2513938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

想い出は心の宝石箱に。。。

2012.02.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ
にほんブログ村

 

 現代の< 草食系男子 >も、実質去勢された男達と同じでは

 ありますが、今日のトピックスは歴史的なお話。

 去勢とは、犬猫を飼育されている方には耳慣れた言葉のように、本来

 家畜の精巣の除去を言うものです。しかし、古代中国から始まった

 人間の去勢は、官吏になる為の慣行としてなされ、これを< 宦官 >

 と称しました。明代に宦官は約10万人に膨れ上がり、皇帝が権力を

 維持する為の不可欠な存在となったのです。中国のみならず、中国の

 勢力下におかれた、朝鮮やベトナムなど東アジア圏にも宦官の

 存在は認められます。

 

 一方、ヨーロッパでは教会やオペラ歌手として、変声期をなくす為に、

 7~11歳の男の子を去勢した事実があります。去勢された歌手を

 < カストラート >と言い、1650年~1750年にかけて、ヨーロッパ

 各地でそのピークを迎えました。

 去勢によって、男性ホルモンの分泌を抑制し、ボーイソプラの時の声質

 や音域を出来るだけ持続させようとしたもので、毎年4,000人以上の

 男の子が去勢されたそうです。

 

 有名なカストラートの一人、ブロスキ( 1705~1782 )は、音域が

 3オクターブ半あったとも言われいます。

  しかし、去勢によって命を落とす者も多く、19世紀半ばにローマ教皇の

 命により、人道的見地から禁止され、カストラートはこの世から消滅した

 のでした。

 

 私の好きなオペラ歌手の一人、イタリア生まれのチェチェリア・バルトリ。

 最近はオペラに出演せず、一つのテーマを持ってそれを追求し発表

 しているようです。それが、カストラートの世界でした。彼女の完璧な

 アジタリアのテクニックや表現力によって、カストラートの為に作曲

 された歌を、低音から高音部まで微細に再現しています。

 そのDVDアルバムが、< SACRIFICIUM >。 カストラートを

 < 神への犠牲 >と位置付けたタイトルで、宦官を<神に仕える奴隷>

 と称する処と、相通じるものがありますね。

 

 このアルバムは、バルトリのカストラート曲の集大成ともいうものですが、

 映像的にも素晴らしく私の気にいっているアルバムの一つです。

 ユーチュブにこのDVDの一部がありましたので、以下ご紹介いたします。

 

 

  【Aポイント+送料無料】セシリア・バルトリ Cecilia Bartoli/Antonini / Sacrificium (w/DVD) ...

    

 

     

 

にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ

 にほんブログ村    今日もご訪問ありがとうございました。

            ← ブログ村ランキングに参加してますので、

              よかったらポチッ、と押しておくんなまし。。

 

 

 


 







Last updated  2012.02.11 07:58:52
コメント(22) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.