色の選択肢”もある事になるというわけですね…さて、チェック開始だ!
(↓クリックで大きな画像が見られます)

大方のイメージ通り、“ツアラー感”溢れる造りです ハンドルがかなり手前に
来ているのでポジションはゆったりしていて、スクリーンも思いの他高さがあり
このプロテクト感はイコールで“疲れ知らず感”に繋がりますね…スクリーンは
デフォルト状態から電動で約10cmのアップが可能で、さらなるプロテクトの
プラスが出来ます その一方で、シート高はやや高めで、身長174cmの私の
場合だと、それほど不安こそないものの両方が十分に付いているという感じには
なりませんでした 加えて足をおろしたいところにちょうどステップが来ている
感じで、やや付きづらいという印象でした 乾燥で約280kgと重量が多めの
車体だけに、そういった部分は取り回しを含めて大きなポイントになりますね…
私的にはBMWのK1200GTとの対比も頭に浮かぶところですが、GTRは
それに十分対抗し得るだけのものを持っているであろうという印象を感じます!

↑こちらも同店のオリジナルカラーであるパールホワイトバージョン…今日から
日曜日までの3日間、この車両で有料ながら試乗が出来るとの事なので、明日と
明後日は情報を聞き付けた人たちで賑わうのではないでしょうか…あ、私は残念
ながら今日は乗りませんでした…と言うと「そ、そんなバカな~!」という声が
一部から挙がっていそうですが(苦笑)、まぁいずれ試乗出来る機会もやって来る
でしょうという事で…お楽しみは焦らずにじっくりと構えて楽しみましょっと!

さて、そんな感じでカワサキの意欲作をじっくりと観察した後、店内で↓こんな
バイクを発見! 5月に目撃した“ZRX110R”もびっくりのカスタムだ!
(↓クリックで大きな画像が見られます)

前記の車両がZRX1200を模していたのに対し、これは現行のZ1000を
模している様子…その名も“Z110”!(驚) 見たところ保安部品は廃されて
いるようなので“レース用”という事になるようですが、これはぜひ公道走行が
可能となるバージョンも造ってみてほしいですねぇ…予定はないのでしょうか?

このくらい本格的なツアラー系の大型車の登場は久々…同じカテゴリーに属する
モデルとしてはやはりFJR1300あたりが対抗馬になるものと思われますが
はたしてユーザーサイドの趣向は両者をどう見るのか? 楽しみなところです!



MSLゼファー
http://www.msl-japan.com/






Last updated  2007.08.01 13:34:37
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.